イスタンブール大会2018 ダニエル太郎がツアー初優勝!おめでとう!!

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

ダニエル太郎が、ATPツアー初優勝を果たしました!

スコアは7-6,6-4でした。

本当におめでとう!!!

ずっと応援してきましたが、チャレンジャーを優勝してから中々ツアーで活躍しきれず、ヤキモキしておりました。

それが、ようやく花開きましたね!

本当に嬉しいです。

実はこの試合、前記事にも書いたように最初の1セットの途中までは、公式サイトのライスコしか見ていませんでした。

イスタンブール大会2018 ダニエル太郎が初のツアー決勝進出!ダブルスではマクラクラン勉も決勝へ!
Yuriです。 TVで見れないので、試合は見れていません。 でもすごいです! ダニエル太郎が、ジェレミ...

この試合はDAZN,およびTennisTVでしか配信していなかったため、契約をしていなかった私は半分見るのをあきらめていましたが、太郎ちゃんの初優勝がかかったこの試合を見逃すことにどうしても耐えられず、第1セットが終わる直前に急遽DAZN契約しました。

結果的には太郎ちゃんの初優勝が見れて良かった!

というわけで、途中からになりますがちょっと振り返ります。

ダニエル太郎 VS マレク・ジャジリ

対戦相手はマレク・ジャジリ34才、チュニジアの選手でした。

中堅どころの良い選手で、ハマると結構強いというイメージはありました。

彼ももう34才ですが、いまだタイトルはありません。喉から手が出るほど欲しいタイトルだったに違いありません。

一方、ダニエル太郎は25才。いつも飄々とした感じであまりガツガツした感じがなく、マイペースにここまでやってきました。

彼独特の哲学というか美学があるタイプの選手かな?と。

ともするとその様子が物足りなくも見えましたが、彼は彼のペースを貫きながら階段を一段一段上がってきたように思えます。

今年はインディアンウェルズ大会でジョコビッチを破ったりと、ジャンプアップの片鱗は見せていました。

ダニエル太郎がジョコビッチを撃破! 2018インディアンウェルズ2回戦
Yuriです。 現在アメリカのカルフォルニアデザートにあるインディアンウェルズで行われている、マスターズ大会の男子...

元々このイスタンブール大会には出る予定ではなく、エリストル大会にエントリーしていたそうですが、急遽本戦出場できることになりバタバタとフライトギリギリで入ってきたそうです。

それがこんなことになるとは・・・・。

試合の流れ 第1セットの終わりから

途中からの視聴で第1セットのタイブレークに入る前あたりからです。ここはライスコでした。

どうにも耐えきれず、バタバタと契約して見ることにw。

画面ではジャジリの疲労が大きいように見えました。

タイブレークは終始、太郎ちゃんのペースでしたが、一瞬の気も抜けない感じの試合展開。

第1セットを太郎ちゃんが取りました。目には見えなくても、お互いギリギリの戦いで先にセットを取ったのは本当に大きかったと思います。ジャジリの疲れたようながっかりした顔が見えました。

第2セットは先に太郎ちゃんがブレイクスタート。

ジャジリも何とか踏ん張りたいと頑張ります。

太郎ちゃんの方が勢いがありました。若さゆえの体力の差もあったかな。

ストローク戦が多かったところで絶妙なドロップ。ジャジリは動けません。

もうここからは祈るだけ。

勝ちました~!

渋い素敵なお父様と思われる男性とハグ💛

試合後からセレモニーの間もずっと涙を浮かべていたジャジリの姿が切なかったです。頑張ってまたタイトルを目指して欲しい。

本当におめでとう!

スポンサーリンク

ATP公式に記事が3つ

ATPにも3つも!太郎ちゃんの記事が出てました。

初優勝なので当然ですが、嬉しいですね。

記事自体も長いので、タイトルと一部内容を抜粋して紹介します。

一つ目の記事

ダニエル太郎がやった!初のトロフィーを掲げる

その日本人は今までツアーのセミファイナルにも辿り着いたことはなかった。

「もちろんすごく嬉しいよ。素晴らしい試合だったと思う。長いラリーが最初から最後までいっぱいあった。すごく嬉しい。突然ATPのツアータイトルを取れたことにかなり驚いてるけどね。でもこういうことってこんな風に起こるものなんだと思う。」とダニエルは語った。

「(準優勝でも)良い結果だと思う。今日は自分のできることすべてをコートに捧げた。今日は僕の日じゃなかった。だからダニエルにおめでとうと言いたい。そして明日からまた練習するよ。」とジャジリは話した。

―ATP公式記事より

二つ目の記事 (わかりやすいように意訳してあります。)

初めてのツアー優勝者 ”ダニエル太郎” にスポットライトを当てる

初ATPツアートロフィーを抱えてどんな気持ち?

もちろんすごく嬉しい。でも驚いてるという方が大きいかな。2週間前にチャレンジャー大会の1回戦で負けたし。だから今ツアー優勝したなんて驚きだよ。

いつかATPツアーで優勝することは目標だったか?

もちろん夢の一つではあったけど、自分はそれを口にするタイプではないので。ただそのプロセスは信じていたよ。すごくその道のりを楽しんでる。

二人ともツアーの決勝は初めてだったけど、何を考えてた?コートに入る時はどんな気持ちだった?

二人ともナーバスだったと思う。なぜなら自分たちにとって初めての優勝が懸かっていたから。でも彼の方がもっとナーバスかもー彼の方が僕より経験が多いから。もし彼が緊張していれば自分は少しだけリラックスできるかも。緊張からそう自分に言い聞かせていたよ。

キャリアハイランキングになりましたが今シーズンの目標ランクは?

TOP80に入ったらいいね。今まで入ったことないから。どうなるかな。今までランキングとか結果を考えてるときは良いプレーが出来なかったから、自分のプレーの向上とそのプロセスに集中したいね。

―ATP公式記事より一部抜粋

三つ目の記事は(一部紹介)

ダニエル太郎ってどんな人?

インスピレーションを受けるのは?

フェデラー

最近読んだ本は?

マッケンローの自叙伝

最初に出会った有名なプレーヤーは?

ダビド・フェレール

彼もバレンシアで練習してたから、一緒に練習することができた。

キャリアで一番の瞬間は?

オリンピックかインディアンウェルズでジョコビッチを破った時

好きな映画は?

ウッディ・アレンの作品

好きな音楽は?

レッドツェッペリン

一番面白いと思うプレーヤーは?

フォニーニはメチャクチャ面白いw。

コート上で一番良い気分だったのは?

去年の全米オープンのナダルとの試合の途中まで。セットアップして更にブレイクしてた時。

―ATP記事より一部抜粋

とにかく、太郎ちゃんが念願の初ATPツアー優勝を果たしたことを本当に嬉しく思います。

Yuriでした。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい