ローマ大会2018決勝 ナダル VS A・ズベレフ 優勝はラファエル・ナダル!

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

ローママスターズ大会の優勝は・・・

やはりこの人

クレーキング ラファエル・ナダルでした!

スコアは6-1,1-6,6-3

このローマ大会の記事を書いている間、何度同じ言葉を書いてるんだろうと思いますが、本当にこの試合も決勝にふさわしい凄い試合でした。

試合が始まるまでは、サーシャがここまでクレーでナダルを追い詰めることができるとは考えていませんでした。

去年から急激に頭角を現し、あっという間にマスターズのタイトルを3つも取ったサーシャ・ズベレフですが、気性の激しさもあり、メンタルが安定するまでまだ時間がかかると思っていました。

グランドスラムであまり結果を出していないこともあり、私の中ではまだ評価はそこまで高くなかったのですが、今回の試合を見て考えを変えざるを得ませんでした。

サーシャ・ズベレフ凄いです。

ナダル VS ズベレフ 試合の流れ

第1セット

第1セットは意外にもサーシャがいきなりブレークスタートしました。あれ?っと思いましたが、すぐさまナダルがブレイクバックします。

そこからはアンタッチャブルなクレーキング降臨

いつものクレーのナダルです。あっという間にナダルが6-1でセットアップします。

この時点では、「あ~このままいつものように、ラファがストレートで優勝しちゃうんだな・・」とか考えてました。

第2セット

第2セットに入ると様相が一変します。

第1セットではナダルのショットに手も足も出なかったサーシャが、ついに対応し始めます。同時に鋭く強い、深いショットでリターンを返すので、逆のナダルのボールが浅くなり始めます。

特に、モンテカルロの錦織戦の時にも言及しましたが、サーシャのバックハンドの精度の高さが本当にすごい。自由自在にクロスとダウンザラインに打ち分けて、ドロップショットも打ってきます。

そのショットの多彩さと正確性で今度はナダルが振り回され、あっという間にサーシャから見て5-0に!!

ナダルですよ?クレーのマスターズの決勝ですよ?

とにかくサーシャのコートカバーが本当に広く、ナダルが打っても打っても走り回って全部拾います。そのリターンが全て精度が高く、全く甘い球になりません。

これには本当に驚きました。

クレーでナダルのショットを全部返しながら、攻撃もしてくるんです。

ジョコビッチか?と思いましたよ、本当に。

この後、ナダルは何とか1ゲーム取りますが、次のゲームをサーシャが取って6-1で第2セットを取ります。これでセットオールに。

第3セット

第3セットに入っても流れはサーシャのまま。ナダル相手に一歩も引かないどころか、第2セット同様どんどんナダルを振り回します。

押され気味のせいか、ナダルがベースライン後方に下がっているので、サーシャの強い深いショットに追いつくのがやっとになり、ショットは浅くなり威力も落ちていました。

雨が振り出しますが、試合は続行されます。それに対してサーシャがラファのサーブのブレイクポイントで、手を広げて文句を言います。(こんなに降ってるじゃんよ~って感じ)

このジェスチャーがラファのサーブのタイミングを止める形になったのは、ちょっとモヤっとしましたが、結局このポイントをサーシャが取って最初のゲームでブレイクします。

何てこと。マジでラファがこのまま負けそう。

その後雨が激しくなり、スコアが3-1と3-2の場面で試合はしばらくサスペンディッド(試合中断)になります。

あまりのサーシャの強さとショットの穴のなさに、錦織がどうやって勝ったんだっけな?と思わず自分の記事を読みにいってしまったw。

2018年モンテカルロ準決勝 錦織圭がサーシャ・ズベレフに勝利!決勝進出を決める!!

30分ほどの中断で試合は再開され、するとナダルがそれまでの戦略を修正して攻撃的なテニスでブレイクバック

これでまた勝負の行方は分からなくなりましたが、前に入って攻撃を始めたナダルのショットに、今度はサーシャがついていけなくなっているように見えました。

波に乗るナダルからスーパーショットも飛び出し、ついにナダルがブレイク!!

そして・・・

ナダルが優勝しました!!

優勝の瞬間はこちら。

スポンサーリンク

2018年のローマ大会まとめ

結局優勝はクレーキング・ナダルが手にしました。

あの雨による中断がナダルにとっては恵みの雨になりましたね。

サーシャ・ズベレフは凄かったです。

あのでかい身体で走り回って質の高いショットをバンバン打ち込むのを見ていて、少しデルポトロっぽい感じがしました。

まだ線は細いですし、ショットの質は大分違うんですが、でかいのに良く動けて精度の高い強いショットを放つタイプ・・・。

少し前までは王子様タイプと言われていた(今でも言われてますが)サーシャですが、すでに王子様を卒業して貫録も十分、皇帝みたいになってきました。(笑)

今後が楽しみです。

それにしてもナダルのクレーの勝率はとてつもないですね。

これで、モンテカルロ、バルセロナ、ローマと去年同様、今年のクレーシーズンで既に3つのタイトルを獲得しました。

残るは全仏。

今年はどうなるんでしょうね~。

またナダルが優勝するのか、復活してきたジョコビッチがもう一度全仏のタイトルを取りに行くのか?

あるいは錦織が悲願のグランドスラムのタイトルを取ることができるのか。はたまた同じく復活を目指しているバブリンカが完全復活を遂げるのか?

ついにズベレフやティームなどの若手が、TOPに登り詰めるのか?

(それだけはちょっと待って~w)

見所はいっぱいありそうです。

錦織はジョコビッチ戦が素晴らしかったので、全仏での活躍を本当に期待したいです。

手首のテーピングをしたままなのは気がかりですが、あれだけのプレーを見せてくれたんですから、大丈夫だと思いたいです。

観戦する方もこの1週間で体力をつけなければ(笑)。

Yuriでした。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい