錦織圭VSデルポトロ プレビュー(ローマ3回戦)

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

ローマ大会3回戦です。

相手はアルゼンチンのフアン・マルティン・デルポトロです。

試合開始時間は、何度も変更されていましたが、情報では、現地時間15:00からのスタン・バブリンカVSジョン・イズナーの試合が終わったあとに組まれているようです。なので、錦織の試合は日本時間の0:00位からではないかと思われます(前の試合の状況による)。

さて、デルポトロです。強敵です。

ここでデルポトロのことを少し紹介したいと思います。

フアン・マルティン・デルポトロってどんな選手?

これは去年のリオオリンピックのメダルセレモニーの時の写真ですが、一番左の選手です。

でかい!です。 マレーよりさらに大きいですw。

デルポトロは現在28才、錦織の一つ上で身長198センチ元世界4位で現在34位。

武器は長身から繰り出す強烈なサーブと、大砲のようなフォアハンドが武器の右利きの選手です。しっかり構えて、彼にフォアハンドを打たせたら、誰も取れないかもしれません。

私の中では、フォアハンドと言ったら、フェデラー(切れ味鋭いナイフか弾丸)かデルポトロ(大砲)だと思っています。そのぐらい破壊力があります。

2009年に弱冠20才でフェデラーを破って全米で優勝しました。実はその前の年の2008年には、同じ全米で錦織と対戦しています。

そうです。錦織ファンなら知っていると思いますが、2008年、錦織がプロになって1年目で出場した全米で、破竹の勢いで4回戦まで駆け上がったあの大会です。

あの時、錦織を4回戦で止めたのが、一歳年上のデルポトロでした。

そして、その時の3回戦で錦織が勝った相手が、昨日錦織と対戦したダビド・フェレール、当時世界4位で26才(たぶんw)、絶好調だった世界4位の誰もが知るフェレールを、出てきたばかりの、まだ少年のようなアジアの選手、われらの錦織がフルセットの末に破ったのはテニス界において、ビッグニュースになりました。

 

今回、時も、場所も、立場もこの10年で大きく変わりましたが、同じ組み合わせでの対戦になります。

今やTOP10選手として定着した27才の錦織圭は、10年前とは逆の立場で上位シード選手として、35才になったフェレールを退け、以前は全く勝てなかったデルポトロとクレーで初めて対戦します。

対戦成績は、錦織から見て、1勝4敗です。負け越しています。

このうちの1勝は去年の秋のバーゼルの大会でもぎ取ったものです。

デルポトロが怪我をする前は、錦織は一度も勝てていませんでした。

前の投稿のキャリア勝利数を見ていただければわかるように、

錦織圭、フェレールにまたも快勝!マスターズローマ大会2回戦突破
やりました! 錦織勝ちました! 今回もフェレール相手に圧勝でした。 無事、3回戦進出です。 ああ...

怪我をする前のデルポトロは本当に強かったです。

怪我をするまでの20才から25才の約5年間で、

優勝17回マスターズでも3度決勝に行っています。

2013年は楽天オープンでミロス・ラオニッチを破って優勝しましたね。

まだ記憶に新しいです。

あの頃のデルポは本当に強かった。このままいけば、NO.1も時間の問題と思われていました。そんな絶頂期での手首の故障でした。

結局複数回の手術を余儀なくされ、去年ようやく復帰してきましたが、一時はこのまま引退に追い込まれるかもしれないと、ファンも本人でさえも思っていました。

しかし、ふたを開けてみれば、全盛期の状態には戻っていないにしても、

ウィンブルドンではスタン・バブリンカを破り

リオオリンピックでは、一回戦でジョコビッチを破り、そのまま決勝まで言って銀メダルを獲得(錦織はナダルを破って銅メダル)。

決勝ではマレーに負けましたが、どっちが勝ってもおかしくないような試合だったと思います。

全米オープンでも、フェレールやティームという強豪にことごとく勝ち、準々決勝で大会優勝者のバブリンカに負けましたが、皆に、

” デルポ復活 ” を大いに印象付けたと思います。

さて、そんな ”眠れる巨人、デルポトロ”と、数時間後に錦織圭が対戦します。

クレーではいまだ対戦がない二人なので、どうなるかとても楽しみます。

予想は外れると嫌(逆フラグになりたくないw)なので、あえて希望を。

クレーでは、ラオニッチ同様、デルポの武器が通用しにくいと思っています。土がスピードとパワーを吸収するので、ハードコートや芝のコートよりも錦織がリターンできる確率が上がるはずです。ストローク勝負なら、錦織は誰にでも勝てる可能性があります。

なので、手首が大丈夫かどうかだけが心配ですが、

問題がなければ、錦織の方に分があると私は思っています。

できれば優勝を期待したいです。

頑張れ!錦織!

Yuriでした。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい

コメント

  1. バスケ好き より:

    他のブログでこちらの紹介があったので、よらせていただきました。
    私も長い事システム開発を生業とさせていただいておりまして、親近感がわきました。
    よろしければこれからもよらせていただきます。

    • yuri より:

      ありがとうございます。まだ始めたばかりですが、色々な事を書いていこうと思っています。いつでもお立ち寄りください。