ウィンブルドン2018ドロー発表 展望と1回戦の見どころ

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriです。

全仏の閉幕と共にクレーシーズンが終了し、期間の短い芝のシーズンが始まっています。明日からはついにウィンブルドンが開幕します。

もう本戦ドローも発表されました。

また、ウィンブルドンを前に何人かの有力選手が怪我による棄権を発表しています。

残念だったのは、去年のセミファイナリストトマーシュ・ベルディヒが背中の怪我の影響で棄権。去年錦織を破ったバウティスタ・アグートも直前の大会で転んだ時の怪我の影響か?やはり棄権を余儀なくされました。

ベルディヒさん・・・涙。

他にも棄権している選手がいますが、早い回復を祈りたいです。

ということで、ざっくりとドローの展望と1回戦の見どころです。

ウィンブルドン2018のドロー展望

今年のウィンブルドンはロジャーフェデラーがNo.1シードで、ナダルがNo.2シードです。

ランキング上はナダルがNo.1ですが、ウィンブルドンだけは独自のシードが存在します。これにはどれだけウィンブルドンで強いか、という事が考慮されるようです。

これに対しての賛否両論はあるでしょうが、これも歴史あるウィンブルドンの伝統の一つなので私は良いと思います。

たった1か月しかプレーできない芝の上で強さを発揮し続ける選手をシード上では優遇することに、私は何も異議はありません。

トップハーフのドロー

フェデラーがいるトップハーフに入った他の有力選手と日本人選手

  • マリン・チリッチ
  • グリゴール・ディミトロフ
  • スタン・バブリンカ
  • ミロシュ・ラオニッチ
  • ボルナ・チョリッチ
  • サム・クエリー
  • リシャール・ガスケ
  • ケビン・アンダーソン
  • ステファノ・チチパス
  • 西岡良仁
  • セルゲイ・スタコフスキー

何と、去年の準優勝者チリッチ一昨年の準優勝者ラオニッチはフェデラーと同じトップハーフに入ってしまいました。

ラオニッチはまだ怪我が治り切っていないようなので、ベストパフォーマンスは期待できないのではないかと思いますが、チリッチは絶好調です。

更には去年大活躍でSF行ったクエリーと、先日のハレ大会でフェデラーを破って優勝したチョリッチもいます。WC(トイレではありませんw)ワイルドカードで去年錦織と対戦したスタコフスキーも!

去年書いた渾身の記事を良かったらどうぞ。

錦織圭の2回戦の相手は因縁の?スタコフスキー ウィンブルドン2017 2回戦プレビュー
Yuriです。 さっき、昨日の杉田と太郎ちゃんのレビュー記事を書いたばかりなのに、 超忙しい...

芝巧者が集まりまくってる印象ですね。

しかしながら、それぞれがフェデラーに当たる前に壮絶な潰し合いになってしまいそうです。

ボトムハーフのドロー

こちらはナダルがいる方です。錦織も入っています。有力選手はこちら。(順不同)

  • ノバク・ジョコビッチ
  • アンディ・マレー
  • サーシャ・ズベレフ
  • フアン・マルティン・デルポトロ
  • ドミニク・ティーム
  • ニック・キリオス
  • ダビド・ゴファン
  • カイル・エドマンド
  • 錦織圭
  • 杉田祐一
  • ダニエル太郎

ええっと・・・💦

トップハーフに芝魔人が集まってる?とか思いましたが、ボトムハーフは元々の実力者だらけじゃないの!

復活をもくろむジョコビッチとマレーを筆頭に、サーシャにデルポトロ、キリオスと本来の力を発揮したら優勝もありえそうな面々がずらり。

BIG4のうち3人がボトムに!

この中に錦織と杉田とダニエルが入っています。

番外として、去年注目を集めたバーナード・トミックもここにいます。彼本来の力はTOP20ですし、芝は彼の得意なサーフェスなので伏兵ですね。

一体どうなる事やら・・・です。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

スポンサーリンク

1回戦の見どころピックアップ

ここからは1回戦の個人的な見どころをピックアップしたいと思います。

トップハーフ

ディミトロフ VS バブリンカ

何てことでしょう!バブリンカがランキングを200位台に下げてノーシードとなっていることで、こんなカードが1回戦から組まれてしまいました(涙)。これこそ迷惑ノーシードです。どちらのファンも嘆く様子がツイッターのタイムラインに流れていました。

二人とも片手バックハンドの選手で、芝でも強さを発揮する選手だと思います。どちらかと言えばディミトロフの方が芝でタイトルもありますし、ウィンブルドンのベスト4にも入ったことがあるので優位な気はするのですが、最近調子をかなり落としているように見えるので、復活途中のバブリンカとどちらが強いか、とても微妙な気がします。

大舞台に強いバブリンカが勝つか、ディミトロフが調子を上げてこれるのか、めちゃくちゃ楽しみな1戦です。

ガスケ VS モンフィス

こちらはフランスの実力者同士が1回戦で対決です。厳しい・・・。

モンフィスが怪我がちなことで、ランキングが41位になりシードから外れてしまったためですね。ちょっと前にTOP10に返り咲いたと思っていたのに。

モンフィスのアクロバティックなプレーな魅力ですが、芝の上ではちょっと怖いかも。ガスケは芝で強いイメージがあります。順当に行けばガスケかな。

チリッチ VS 西岡

これはもう、よっしーに大アップセットを期待してしまいます!!!

相手は去年の準優勝者で、実質2番目の優勝候補と目されるチリッチ!全仏のベルダスコ戦で見せたような、ガッツあふれるプレー、粘り強く最後まであきらめないプレーでチリッチに勝って欲しいです。

誰もが称賛した西岡のプレーを是非また見せてもらいたいです。

ボトムハーフ

ティーム VS バグダティス

全仏ではナダルと決勝を戦ったティームですが、芝はどうやら苦手なようです(そう見える)。というか、ティームはクレー以外ではいまいちパッとしていません。確かにクレーで強いですが、そんなに他のサーフェスを苦手にするタイプには見えないんですが、何でなんでしょうね?

対戦相手はバグダティスです。彼も年齢や怪我と戦っていますが実力者です。彼に勝てるかどうかでティームの評価も変わってきそうですね。

マレー VS ペール

超迷惑ノーシードのアンディ・マレーは曲者で実力者のペールと1回戦で戦います。マレーは先日の大会を見る限り、大分復活してきているように見えました。手術した個所も痛みなどはないようですので、後は試合勘でしょうか。

ペールは・・・よくわかりません(笑)。良くも悪くも波がある曲者(すみません、誉め言葉ですw)なので、予測ができません。芝で活躍したイメージはあまりないんですが。

本来は当然マレーが有利なので(元チャンピオン)、結局はマレーの状態次第というところでしょうか。

追記:残念ながら、マレーの棄権が発表されました。代わりにラッキールーザーが入ります。

ジョコビッチ VS サンドグレン

ジョコビッチは全豪で活躍したサンドグレンと当たります。いまだ完全復活とまでは言えないジョコビッチですが、ローマ、全仏、ロンドンと徐々に王者の雰囲気が見え始めてきたように思います。

テニスファンの一人としては、やはりジョコビッチにはまだまだ強くいて欲しいと切望しています。

そんなジョコビッチが勝ち上がると錦織と当たる可能性があります。錦織ファンとしては嫌なイメージは当然ありますが(ほとんどトラウマですw)、それでも、お互いそこまで言って顔を合わせて欲しいと思います。

フォニー二 VS ダニエル太郎

フォニーニは強いです。強いですがペール同様波があり、芝で活躍した記憶は私にはありません。太郎ちゃんは以前はクレーコーターな戦い方をしていましたが、最近かなり攻撃的なテニスをするようになってきました。

芝の大会ではまだあまり結果が出ていないと思いますが、太郎ちゃんの飛躍の一歩として何とか食らいついて勝利を掴んでもらいたいです。

錦織 VS ハリソン(弟)

錦織の1回戦の相手は、ライアン・ハリソンの弟のクリスチャン・ハリソンです。予選勝者です。何度も怪我や病気と闘いながらこの舞台にやってきた選手らしいですが、錦織も自分を取り戻すための旅路の途中です。負けるわけにはいきません。

とにかく勝って!!それだけです。

杉田 VS クラン

相手選手のことはよく知りませんが、杉田は勝たないといけません。得意の芝のサーフェスでウィンブルドン。先週のアンタルヤで失ったポイントを取り戻し、出来れば次のカイル(たぶん)と当たりたいです。

杉田もここは正念場。まずは1回戦、しっかり勝ち切って欲しいです。

ということで、もうすぐ始まるウィンブルドン!

優勝候補は、もちろん

ロジャー・フェデラーです!

ハレ大会では、2週連続の試合とW杯観戦の疲れも重なり、決勝でチョリッチに負けてしまいましたが、ウィンブルドンではまさか、W杯を見て寝不足・・・なことはしないだろうと思われ(期待してw)ますので、良い試合が見れるのではないかと思っています。

W杯と重なって、スポーツ観戦が好きな人間には体力的につらい日々となっていますが、健康に気をつけて楽しみましょう!

サッカーも決勝トーナメントおめでとうございます!!

日本、頑張れ!!

Yuriでした。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい

コメント

  1. ゆうた より:

    yuriさま
    先に思いっきりトピずれですが、フィギュアスケートの高橋大輔「選手」の現役復帰の件、SNSを一切やらないのでここにコメントする事をお許しください。m(__)m

    昼にこのニュースを見てビックリしました。故障も抱えていたのも素人ながら知っていましたし、ソチ五輪で区切りをつけられたのかなあって勝手に思っていた程でしたから・・・

    しかし、個人的には復帰は大賛成です!
    結果云々では無く真摯にスケートに向き合う姿を見せてくれたら、それだけで素晴らしい事だと思いますから。

    最後に質問ですが・・・
    コーチや拠点の選定そして実際にどれくらいのパフォーマンスが出来るのかなど「不確定要素」が満載ですが、復帰演技終了後に某武将の末裔の「あの方」が号泣される姿だけは「確定要素」として頭の中に鮮明に浮かんでしまう私って、おかしいでしょうか?( ̄▽ ̄)

    • yuri より:

      ゆうたさん、私はフェデラーと錦織に出会ってテニスに夢中になる前は、フィギュアに夢中な人でした。特に高橋大輔のスケートに魅せられた人間なので、今回の復帰はただただ嬉しいです。彼の思うようなスケート人生を歩んでもらいたいです。

      織田君は間違いなく号泣するでしょう(笑)。解説できなくなるんじゃないかと今から危惧しています。