ローマ大会2018 錦織は1回戦突破 次はディミトロフ

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriです。

マドリードの決勝レビューを書いたばかりなのに、もうローマ大会が始まっています。

マドリードオープン2018 優勝はアレクサンダー・ズベレフ!
マドリードオープンはサーシャ・ズベレフが優勝を飾り幕を閉じました。 サーシャの安定感は半端なかった。 対して...

錦織の1回戦の相手はスペインのベテラン、フェリシアーノ・ロペス35歳でしたが、無事にストレートで錦織が勝ちました。

スコアは7-6,6-4のストレートでした。

マドリードの悪夢から1週間、何とかまずは1勝してもらいたかったので勝って本当に良かったです。

試合を簡単に振り返ります。

錦織 VS フェリシアーノ・ロペス

第1セット

出だしはゆっくりしたペースで始まりました。フォアを多用してましたが繋いでいる感じで決めに良くショットは打っていないように見えました。

ファーストの確率が良くない。40%台?手首に巻いたテーピングが何だか痛々しい。

これ、本当に最近気になります。大きいステップが必要な時に細かく動くと間に合わないんだよね。以前奈良くるみちゃんも言ってたと思います。錦織のフットワークが小さくなってる気がするんです。

フェリのフォアからのドロップで何度もやられてるので、バックの方が良い感じ。

余裕かと思ったのに、気がつけばタイブレ。フェリロペのドロップショットが秀逸すぎる!

かろうじて第1セットを取りました。ほっ。

第2セット

第2セットは錦織のショットも動きも良くなってきました。

マドリードではジョコビッチが要求したら断られてましたね(笑)。

第2セットはいきなりブレイクスタート!

今日はバックハンドが冴えてました。

長いラリーを錦織が取った後にフェリロペが審判に抗議。どうやら錦織のショットが2バウンドだったらしい。ビデオで見ると、確かに2バウンドしてる。これでブレイクされてしまったフェリロペが可哀そうだった。

錦織がしっかりSFSを取って試合終了。

ストレートで勝ちました。

第2セット途中、フェリロペのサービスゲームで錦織がブレイクポイントを握った場面でのロングラリーがありました。

そのラリーの途中、フェリロペのドロップショットに錦織が走り込んで、そのリターンがノットアップ(2バウンド)だったのを審判が見逃して、結局そのポイントは錦織が取ってブレイクをした形になりました。

フェリロペはこのポイントに抗議しましたが当然覆らず、その後は怒って集中力が切れてしまったように見えました。ちょっと不運で残念でした。

結果的にこのポイントが錦織の勝利に大きく作用したことを考えると、複雑な気持ちになりましたが、まあよくあることなのでしょうがないですね。

それにしてもやっぱりホークアイは必要だと思います。

スポンサーリンク

2回戦の相手はディミトロフ

2回戦はディミトロフと当たります。

対戦成績は錦織から見て3勝1敗です。

この1敗は去年(2017年)のブリスベンの決勝です。

長く低迷していたディミトロフを生き返らせてしまったあの対戦です。

シーズン初めの大会でバブリンカをストレートで破り、これは今年は幸先が良いぞ!と思われた矢先、決勝でメディカルを取った後から失速し、準優勝に終わってしまった大会です。

あの対戦の後からディミトロフは調子を上げていき、結局マスターズを優勝し、ファイナルズの優勝まで手に入れました。

ディミトロフがキリオスを破って、マスターズ初タイトル! シンシナティ大会2017
波乱続きだったマスターズ、シンシナティ大会決勝戦は、 ディミトロフがキリオスにストレートで勝利、 マ...
ATPファイナルズ(Nitto ATP Finals) 優勝はグリゴール・ディミトロフ!
シーズン最終戦となる、エリート8だけが参加できる特別な大会、 Nitto ATP ファイナルズは これが初参...

反対に錦織は続くブエノスアイレス大会で決勝に行きつくも、今度もまた負けたことのなかったドルゴポロフに敗退、またもや準優勝に終わります。

その後も消化不良の状態が続き、マドリードでは手首の故障でジョコビッチ戦を棄権。ついには手首の腱の部分断裂でシーズンを途中で終えることとなりました。

錦織が右手首の腱の裂傷で今シーズンキャンセル!(追記あり)
Yuriです。 手首の怪我でシンシナティ大会を棄権した錦織でしたが、 その後、衝撃的なニュー...

負の連鎖の始まりは、そのディミトロフとの対戦だったかもしれません。

それまでは錦織はディミトロフに負けたことはなかったので、決して苦手には思っていないと思います。

今回はクレーです。今までクレーでは当たったことがないですが、プレースタイルから言っても錦織に分があると思います。

問題は、ずっと言っていますが、やはり手首の状態でしょう。

それさえ問題なければ、クレーで錦織が簡単に負けることはないと思っています。

去年の悪夢の始まりを払拭するためにも、ディミトロフには何としてもここで勝っておきたいです。

バルセロナとマドリードで稼ぐはずだったポイントを、ここでしっかり取って欲しいです。

そして、できれば勝ち上がれば当たる可能性がある、ジョコビッチにリベンジを!!

Yuriでした。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい

コメント

  1. aoiです より:

    試合中、1回フォアを打った後(リターンだったかな?)痛そうに手首を振ったシーンがありましたね。テーピング硬めなのは、痛みと予防と両方あるでしょうか。スピン量、プレー時間、土の変化への対応等(ローマは土が重いらしいし)、負荷は増大してもある程度の練習量はこなしていかなければならず難しいところですが、何とか先手でチャンスを取りきって手首に優しいストレート勝利で勝ち進んでほしいものですね。今後、錦織選手の試合日は雨が降りませんように…。

    • yuri より:

      クレーだとどうしてもスピン量を増やさざるを得ず、というところだと思うのでなんとか乗り切って欲しい・・・というか、乗り切るというような状態でMSやGSを優勝できるとは思えないので、本当に完治200%!にしてもらいたいんですが、どうなんでしょうね~実際のところ。

      もう怪我で途中棄権とか、MSの決勝でリタイヤとか、見たくないんです。

  2. youko より:

    こんにちは。ノットアップはフェリロペさんが気の毒でした。圭くんはわからなかったみたいですね。通常ポイントなら仕方ないと納得出来るでしょうが、BPだったので辛いですよね。あそこでプレーを止めていれば何とかなったでしょうか?

    圭くんのプレーに関しては「手首の状態」が全てのように思います。フットワークは確かに良くはないように感じますが、それでも復帰後に比べればずいぶん良くなっていると思います。手首のせいで身体のいろいろなところがバランス等、悪くなっていて試合をする事で改善していっているのだと思います。
    ただちょっと練習で無理をしすぎではないかと心配しています。モンテカルロに比べてもあまり楽しそうな感じがしないんです。圭くんの持ち味が出てきにくくなっているのではないかと、思ってしまいます。
    リラックスして楽しんでやってくれれば最強だと思うんですけどね。

    • yuri より:

      >リラックスして楽しんでやってくれれば最強だと思うんですけどね。

      これが出来たらたぶんNO.1になっていると思いますよ~。早くそうなって欲しいです。

      実際にはもう楽しめるほど挑戦者ではなく、TOP10に返り咲いてMS,GS取りたい28歳の元NO.4という立場を考えると、それなりに切羽詰まってると思います。錦織の場合、相手がBIG4なら楽しむ気持ちも生まれそうな気はしますが、以前は自分の方が上だった相手・・・というのは「負けたくない」という気持ちが大きいでしょうね。でもそういう気持ちを力に変えて勝っていかないと先がないと思うので、強い気持ちで自分をコントロールして頑張ってもらいたいです。

  3. まり子 より:

    昨日の試合まだ録画見てないのですが 勝って嬉しい⤴️

    “去年の悪夢の始まりを払拭するためにも、ディミトロフには何としてもここで勝っておきたいです”

    本当にそう思います❗️(your-sanの言葉 表現 ジャストです(#^.^#))
    Let’s go kei!

    • yuri より:

      インタビューでも「もう(勝てない)言い訳は出来ない」と言っていたので、勝っていただきましょう!

      • より:

        劇的な勝利でした。めちゃくちゃうれしいです。
        これで今年「トップ10からの勝利」3人目です。
        F・ロペス選手、ディミトロフ選手、とイケメンを次々倒す錦織選手
        (モンテカルロでもメドベーデフ選手・A・ズベレフ選手とイケメンを倒してましたし・・)
        イケメンキラーの名を進呈したい気分です。

        次はイケメンではないけど私の大好きなコーリィです。
        でもここはさすがに錦織選手を応援します。

        • yuri より:

          風さん、
          本当に劇的でしたね。
          まさに錦織劇場。
          ファンには辛いですが、勝って良かった。
          このまま全仏終わるまで快進撃を続けてもらいたいです。(笑)