猫の腎不全の薬「ラプロス」と「セミントラ」について獣医さんに聞いてきました。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

カテゴリーの「猫」から入ると、猫に関する記事全てを時系列で見ることができます。

次の記事では更に詳しくラプロスとセミントラの併用についても獣医さんに聞いています。

こんにちは、Yuriです。

先日シャムにゃんの定期検査(血液検査)とお薬をもらいに、かかりつけの動物病院に行ってきました。

私が利用している動物病院は、この地域ではかなり規模の大きいところで、常時、獣医さんが10人近くいて、担当医師の指名もできます。

全ての先生がそれぞれ違う考えをきちんとお持ちで、なおかつ、セカンドオピニオンも気軽に受けることができたりと、かなり至れり尽くせりです。

その割には金額もリーズナブルで融通もきくので本当に助かっています。

たまに個人の動物病院だと、薬やフードを自分のところから買わないと診察しない、とかいうところもあるようですが、こちらは自分でネットで買ってもOK(でももちろん保証はできない)というスタンスなので、非常に助かっています。

シャムにゃんの血液検査の結果

シャムにゃん18才です。まだまだ可愛いでしょ?(親バカです、はい)

ということで、シャムにゃんの血液検査の結果です。

BUNが57で、Creが2.8GPTが118でした。

う~ん、微妙な数字でしたね。

ちなみに体重は5.4kgと、ちょっと増えてました。良かったです。

食欲が落ちて体重が減ってくるようだと、どんどん体力がなくなって衰弱してしまうので、この年齢で体重が増えたのは悪くないことだと思っています。

前回の検査が約3か月前でBUNが50Creが3.1 GPTが85だったので、ちょっとだけ数値が上がってしまったというところでしょうか。

特にBUNの数値が心配だったので、この点を獣医さんに聞いてみたら、

「確かにBUNは上がってますが、Creは少し下がっているので、状態はほぼ横ばいと言えると思います。」

ということでした。

実は、シャムにゃんは5才の頃から、すでにGPTは300を超えていました。

でも、よく食べて、よく寝て、よく遊んでと、とにかく元気いっぱいだったので、特に何も治療はしませんでした。

元々の体質的なものもあるだろうし、元気なのにいじくり回すことには抵抗があったので、そのまま普段通りの生活をしていました。

結局18才の今現在も、それなりに元気に過ごしているのを見ると、うちの子に関しては、それが正解だったのではないかと思っています。

フードは、その時は他に2匹のにゃんがいて、3匹全てがおデブ気味(笑)だったので、ヒルズの r/d をメインに、プラスして市販の缶詰をおかず?に食べさせていたと思います。

今は腎臓ケアが中心なので、ヒルズのk/dロイヤルカナンの腎臓サポートシリーズです。




2年前頃から、年齢のこともあり、GPTの数字に関しても治療を始めた方がいいと獣医に勧められて、ウルソを飲ませ始めましたがほとんど効果がなく、それでも飲まないよりはいいと言われて飲ませていました。

途中でスパカールに変えましたが変化はなく、たまにGPTが100台の数字になることもありましたが、基本的にはいつも200~350をうろうろしている状態でした。

それがなぜ今の100前後の数字に落ちたかというと・・・

去年の夏、シャムにゃんが突然フラフラし始めて、失神してしまったことに端を発します。

ことの詳細は、かなり話が長くなってしまうので別記事で。

猫の前庭症状について 突然うちのシャム猫が失神したあの日
こんにちは、Yuriです。 今回は以前から書くと言っていて、先延ばしにしていたことを書こうと思います。 ...

結論から言うと、ステロイド(プレドニゾン)の少量投与(1回2.5㎎を3日に1回)によって、劇的にGPTが下がりました。

おそらく、慢性的に肝臓が炎症を起こしている状態だったと思われます。

加えて、何かしらのアレルギーも持っていて、春と秋にはいつも耳を血が出るほど掻いてしまうことが常だったので、その症状も軽減することができたのが良かったです。

*基本的にステロイドは安いですし、使い方を気をつけないといけない薬なので、獣医さんの処方のもと病院で処方して頂いていますが(20錠で1,500円位)、切らしてしまったり行けなかった場合に備えて、私はネットでも同じ薬Panafcortelone(プレドニゾロン)5mgを個人輸入で購入してキープしています。こちらは更に安く買えます。

ということで、現在はその当時からは少し減らして、

4日に1度2.5㎎のステロイド投与を続けています。

猫は比較的、人間よりもステロイドに対する副作用が出にくい生き物だと言われています。

それでも全くリスクがないわけではないので、今現在投与しているステロイドの分量もかなり少ないのですが、次回の検査でGPTが上がっていなければ、ステロイド投与を止める予定です。

↓病院から帰ってきて疲れたシャムにゃん。(でもすぐに元気になりました)

スポンサーリンク

ラプロスとセミントラ

で、本題のラプロスセミントラです。

獣医さんに聞いてみました。

まずは、猫の腎不全の指標になるステージは4つありますが、対象となるのは、ステージ2とステージ3の猫さんらしいです。

ちなみにうちのシャムにゃんはステージ2とのこと。

(数値とその猫の現在の状態から獣医さんが診断するらしい)

ラプロスとセミントラは作用の仕方が違いますが、その猫の状態でどちらかを選べばよいという話でした。

両方の併用についてはうっかり忘れて聞けずじまいでしたが、先生の口ぶりでは、その選択肢はなさそうでした。次回(2~3か月後)、もう一度聞いてみようと思います。(聞いてきました!)

実際、ラプロスは発売されてまだ間がないので、十分な臨床結果が集まっていないと思われますので、獣医さんも慎重なのかな~という風に見えました。

問題は値段でした。

ラプロスは朝晩1錠ずつ投与して、1か月で約1万円!

高いです・・・(泣)。

セミントラも決して安くはありません。

セミントラ猫用(Semintra)4mgに関しては、こちらの記事で紹介していますが、

セミントラに感謝。18才で腎不全?それでも元気なうちのシャム
うちのシャムにゃんです。18才です。元気です! 年齢的なこともあり、この2年で血液検査のBUN(尿素窒素)の値が3...

セミントラは病院で処方してもらうと、1本5,000円~6,000円位だと思いますが、ネット購入だと1本が3,600円位で買えます。

(うちはいつも上記のサイトで3本まとめて9,700円位で購入しています。)

なので、うちの子の体重5.4kgだと、1か月分が4000円程度です(猫の体重による)。

それでも十分高いですね。

獣医さんによると、セミントラで全く効果を感じられないような場合は、ラプロスに切り替えてみても良いけど、うちの子の場合はセミントラの効果が十分あるように見えること、更に大きく悪化していないことから、わざわざ高い薬に変える必要はない、ということでした。

追記:

9/23に定期検査に動物病院に行った際に、ラプロスとセミントラについて、さらに獣医さんから色々聞いてきました。

ラプロスとセミントラの併用についても、獣医さんに聞いてきました。
こんにちは、Yuriです。 あっという間に夏が終わり、気温も朝晩の寒暖差が大きくなってきましたね。 この時期...

ということで、うちは腎臓のケアに関しては、

現状のままセミントラとネフガードと腎臓用フードで行くことになりました。

やっぱり問題は値段ですよね~。

ラプロスはまだ出たばかりなので、さすがにネットにも出回っておらず、また、出ていたとしても新しい薬なので、やはり最初は医師のもとで処方されたもので試したいです。

しばらくは周りの状況を様子見でしょうか?

セミントラの時もそうだったのでしょうがないですね。

*セミントラの飲ませ方で困ってる人がいるようですが、シャムにゃんももれなくシリンジでは泡吹いて全くダメでした(泣)。ということで、うちはこちらの方法で飲ませています。参考になれば嬉しいです。

腎不全の猫さんのためのセミントラと、その他の薬の飲ませ方
Yuriです。 うちのシャムにゃんは現在18才で軽い腎不全を患っています。 高齢猫も宿命ともいえる腎不全です...

何か質問がありましたら、お気軽にコメントでどうぞ。できる範囲でお答えしたいと思います。

ではまた、Yuriでした。

*この記事の4カ月後、シャムにゃんは無事19才を迎えました。\(^_^)/

猫の長生きの秘訣は?腎不全でも元気なシャムにゃんが19才になりました!㊗ 
Yuriです。 先日、無事にシャムにゃんは19才を迎えることができました! でもって、とっても元気です! ...

*更に約1年後の2018年4月の血液検査の結果はこちら

腎不全の猫19才! それでも元気なシャムにゃんの血液検査の結果(2018月4月分)
Yuri(@yuri_lovesiames )です。 シャムにゃんは4月の後半に4カ月ぶりの血液検査にいってきまし...

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい

コメント

  1. Moominwfs より:

    Good morning
    My cat suffered from renal failure stage 2.
    The veterinarian suggested using the new drug ラプロス.
    Did your cat still take this drug? Any discomfort after used?

    • yuri より:

      Thank you for coming this blog.
      Unfortunately my cat doesn’t take this medicine.
      He’s been taking Semintra(another drug for renal failure) for this 2years and it’s working well.
      My vet said if it works,you don’t have to change but you can choose either.
      ラプロス is still new drug, so there is little info&data yet.
      But I’ve never heard negative opinion so far.
      For renal failure, using those drug is much better than not using any I guess.

      I’m sorry I don’t have more useful info for you.
      I hope your cat will get better.

      • Moominwfs より:

        Thank you for your reply.
        Do you know how to buy this drug in Japan ? Need to bring the cat to consult doctor or give cat’s report and prescription letter? because I stayed in Hong Kong but my fiend will travel to Tokyo in Oct.
        Sorry to cause you inconvenience if any.

        • yuri より:

          No problem. You can ask anything.
          I think you can get that drug(ラプロス)only from a vet at an animal hospital in Japan.
          So, you have to bring the cat to a vet and get a blood test. And you might get that drug from the vet.
          You can’t get prescription without consulting.
          Isn’t it sold in Hong Kong hospital?

          If it’s OK for Semintra, you can buy it from online shops.
          I always use the online shop “うさぱら” which I’ve mentioned in my blog.

          • Moominwfs より:

            Thank you so much.
            But that drug isn’t sold in HK.
            Sold in Japan only on the time being.
            Do you think it works for bringing the blood reports and the prescription letter by my vet to the vet of animal hospital in Japan, instead of carrying cat to consult?
            You know…….bring cat traveling is a big problem.

          • yuri より:

            I’m sorry I don’t have an answer.
            Of course you shouldn’t even think about bringing sick cat to Japan for just a drug.
            It would kill the cat.
            I’m not sure it’ll work or not, but why don’t you try it?(bringing the blood reports and the prescription letter by my vet to the vet of animal hospital in Japan)
            There is a small possibility it happens.
            This is only what I can say.

  2. garuru より:

    はじめまして 5月からの体重減少と無色透明の尿があり、今日3歳のうちの子を病院に連れて行き、BUN108、Cr9.29、末期の腎不全ですと先生に言われ、セミントラを処方してもらいました。この薬は何?まだ3歳なのに死んでしまうのかと何が何だかわからず、あちこち見てこちらにたどり着きました。とても勉強になり、よくならずとも低め安定で経過してくれたらと少し期待が持てました。療法食など、できることをやってみます。これからも読ませていただきます。お礼が言いたくて、ありがとうございました。

    • yuri より:

      まだ、3才なんですね。頑張って欲しいです。
      数値だけ見ると確かにかなり高い数値で心配です。
      若い子の腎不全は原因は色々かもしれませんが、飼い主のできることは限られています。
      腎不全用のえさと十分な水分補給、体を冷やさないこと。
      体力を落とさないように、ご飯はしっかり食べさせることです。
      サプリメントはネフガードなどの炭素吸着剤とアンチノールも腎臓に良いと言われています。

      薬はステージ2,3ならセミントラやラプロスと言われますが、末期の場合はどうなのか?
      それとも、本当に腎不全が原因なのか、他の原因で数値が上がっている可能性はないのか?など、
      どんなことでもお医者さんに聞いた方が良いです。

      行かれた病院ではセミントラ以外の治療は提案されましたか?
      その数値であれば、脱水している可能性が高いと思いますが、点滴はされたんでしょうか?
      末期の腎不全と診断されたなら、必ず点滴治療があるはずです。

      もし、診断と治療と今後の方針に少しでも疑問があったら、
      ぜひ、セカンドオピニオンとして違う病院に行ってみることをお勧めします。
      動物病院は本当にピンからキリまであります。
      個人病院だと勉強不足な獣医さんがいる場合もあります。
      ちょっとした診断や治療方針のちがいで、予後が変わることもあり得ますので、
      後々後悔しないように、とことんやってあげて欲しいです。

      私は獣医ではないですが、私がわかる範囲の事であれば答えますので、いつでもいらしてください。
      猫ちゃんが少しでも良くなりますように。

  3. maasa より:

    こんばんは。
    返信メール、ちゃんと届いてますのでご安心下さい。
    先ほどまたメールを送らせていただきました。

    • yuri より:

      お返事、コメント欄でも構いませんか?同じような悩みの方の助けになるかもしれませんので。

      ラプロス13000円は高いですね~。こちらは10000円と言われました。動物病院は病院ごとに金額を決めるので、差は出てきちゃいますね。

      セミントラは、2匹にあげるのなら大きい方で良いと思います。
      特に、6kg、5kgの2匹で使ったら、小さい方だと10日くらいしかもたないんじゃないでしょうか?
      大きい方でも2匹だと1か月半くらい?だと思うので、大きいのを2,3本まとめ買いすることをお勧めします。

      療法食のウェットはうちの子も絶対に(笑)食べないです。
      でもカリカリと柔らかいのと両方食べたい子です。
      なので、カリカリはk/dかロイヤルカナンの腎臓サポートで、ウェットは市販の好きな物(カルカン、モンプチ、何でも)を少なめにあげてます。
      うちの子は5.5kgくらいで、普段の御飯はカリカリ(適当な量w)をメインに、ウェットは1缶(または1パウチ)を半分ずつ朝晩に分けてあげてます。
      残った分は冷蔵庫に入れて、あげる時にレンジで5~8秒チンします。

      水分不足にならないように、スープタイプも(モンプチスープとか)買っておいて、夜とかにどうしてもお腹すいた~って言ったら、それをあげるようにしています。
      お水はとにかくいつも清潔に、2匹いるなら必ず複数用意して、一日に何回かかえます。

      こんな感じでうちは18才まできています。
      あまりストイックにやり過ぎて、飼い主も猫ちゃんもストレスになったら逆効果なので、ゆったりした気持ちで過ごせると良いなあと思います。

      参考になればよいのですが。

      • maasa より:

        お返事ありがとうございます。

        動物病院の医療費は各病院ごとに違いますもんね。
        ラプロス1錠100円って書いてる方もいました。
        1ケ月6000円ぐらいになるかと思うので、それでも
        高いですがまだ買いやすいです。
        もっと安くなってくれるといいんですけどね~。

        シャムにゃんちゃんも療法食のウエットフード食べないんですね。
        うちはモンプチやフィリックスなどが好きで
        一般食のプレミアムなウエットフードを買っても、
        こちらもいらな~いって感じで食べませんでした。
        でも、食べることが一番大事なので市販のシニア食を
        仕方なくあげるようにしています。

        18才、素晴らしいです。
        これからも、穏やかに過ごせますように・・・