洗濯機の排水溝から階下に水漏れ!

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriです。

先日、突然洗濯機の排水溝から水漏れを起こし、

階下に水漏れしました。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

もう本当に驚いて、大金の賠償金を払う羽目になったらどうしようかと思いましたが、

何とか事なきを得ました。

とにかくラッキーだったのは、水漏れが階下の部屋のお風呂場のみだった、ということです。

おかげで、部屋のほかの部分が濡れる被害が一切なくて済みました。

これが、リビングとかだと天井、壁紙、家具、カーテン、絨毯・・・。

聞くところによると、1000万円もの被害が出ることもあるそうです。

恐ろしや・・・。

これはその時の一部始終です。

万が一同じようなことがあった時には参考にしてもらえれば、と思います。

突然の水漏れで苦情が!

7月の連休中のことです。

溜まった洗濯物をしてしまおうと、2回目の洗濯をしていた時に

突然「ピンポーン!」とチャイムが鳴り、インターホンを取ると

「下に住んでいる○○ですが、うちの天井から水漏れしてるんですが・・・。」

と言われ、

「えええ~っ!!!!!」

と、びっくり仰天!

見に来てもらえますか?と言われたので、慌てて下のお宅に見に行ったところ、

お風呂場の天井の天井裏の蓋?(なんて言うんでしょう?)から、水が大量に流れていました。

ええ、けっこうジャバジャバと・・・。

これはヤバい・・・。

その日は連休中で祝日ということもあり、基本的にはどこもお休みだとは思いましたが、これを放置してもっと大変なことになったら大変だし、

その時点で水漏れ箇所の特定も出来てはいなかったので、このまま真夏に洗濯できないのも困ると思い、

とりあえず、3か月前にトイレとお風呂のリフォームをしていただいた業者さんに連絡してみました。

その時のリフォームに興味がある方はこちらをどうぞ。

トイレとお風呂のリフォームをしました(トイレ編)
Yuriです。 少し前から、トイレのタンクの中でなんだかぴちょん、ぴちょんと音がするなあ、と思っているうちに、その...
お風呂とトイレのリフォームをしました(ユニットバス編)
こんにちは、Yuriです。 前回、トイレのリフォームをしましたという記事をかきましたが、 ...

すると、たまたまそう遠くない所で営業していたらしく、すぐ来て見てもらえることになりました。

結局30分程度で来ていただけて、見てもらったら、やっぱりうちから水漏れしているらしいということはわかったのですが、

どこから実際漏れているのかを特定するには、床をはがしてみないとできない、ということで、翌日に調査のための工事が入ることになりました。

スポンサーリンク

洗濯パンと床下の排水管の一部が破損

調査当日は、まずは洗濯をしていた時に言われたので、一番疑われる洗濯機の排水溝を調べるために、洗濯機が置いてある洗面所の床をはがしてみることに。

文字通り、床下をのぞけるように1m四方くらいの床板を、電動ノコギリではがしました。

そこから、職人さんがのぞいてみましたが、すでに水は乾ききっていたため、どこにも水はありません。

下の家の、お風呂場の上から漏れていたということもあり、お風呂場の床下も確認しましたがわからず。

万が一トイレは・・・ということで、トイレの床にも直径5センチ程度の穴をあけて、カメラ付きのマイクロスコープで見ましたが、水漏れの気配はありません。

でも、水漏れは洗濯していた時に起こったので、絶対に洗濯機の排水溝付近しかないだろうと、もう一度詳しく見て見ると、かすかに水が流れた後があることが確認できました。

これはもう、水を少し流して確認するしかない、ということで洗濯槽に水をためてすぐに排水してみると・・・

ジャバジャバと排水溝の真下から水が溢れてるじゃないですか!!

結局、洗濯機の排水溝の真下の排水溝と排水管を繋いでいる、プラスチックの部品が経年劣化?か何かの理由で破損して、水が漏れていたことがわかりました。

そういえば、つい1か月ほど前に、毎年マンションでやることになっている排水溝の高圧洗浄が行われたよな~。

その時に、ガシガシ掃除して破損したとかもあり得そうじゃない?

ということを思い出しました。

でも、そうしたらこれって居住者の責任なの??

だって、床板をはがさなきゃわからない排水管の劣化か、場合によっては高圧洗浄時の業者のミスによる破損かもしれないじゃないですか?

とはいえ、その責任の所在を確認するまで水漏れを放置するわけにもいかず、とりあえずそのリフォーム会社さんに修理していただくことになりました。

工事内容は

  • 床下の排水管の部品交換
  • 穴をあけた床板の補習&補強
  • はがしたクッションフロアを新しいものと交換
  • 同じく劣化していた洗濯パンの交換

以上で10万円を超えました・・・。

痛かったのは、祝日に2日間、急遽来ていただいたため、その分が調査費用に上乗せになったことでした。

それでもその素早い対応で被害が広がることもなく、本当に助かったので、そのリフォーム会社さんには感謝しかありません。

とはいえ、突然の10万以上の支払いはきつかったです(泣)。

問題は、この金額が完全に自腹なのか、あるいはマンションの管理会社の保険からいくらかでも補償されるのかどうか?ということでした。



スポンサーリンク

支払金額の約半分が保険で補償

結論としては、支払った金額の約半分程度が管理会社の保険で支払われることになりました。

まだ、詳細は来ていないのですが、どうやら調査費用と何かの費用が保険支払いの対象になったようです。

良かったよ~。10万円と5万円じゃ大違いです。

その後、水漏れから四日後には工事が無事終わり、階下の方にも菓子折りを届けて謝りに行きました。

下の部屋の方がとても良い方だったので、何も揉めることなく終わりました。

それどころか、ちょうどリフォームを考えていたらしく、間取りが同じうちのリフォーム後を見せて欲しいと言われ、

結果的にうちの工事をやってくれたリフォーム会社に、そちらのお宅もリフォームを発注することに相成りましたw。

今回は本当にラッキーだったとしか言いようがありません。

水漏れがお風呂場だけだったことと、階下の方が良い方だったのが救いでした。

でも一番ラッキーだったのは、リフォーム会社ですね、きっとw。

営業することなく、お風呂とトイレのリフォームを請け負えたんですから(笑)。

私に営業コミッションくれてもよくない?な~んて冗談です。

後から知ったのですが、こういう非常事態の場合には、管理会社に24時間365日連絡できるようになっていたみたいです。

私は当日は急なことでびっくりして、全くそこに考えがいたりませんでした。

もし、マンションに住んでいて、緊急に水漏れや何かが起こったら、

まずは管理会社が24時間対応しているかどうか調べてみると良いですね。

あとは、今回は自分で気づくことができない箇所の水漏れ、ということで気をつけようがなかったのですが、

築年数の古いマンションに住んでいる方は、こういうこともあり得る、ということを頭に置いておいた方が良いと思います。

更にできれば、階下の人と普段から挨拶くらいはかわして、少しでも交流を持っておくこともトラブルが大きくならない要因かもしれませんね。

人付き合いって、大事だと思います。

あっ!大事なことをもう一つ!

自分が入っている保険はちゃんとチェックしておいた方が良いですよ!

マンションやアパートの保険の内容と、もし自分が掛けている保険があれば、どこまで適応されるのか、調べておくことをお勧めします。

万が一、階下のお宅の家財一式ダメになったとかの高額請求がきて、

破産しちゃったりしたら大変!ですからね。

ではでは

Yuriでした。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい