マドリード大会2018 錦織はジョコビッチにストレートで敗戦 悔しすぎる! 

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

モンテカルロで決勝まで到達し、バルセロナは疲労で途中棄権。10日間の休養を経て入ってきたマドリード大会でしたが、錦織は1回戦でジョコビッチと当たりました。

ショッキングなドローでしたが、二人とも怪我でランキングを落としているのでこういうことも起こりえます。それでもショッキングでしたけど。

マドリード大会2018ドロー 錦織の初戦の相手はまさかのジョコビッチ!
Yuriです。 マドリードオープン大会のドローが発表されました。 (マドリッドなのかマドリードなのか...

1年以上ジョコビッチの状態がボロボロだったこともあり、2014年の全米で勝利して以来、10連敗を喫している錦織にとっては勝ち星を挙げる絶好のチャンスかと思われましたが、残念ながらそうはなりませんでした。

試合はジョコビッチが大事なポイントでその勝負強さを発揮して、ストレートで勝利しました。

スコアはジョコビッチから見て7-5,6-4です。

錦織にチャンスかなかったわけではなく、出だしはジョコビッチのミスで始まり、何度も勝つチャンスもあったと思います。

でも結果的には錦織のプレーがジョコビッチの元の強さを引き出してしまった形で、負けてしまったように思います。(どこかのニュースでそのように錦織自身が語っていたのを見ました)

私はというと、負けた直後からショック過ぎて、放心状態で記事を書く元気がありませんでしたが、少し冷静になろうと色々なニュースや双方のインタビューを読んで、ようやく落ち着いてきました。

試合を振り返ります。期待値が高かったゆえにちょっとネガティブ気味なのはご容赦ください。

試合の流れ

とにかく今のジョコなら勝てるはず!と祈るような気持ちで見始めました。

最初はジョコビッチがミス連発で錦織にチャンスがあったのにミスで逃す。

ジョコが攻撃的。ベースライン上からライジング気味にガンガン返してくる。

ジョコもいまいちだったけど、錦織の動きも硬かった。すでに気負ってる?気持ちで負けてたら勝てないよ~と心の中で叫びながら応援。

調子が上がってこないジョコビッチのサービスを先にブレイクしたのに、続く自分のサービスゲームをキープできず。バックの打ち合いになるとジョコビッチのショットの精度の高さと先に攻撃されて主導権を握られる。

ジョコビッチが本来のジョコビッチっぽくなってきます。

ジョコビッチの一番の武器はショットの正確さはもちろん、実は予測力だと常々思っていますが、最近は全然戦う意欲さえ見せなかったのに、ここにきて復活してきました。

錦織の体勢を崩し続けた上で秀逸なドロップ。2016年のローマとかでもやられたやつ。

ジョコに逆を突かれているのか、なんとか返すようなショットが多く、必然的に球が甘く浮き気味になり・・・。

時折フォアが良い感じに炸裂してましたが、気がつくとバックの打ち合いになって負ける。

ジョコがどんどん終盤になって安定してくる。

負けた。

スポンサーリンク

試合を振り返って思うこと

ショットの精度、サーブの精度、フットワーク全てで少しずつジョコが上回っての勝利だったけど、その少しが物凄く大きい(って意味不明?w)。

大事なポイントでの決めきれる力がジョコが優れてるというより、錦織に足りなかった。以前からジョコとやると同じような展開になる。

これって相性なんだろうか?

以前のフェデラーがナダルと試合すると、別人のようにミスを重ねて負けるのと同じ?

それとも錦織自身の問題?ジョコに対するメンタルブロックが外せないとか?

グルグル考えながら、でも悔しくて、起きてもまだ悔しかった。

ジョコのコメントというのは、最初はこれでした。↓

「パ―フェクトシナリオ。これ以上は望まないよ。」とか言われちゃうとね~。ジョコに他意はないと思ってますが、この1年の彼の負けっぷりを見ていたので、錦織ファンとしてはそれを言われちゃあ・・・って感じですね。

でもほかの媒体ではまた違う印象でした。

UBITENNIS.netの長いインタビューの中でのジョコの最後の文章を日本語に訳すと、

 ”・・・・First and second sets I made breaks to win both sets in the final stages of both sets, so it was exactly what I needed for my confidence and for my game. I’m just happy to go through this one.”

ファーストセットもセカンドセットもセットの終盤にブレイクできた。これがまさに自分自身にとっての自信と自分のゲームにとって必要なことだったんだ。これができたことがただ嬉しい。

ージョコビッチ談

ま、どちらにしても勝ったのはジョコビッチだし、彼がこの勝利を切望していて、手に出来た事は良かったと思います。

思うけど、何も錦織との試合で復活しなくても!

Embed from Getty Images

↑彼も必死でもがいてたんでしょうね~。この表情が物語ってます。

それにしてもこれだけ錦織の敗戦がショックだったのは、いつ以来だろうかと考えてみましたが、中々思い出せません。

強いて言うなら、2015年と2016年の全仏ツォンガ戦とガスケ戦あたりでしょうか?あるいはこれもまた衝撃だった、2015年全米1回戦のペールショック。

勝てる可能性が十分あったにもかかわらず、自らのミスで相手にチャンスを与えてしまって負けてしまった試合です。

今回とは試合の内容も相手も全く違いますが、錦織が自身の力を存分に出せれば勝てる可能性が高かったと思われた試合で負けてしまったというところが、私の中で一致したのかもしれません。

後はモンテカルロでの鮮やかな準優勝が脳裏に焼き付いていて、実際の錦織の状態(手首はまだ完全じゃない)を軽く考えていたからかもしれません。

次の大会はローマです。

それまでに錦織の手首がちゃんと回復していると良いのですが、本人談では「テニスをするのには十分大丈夫。」とかいう良くわからない説明をしていたようですが、100%ではないということも言っているので、それで本当に続けて大丈夫なのか?という疑問は残ります。

こちらは見守るしかないのですが。

今回はちょっとどんよりした記事になってしまいましたが、次の大会と全仏では錦織の100%の試合が見たいものです。

Yuriでした。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい

コメント

  1. より:

    悔しいですね。
    まさに「鉄壁ジョコビッチが降臨してしまった」と言うしかない試合でした。
    錦織選手はレベルの高いテニスをしていたと思います。
    要所要所でジョコビッチ選手の方がその上をいく決定力を発揮したことが勝敗を決めたと思います。今の「まだ手首が完全ではない」錦織選手には
    あれが精一杯だったかもしれません。
    何故ジョコビッチ選手は錦織戦になると鉄壁ジョコビッチになってしまうのか? 錦織ファンは皆そう思ってるかも・・。もちろん私もそのひとり・・。
    やっぱり2014年全米準決勝の敗戦がよほど悔しかったんだと思います。
    錦織選手はジョコビッチ選手にとって「常に絶対叩いておかないといけない
    選手」になってしまった。だから彼は「2度と錦織圭に負けない」という命題を自分に課したんだと思います。私はこれって錦織ファンだから特別そう見えるのではなく、本当にそうだと実感しました。
    ファンとしてはジョコビッチ選手をここまで本気にさせた錦織選手を誇りに思いたいところですが、やはり負け続けるのは何とも悔しいです。
    ジョコビッチ選手を苦手に感じるようになってほしくないですし・・。

    ただ私は「メンタルブロックがかかっている」というよりは、
    状況的に「負け続ける」という「負の連鎖」に陥ってしまっているような
    気がします。錦織選手の側の問題というよりはジョコビッチ選手側の
    「対錦織戦略がうまく機能し続けている」という状況にハマっているような
    気がします。昨年のフェデラー選手のように何かのきっかけで
    「対ナダル戦勝てない連鎖」がひっくり返る可能性があるんじゃないかと
    思っています。
    錦織選手の手首が完全(になることは無理かもしれませんが、怪我そのものとしては完治の状態)になった時、どういう展開が待っているか?
    楽しみに待ちたいと思います。それが全仏だったら最高ですね。

    • yuri より:

      私はジョコビッチは確かにここ最近よりは良かったと思いますが、以前の鬼のように強いジョコではやはりなかったと思ったので、尚更悔しいです。
      でも錦織も手首が万全ではない状態での試合だったと思うので、この結果はしょうがない・・・と思うんだけど思いたくない!というのが本音ですw。最初のジョコビッチが調子が上がらないままの時にしっかりリードできていれば結果は変わっていた可能性は高いと思います。(所詮タラレバですが)

      メンタルブロックはないと思いたいですが、ジョコビッチのプレーが錦織にとって(全ての選手にとってですがw)やりずらいんだと思います。だからこそ、絶対王者だったんですけどね。
      本当に、手首も他の箇所も全て完全に健康な状態に戻って欲しいと願ってやみません。

  2. まり子 より:

    初めましてです☺️昨日は1日気分⤵️⤵️何故圭くんと試合すると調子良くなるの?等々悶々……でも今回は圭君レベルの高い選手とのローマや全仏への実戦練習だったと思って 又わくわくドキドキ応援出来る事嬉しくです❣️

    • yuri より:

      まり子さん、いらっしゃいませ~。
      コメントありがとうございます。

      本当ですよね。
      ジョコビッチのスイッチを入れてしまう何かが錦織にあるんでしょうか?
      それにしても今回は叩きのめしておきたかった・・・。
      でも、手首がまだ完全に治っていないことの方が心配です。ローマと全仏に間に合うように治して欲しいですね。

  3. aoiです より:

    私も、久しぶりにこの悔しさを味わいました。
    錦鯉ファンじゃなかったら、ジョコビッチ選手の復調にはきっと喜んでた・・・。
    でも…でもっ!
    このジョコビッチ選手の錦織選手に対する(言いたくないけど)お得意様感(に見える)を木端微塵に打ち砕きたいんですうっ!!!
    今、あえてこう言います。
    こちらこそ、まだ手首万全じゃないし咳もちょっと出てるけど(気になる)、こんな中でもあなたを倒す道筋を見つけさせてくれてありがとう。おかげでこちらのプレーも上がりましたし、情報収集もバッチリです!
    もうすぐ、あなたの試合後のパフォーマンスの代わりに錦織選手が天に向かって特大のガッツポーズを突き上げますから、よーく首を洗って待ってて下さいね!!
    ふぅ、ちょっと毒舌吐いてしまった。ごめんなさい。でもね、きっと錦織選手が勝利する日は、すぐそこです。

    • aoiです より:

      あれ?錦織ファンが錦鯉ファンに変換されてる。まだ、ひきずってるなぁ。。。

    • yuri より:

      aoiですさん
      >錦鯉ファンじゃなかったら、ジョコビッチ選手の復調にはきっと喜んでた・・・。

      そうなんですよねw。
      私もずっとジョコビッチの復活を願っていましたから、超~複雑です。
      なんで錦織と対戦する時なの?なんでマドリードの1回戦で対戦?
      む~ん‥‥って感じです。

      >もうすぐ、あなたの試合後のパフォーマンスの代わりに錦織選手が天に向かって特大のガッツポーズを突き上げますから、よーく首を洗って待ってて下さいね!!

      それを早く見たいです。
      とにかく手首も含めて万全になるのが先でしょうね。
      いまだに痛みがある状態というのは、いくら錦織が大丈夫だと言っても信用できません(笑)。
      200%!治してから試合に向かえると良いのですが。