全仏オープンテニス9日目 錦織、ベルダスコ相手に第1セット0-6からの大逆転でベスト8進出!!

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Embed from Getty Images

言葉もありません。

最初のセットを0-6のベーグルで力なく落とした錦織の状態を見たときは、

最悪リタイアも想定してました。

でも、でも・・・・・

まさか、まさか・・・・

ホントに?????

うそでしょ??

錦織、勝っちゃいましたよ~!!!

ちょっとまだ興奮状態で、まともな文章が浮かんできません。

落ち着こう!いや、興奮したまま書きます!

錦織、ベルダスコ相手に逆転で勝利

いや~、何から書けばいいんでしょう。

入場した時から、錦織の顔が緊張しているのが気になりました。

テニスはWOWOWで見ていますが、相変わらず修造さんの戦力分析がめちゃくちゃで意味不明w。あのチャートの使い方を間違ってるとしか思えない暴走っぷりです(笑)。

第1セット

とにかく最初から錦織は表情も暗く、動きも遅く、ボールをまともに捉えることすらできないようで、何が起こっているのか、見ている方が混乱するような状態でした。

もしかして、怪我の具合が相当悪いんだろうか?それともリタイヤしちゃうのかな?

とか心配しながら見ていましたが、錦織は全く何もできないまま、あっという間にベルダスコに0-6でベーグル焼かれてしまいます。

特にベルダスコが良かったわけではなく、とにかく錦織のミスのオンパレード

フットワークが悪く、足が全く動いてないので、ボールのところにきちんと行けないままラケットを振っているような感じで、まともにショットが打てないという、見ていて???な状態でした。

こういっちゃなんですが、ここまでひどい錦織は、怪我以外ではあまり見ないくらいの状態でした。

第1セットの最後のゲームで、やる気なさそうにミスして、セットを落とした錦織にブーイングが起きる始末。この状態では続けることも難しいのかもしれないと覚悟しました。

この時点で、WOWOWで解説していた修造さんのネガティブコメントダダ漏れ状態に、こちらの神経が耐え切れず、副音声にw(すみません)。

*先ほどWOWOWのインタビューで錦織が、最初はベルダスコの重く跳ねる球に対応できず、セットを捨てたと言ってました。次のセットでやるべきことを考えていたそうです。

やっぱりすごいですね。怪我や痛みには言及しませんでした。

第2セット

第1セットから錦織はかなり後ろに下がって、跳ねるベルダスコのショットを返していましたが、そのせいでショットの威力が落ちて、さらに球が浅くなり、ベルダスコに振り回されて攻撃される、という悪循環を繰り返していました。

第2セットに入っても、ショットを打つ時の腰の位置が高く、手打ちな感じで打つので、大きく外れるショットもあり、あるいはネットにかける・・と、全てがちぐはぐでした。

とにかく、錦織の生命線でもあるフットワークの悪さが際立ち、やはりどこか痛いのだろうかと、祈るような気持ちで見ていましたが、ここで何と先にブレイク

しかし直後にブレイクバックを許してしまいます。どうにも安定したプレーができないまま、セットも中盤にさしかかり、我慢我慢のキープをお互いに重ねた終盤、ついに試合が動きます。何度もBP(ブレイクポイント)をしのいで自分のサービスをキープした錦織がついに、ベルダスコのサーブをブレイク

そのまま第2セットを取りました。

このあたりから、徐々に動きも良くなり、前に入って深くリターンするようになり、本来の錦織のプレーが徐々に出てくるようになりました。

第3セット

第3セットに入ると、錦織はもはや最初の錦織ではなく、逆にベルダスコさんに疲労の色が見え始めます。錦織も疲れてますが、やはり、ダブルスもエントリーして毎日試合をしているベルダスコ(すごすぎです)の方が、明らかにトーンダウンして見えました。

それでも元NO.7のショットと粘りは健在で、お互いにスーパーショットを連発するようなロングラリーを繰り広げます。

あまりの二人のショットのクオリティーの高さに、スザンヌ・ランランの観客も私も叫びまくりましたw。

そして、ついに錦織がブレイク!!

錦織のSFS(サービングフォーセット)です。

錦織はこういう場面でよくサービスを落として一回で取れないことが多い(ように思える)ので、ひやひやしながら、片目をつぶってみてましたが、

一発でものにしてこれで第3セットも錦織がゲット!

これで錦織の2セットアップ!になりました。

第4セット

錦織のプレーのレベルが上がったのと反比例するように、ベルダスコの体力が限界を迎えたのか、第4セットは一方的な展開に。

錦織の振り回しについてこれる体力が、ベルダスコに残ってませんでしたね。

錦織のプレーもどんどん良くなっていきました。足も良く動き、ショットも深く、

結局最後は、なんと第1セットのお返しと言わんばかりの6-0でベーグルを焼いてしまいました。

結果、

0-6,6-4,6-4,6-0のセットカウント3-1

のスコアで錦織がベルダスコに勝利し、ベスト8に進出しました。

もう、放心状態でよくわかりません。

とにかく勝ったんだということ。

錦織の怪我の状態は・・・わかりません。

それでも、このタフな相手に勝ち切ったことに感動してしまいました。

最後のセット、5-0ですでに涙が出そうになりました。

本当に勝って良かった!!(泣)

それにしても最初のセットは何だったんだ?究極のスロースターターですかね?

でも本当に勝って良かった。何だか信じられない感じです。

しかし、疲れた・・・。皆さんも興奮して疲れ切ったに違いありません。

明日は錦織選手の試合はないので、ゆっくりできますね。

ゆっくり休んでください。

私は・・・ジョコとティームの試合はチェックしようと思いますが、そろそろさすがに体力の限界です。

次の相手はアンディ・マレーです。

彼の状態は・・・どうなんでしょう?

今日は簡単に勝ったようですが、結局はやってみるまで分かりませんね。

錦織の状態も明日一日休んで、どうなるか。

明後日の試合が楽しみです。

応援していた方、お疲れさまでした。

さあ、寝るぞ~。

Yuriでした。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい

コメント

  1. 紅太郎 より:

    第一セットを見てリタイヤかなぁと思いましたが・・・・。
    第二セットから錦織圭実況掲示板のみを恐る恐る見てまして、第四セット4-0から急にドヤ顔になって試合を見始めました(笑)。
    どうなってるんでしょう?やっぱ天才ですかね。
    マレーに勝って欲しいなぁ・・・・。

    • yuri より:

      天才なのは間違いないでしょう!
      天然で天才(笑)。

      勝って欲しいですね~。

  2. 金子 より:

    ベーグルサンド、凄すぎ
    未だ興奮して寝れな〜い
    とことん応援します。
    追記
    老婆心ながら、全米→全仏ですよ笑笑
    全米の結果より、良くなる事を信じて、寝ます。

    • yuri より:

      ホントだ~!!全米って書いてる!それもタイトルに!
      恥ずかし~。指摘ありがとうございます。
      興奮してわけわからんことに・・・。

      とことん応援しましょう。