東京国際映画祭2017に行ってきました。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriです。

最近忙しすぎて忙殺されています。

やる事が多過ぎて、処理が追い付かないな~と思っているうちに大事なことを忘れてしまったり、後回しにしているうちにできなくなったり。

優先順位をきちんと決めることって本当に大事だなと思います。

忙殺の忙って、心を亡くすって意味なんですよね。

忙しすぎて心が死んでしまわないように、適度にリフレッシュすることってとても大事だと思います。

最近一番残念だったこと

忙しすぎたために、起きた最近一番残念だったのは、

せっかく当選していた、ネスカフェアンバサダーのサンクスパーティ✨の事をすっかり忘れていて、気がついたら終わっていたことでした・・・。

なんてこと。

以前記事に書きましたが、

私はネスカフェアンバサダーをしています。

ちょっとした条件をクリアすれば誰でもなれる(と思う)んですが、これがけっこうお得な特典がいっぱいあるんですよ。

ネスカフェアンバサダーってどうなの?実は個人事業主でもなれます。
こんにちは、Yuriです。 コーヒーはお好きですか? 私はコーヒーだけではなく、紅茶(ダージリンが好き)、日...

今回は、アンバサダーが申し込むことができる

品川プリンスホテルでの立食パーティ&ゲスト&お土産付き✨という、美味しい企画に当たっていたのに、すっかり忘れ去っていました。

残念過ぎる・・・涙。

そんな傷心の私に、突然WOWOWから電話がかかってきました!

「この度は、応募いただきました東京国際映画祭のチケットが当たりましたので、ご連絡差し上げました。」

「は!?何のことでしょう?」

すっかり応募したことさえ忘れてました。(笑)(だって、今まで一度も何にも当たったことなんかなかったし)

というわけで、今回は無事、参加してきました。

スポンサーリンク

東京国際映画祭2017

当初は娘と行こうかと考えていましたが娘の都合がつかず、急遽、元映画関係者の弟と一緒に見に行くことになりました。

実は、最優秀脚本賞 Presented by WOWOWということで、行くまで何の映画を見ることになるのか全く分かりませんでした。

そして、映画館に入り選ばれた作品が明らかになりました。

それが

「ペット安楽死請負人」

原題 Euthanizer

という、フィンランド映画でした。

・・・・・・・。

何で!?

どうして、いかにペットを大事に慈しみ、長生きさせるかということに邁進している私がそんな映画を見なきゃならんのよ?

WOWOWさん・・・事前に何の映画か知りたかったです。😢

以下、簡単なレビューを書いているので、万が一にも見に行こうと思っている方はご注意ください。

映画自体は、ペットの安楽死(っていっても銃で撃ったりして全く安楽死ではありません)がテーマではなく、それを請け負っている男のトラウマやカルマみたいな話なんですが、

あり得ないほど非常識でレベルの低い人間(アメリカ映画でもよくある田舎の無教養で低収入の修理工たちみたいな)しか出てこない映画で、何一つ共感できる部分がなく、

脚本家の方がインタビューで、

「白人の中年男性の愚かさをテーマにしている」みたいな説明をしていましたが、

一体何のための映画なのか?全く理解できませんでした。

更に言うなら、なぜこの作品が脚本賞なのかもわかりませんでした。

本として読む分には、まあアリかなとも思いましたが(私は読まないけど)、

なぜこれを映画化するの?

フィンランドのイメージが激下がりでした。

たしかムーミンの国でしたよね、フィンランド・・・。

個人的な意見ですが、私にとって映画は見た後に気持ちがほっこりしたり、あるいはスッキリしたり、あるいはわくわくしたり、とポジティブなエネルギーをもらうための手段なんですが、

この手の映画は申し訳ないですが、見た後に何も心に残らず、何か見なくていい物を見てしまったような気持ちだけが残り、モヤモヤしてしまって好きではありません。

あまり酷評したくはありませんが、私としては

主人公の俳優さんの演技力だけが光った映画でした。

一つだけ良かったのは、久しぶりに夜の六本木のインターナショナルなエネルギーを感じられたことくらいでしょうか?

本当に久しぶりに六本木に行きましたが、本当に外国人比率が高いですね。

旅行者なのか?居住者なのか?どうなんだろう?

思わず「Youは何しに日本へ?」と聞きたくなりました。w

純粋に映画祭を見に来た人もいたんでしょうか?

残念なことに、それほど大きな映画祭ではないんですよね。もう少し日本映画業界は頑張って欲しいなと思います。

それでも特別審査員として、トミー・リー・ジョーンズさんもいらしていらしていたようです。メン・イン・ブラックエージェントKですね。

あるいは、サントリーのBOSSコーヒーのコマーシャルの宇宙人の方がわかりやすいかもしれませんね(笑)。

良い役者さんです。

スポンサーリンク

気分を上げるにはアメコミ映画?

何だか気分が重くなってしまうような映画を見た後は、アメコミ映画でも見て、スッキリさっぱりわくわくしたいです。

スーパーヒーロー系のアメコミ映画、私はけっこう好きです。

アイアンマン

マイティーソー

アベンジャーズ

Xメン

この辺りのシリーズは、笑いあり、恋愛あり、人としての成長も描かれていて、気分を上げるのには最適ですね。

後は、コメディ映画かな~。

コリン・ファースが出ている

キングスマン

は、続編も今度出るので、これは映画館に見に行こうかと思っています。

最近映画もゆっくり見ていないので、心のリフレッシュしたいものです。

やっぱり映画は楽しくないと!

Yuriでした。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい