猫の腎不全の新薬「ラプロス」発売。「セミントラ」とどっちがいいの?

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

こんにちはYuriです。

最近のシャムにゃん❤です。18才です。

枕がないと寝れませんww。

ところで、

この度、猫の腎不全のための新薬が発売されました。

東レが発売する「ラプロス」です。

この4月から発売され始めたばかりで、まだ使い始めた飼い主さんも少ないと思われますが、

「腎機能低下の抑制」を効能効果として承認を取得

というのは国内初、ということなので、効果に期待したいです。

気になるのはセミントラとの関係です。

セミントラとラプロス

うちのシャムにゃんは今18才で、

セミントラに感謝。18才で腎不全?それでも元気なうちのシャム

セミントラに感謝。18才で腎不全?それでも元気なうちのシャム
うちのシャムにゃんです。18才です。元気です! 年齢的なこともあり、この2年で血液検査のBUN(尿素窒素)の値が3...

でも書いたように今は毎日セミントラを飲ませているんですが、ラプロスが発売されたことで、今後の治療方針が気になっています。

つい先日、セミントラ猫用(Semintra)4mgを買ったばかりですし、ラプロスの説明を見ると、作用が違うようなので、併用が良いのか、それともステージによって、どちらかを選ぶのか、まだまだわからないことばかりです。

来週あたり、シャムにゃんの定期健診&血液検査に行く予定なので、その時に獣医師の先生に詳しく聞いてこようと思います。

なにか新しい情報が入ったら、ブログにアップしようと思います。

追記:

獣医さんに聞いてきました!血液検査の結果も載せています。

猫の腎不全の薬「ラプロス」と「セミントラ」について獣医さんに聞いてきました。
カテゴリーの「猫」から入ると、猫に関する記事全てを時系列で見ることができます。 次の記事では更に詳しくラプロスとセ...

更にその3カ月後の血液検査、ラプロス、セミントラの併用についても聞いてきました。

ラプロスとセミントラの併用についても、獣医さんに聞いてきました。
こんにちは、Yuriです。 あっという間に夏が終わり、気温も朝晩の寒暖差が大きくなってきましたね。 この時期...

暑いと伸びちゃいます。それでも枕がないと!(笑)

去年は夏に体調を崩して、もうダメかも(泣)と思ったこともありましたが、今年も何とか乗り切ってまだまだ長生きしてもらいたいです。

スポンサーリンク

猫を飼う上で気をつけていること

私が普段気をつけているのは、とにかく新鮮なお水をいつでも飲めるようにしておくために、お水は一日4,5回取り替えます。あと、血流をよくするために、軽めのブラッシングをまめにすることと、もちろん良質な御飯。

でも、一番は

とにかくいっぱい可愛がること❤。

です。

以前どこかの情報(ブログ?)で見たんですが、長生きしている犬や猫に共通していることは、例外なく、飼い主にベタ可愛がりされてることだそうです。

これには私は相当な自信がありますw。

動物って本当に癒されますし、子供の情操教育にも良いと思います。

うちの娘は生まれた時から、猫と一緒に育っているので、悲しいこと辛いことがあった時には、かなり猫に癒されてきたんじゃないかなあと思います。当たり前ですが、命の大切さも実感として学べますし、世話をすることの大変さや生き物を飼うことに対する責任も学んでくれてると思います。

もちろん、まず親がしっかりそのあたりの事は教えるのは当然ですけどね!

かなり前ですが、TV番組で

「旅行に行くのに邪魔だから処分して」と子猫を連れてきた親子連れを見ました。小学生くらいの男の子は泣きながら「やめて」と言うのを尻目に、父親は「じゃあ旅行は行きたくないのか?一人で留守番するか?」と言って子猫を置いていきました。

私は憤りと悲しみと絶望的な気持ちでいっぱいになり、涙が出ました。

こんな親に育てられた子供がかわいそうです。場合によっては一生のトラウマにだってなりかねない。あるいはそういうことに何も感じない人間になってしまうかもしれません。

たかが、家族旅行のために、飼っていた子猫を捨てに来る。場合によっては殺処分されてしまうかもしれないのに。動物の命を何だと思っているんでしょうか。

その神経と発想、人間そのものが理解できません。その子猫からしたら唯一の家族だった人間に捨てられて、殺される。そんなことを何とも思わない人達が子供を育てる、そのことに恐怖すら感じました。

地球という惑星の上においては、人間の命も動物の命も価値は同じ・・こんなことすらわからない、命を尊重できない人達が、戦争や犯罪で人間をも殺す事に疑問をもたず、ゆくゆくは人類をも滅ぼすのだろうと思います。

人間だけが、自分のエゴのために他の生き物(人間も含む)を平気で殺します。自分達が住んでいる星でさえ例外ではなく、核爆弾で傷つける。汚染物質を垂れ流し、気付いた時にはもう手遅れなのかもしれません。

そんなことにはなってほしくないと願ってはいますけど・・・。

あ、ちょっと真面目な話になってしまいました。

実はこう見えて(どう見えてる?w)、割と真剣に色々な事に思いをはせています。そのうち、こういうシリアスな話も発信していきたいと思っていますが、それはまた別な機会に。

ではまた、Yuriでした。

前記事:

腎不全の猫さんのためのセミントラと、その他の薬の飲ませ方

腎不全の猫さんのためのセミントラと、その他の薬の飲ませ方
Yuriです。 うちのシャムにゃんは現在18才で軽い腎不全を患っています。 高齢猫も宿命ともいえる腎不全です...

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい

コメント

  1. 工藤佳奈 より:

    こんにちはYuriさん!はじめましてkanaと申します。シャムにゃんかわいいですね!我が家にも先日、腎不全と診断されだ14歳の猫がおります。BUN63.1 CRE2.1でした。が、2週間の間に5回皮下点滴をし、検査結果、BUN51.1 CRE1.6に下がりました。獣医師よりラプラスが良いと言われ現在、週二回の皮下点滴とラプラスと腎臓フードでケアしています。Yuriさんのお話読ませて頂きました。そこで質問なのですが、皮下点滴はされているのでしょうか?ラプラスはやはり高価なのでセミントラでも効果が同じならセミントラでもいいかなと悩んでいます。

    • yuri より:

      こんにちは。コメントありがとうございます。
      うちは皮下点滴はしていません。
      3カ月に1度、定期健診で血液検査をしていますが、(最新の結果は9/23にアップした最新記事を見てくださいね)、その時に獣医さんが確認して、お水も飲めてるし、脱水はしてないし必要ないと思われているようです。
      でも、そろそろ点滴してもいいのかな~と思って次回聞いてみようと思っています。
      とはいえ、シャムにゃんのストレスを考えると、大きく体調が変化していない状態で頻繁に病院に連れて行くのは避けたいと思っています。

      kanaさんのうちの猫ちゃんは点滴でBUNが下がったんですね。
      Creの値がそれほど高くないのでまだ大丈夫な気がしますが、私は専門家ではないので、今後の点滴治療については獣医さんとよく相談してくださいね。

      ラプロスは高いんですよね。
      ちなみにラプロスですよ、ラプラスじゃなくて。ラプラスはポケモン?w

      セミントラとラプロスは獣医さんに聞いたうえで、個人的には、飼い主の判断(金銭的、または回数や飲ませやすさ)に任せられているような気がします。

      セミントラを試して、効果がなければラプロス、とかではどうなのか?獣医さんと相談してみてはいかがでしょうか?
      腎不全との付き合いは長く続くので、効果が高い方を選ぶのはもちろんですが、一番負担のない選択をしたいですよね。

      私の記事はどうしても長いのでw、読みにくかったらすみません。
      こちらの記事は以前の物なので、もしまだ読んでなかったらぜひ、最新の記事を読んでくださいね。

  2. kari89 より:

    初めまして

    鼻血ブログのファンですが、yuriさんのブログ読んだらとても読みやすい文章でこちらもちょくちょくお邪魔しようと思っています

    ところで、我が家にも18歳のおばあちゃんニャンがおり、腎不全の薬飲ませてます

    yuriさんの新しい薬の話興味津々
    今度獣医さんに聞いてみようと思います

    さて、団長のツイも楽しいけど、今日の試合勝ってもらって鼻血ブログもyuriブログも盛り上がるといいなぁ

    因みに私のHNはウチの猫が療養食をカリカリパクパクと食べてくれることを祈ってつけました

    決して借りたままパクるって意味ではありません

    またお邪魔します

    • yuri より:

      来ていただいて嬉しいです。
      私も鼻血ブログの大大ファンで、2009年頃からずっとお邪魔してました。
      そのおかげで私もなんか書きたい!という思いが大きくなり、自分のブログで思いの丈を吐き出すことを決意しましたw。
      鼻血ブログの団長様がブログの紹介を許可してくれたおかげで、そちらからいらしてくれる方も多く、一緒に盛り上げていけたら嬉しいです。

      同じ18才ニャンがいるんですね!
      老猫にとって腎不全は避けられない悩みですよね。
      お互いにニャンが長生きできるように頑張りましょう。
      新しい情報が入ったら、ブログにアップしますね!

      借りたままパクる・・に吹き出しました。
      またお待ちしています。