錦織敗退、デルポトロはやはり強かった。ローマ3回戦レビュー

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriです。

残念ながら、錦織圭はデルポトロに敗れて4回戦には進めませんでした。

デルポトロ、やはり強かったです。

それでも、まだ、彼の全盛期には程遠い状態だと思います。

以前のデルポトロは、もっと強いフォアハンドを打ち、もっと動きも早く、本当に隙がありませんでした。

錦織もまた、万全ではなかったと思います。

本人談として「手首は全く問題なかった。」とのことですが、

先週、2014年には決勝まで行き、あのクレーキング、ラファエル・ナダルにほとんど勝ちかけた(1セットを取り、2セット目もリードしてたのに途中で怪我が悪化して棄権)、得意なマドリードの大会を棄権せざるを得なかったことを考えれば、

「痛みは出なかったから大丈夫。」程度のことで、100%完治したわけではないと思います。

それでも、痛みなく試合ができたことは、全仏に向けて好材料だと思います。

今回、錦織がデルポトロに負けたその敗因は、単純にデルポトロが強かったということだけではなく、もう少し複合的なものだと思います。

Embed from Getty Images

あえて敗因を探すとすれば?

1、手首の故障を抱えていたこと

これによって多少の不安が気持ちの中になかったとは言い切れません。

ましてや相手は、大砲のようなフォアハンドを持つデルポトロです。

まともにフラットで打ち合ったら、手首が壊されそうな気がしてもおかしくありません。

2、試合数が少ないことによる、試合勘の欠如。

今年の錦織は、去年や一昨年に比べると、明らかに試合数が少ないです。

同じローマ大会が終わった時点で、一昨年は38戦去年も37戦、戦っていますが、

今年はいまだ23戦しか戦っていません。

もちろん怪我があったので、やむを得なかったのですが・・・。

去年と一昨年は、途中にデ杯(デビスカップ)があったので、逆に試合過多?な感じもしましたが、実際には去年に関して言えば

マイアミ準優勝、バルセロナ準優勝、マドリッド、ローマともに準決勝

と、結果は出ていたので(負けた相手も、ジョコビッチに3回、ナダルに1回)、

怪我さえなければ、錦織は本来そのくらいの体力を持ち合わせているんだと思います。

*今年はシーズン最初の大会(ブリスベンでは決勝でディミトロフに敗れる)から、怪我を抱えていました。 怪我の心配なく、終えられた大会がいくつあったでしょうか?原因はわかりませんが、何とか万全の状態に戻してもらいたいものです。

元々錦織は、試合をしてないと不安になるタイプのようで、

よく「試合勘」について言及していることが多い気がします。

以前も試合をこなしてないから不安、という理由で(確かそうだったはず)、全米直前にウィンストン・セーラムの250の大会に予選から出場し、結局それが裏目に出て、全米では初戦で怪我してしまったこともあります。

悩ましいですね。

試合でしか培われない試合勘は、確かに重要だと思うのですが、錦織のように決して身体が丈夫とは言えないタイプは、限界を超えた瞬間に怪我につながってしまいます。

怪我を抱えたまま、グランドスラムのような2週間にわたり、5セットマッチを戦わなくてはいけない試合で、BIG4やバブリンカ、デルポトロのような、TOP5のポテンシャルを持つ選手に勝ち続けていくのは不可能に近いです。

グランドスラムで優勝するためには、2014年の全米の時のように、重大な怪我がなく、体調も万全、体力もあるような状態、いわゆるピークを大会に合わせることが必要だと思います。

なんせ、2週間の間に、全部で7回、中ボスに勝ちながら、ラスボスを3回ぐらい勝たないと優勝できません。そのラスボス(BIG4+デルポ、バブリンカ)はほとんど化け物級ですからねw。

スポンサーリンク

次は全仏!

↑エッフェル塔 (英語では”アイフルタワー”です)

と思っていたのですが、どこからともなく急きょジェノバの250の大会に参戦する、という噂が・・・。

試合勘に不安があるんでしょうね~。

怪我さえ平気ならいいのですが、すぐ後に全仏が控えているので少し心配です。

錦織ももう27才。今年28才になります。

決してもう若いとは言えない年齢に差し掛かってきていると思います。

何とか、この1,2年で大きな結果を手にして2020年の東京オリンピックでは金メダル候補として凱旋してもらいたいものですね。

とりあえずは、全仏での活躍に期待したいと思います。

Allez~!Kei~!!

Yuriでした。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい

コメント

  1. バスケ好き より:

    応戦(応援)のまちがえです。

  2. バスケ好き より:

    yuriさん、いや~私も同じように感じました。(デルポ戦)
    デルポトロが怪我をする前の錦織選手との対戦はやられた感が強く、うーんやっぱりデルポ強い、でしたが昨日の錦織選手の敗戦は仰る通りかと私も感じました。
    今のデルポは去年から様子を見ながらレベルを戻している過程。錦織選手も怪我明けで感覚を戻そうとしている。その中の対戦なので勝敗よりお互いどのくらいのプレーを見せてくれくのか?で見ていました。
    来週の参戦は仰る通り、過去に失敗しているので心配になりますよね。
    まあ応戦するしかないのですが。