ワシントン大会(2018)錦織はシャポバロフにストレート勝利!次はサーシャ・ズベレフと!

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

ワシントン大会3回戦、

錦織はシャポバロフにストレート勝利!

準々決勝に進みました!

スコアは7-6,6-3でした。

アカプルコでのスイートリベンジを果たしましたねw。

ワシントンは相変わらず天候が不安定で、錦織の前の試合では雨による中断がありましたが遅くならずに終わって良かったです。

とは言え、錦織とシャポバロフの試合後に行われた、マレーとコピルの試合が終わったのは夜中の3時だったそうです・・・。

錦織 VS シャポバロフ

ざっと試合を振り返ります。

第1セットはお互いにサーブをキープする展開で進んでいきました。

2回戦でも書きましたが、錦織のサーブが安定しています。これが一番安定したプレーができている要因ではないかと私は思いました。

自分のサーブで主導権がしっかり握れているので、サービスキープにあまり不安を感じませんでした。

シャポバロフも良いプレーはしていたと思いますが、時折見せるきらりと光るショットは錦織が多かったと思いますし、錦織のサービスゲームが隙がないので、徐々にシャポバロフが崩れていったように見えました。

錦織が押している形でのキープキープでセットポイントも握りましたが、シャポバロフも踏んばってキープ!

タイブレークに突入します。

タイブレークに入ると、錦織はその粘り強さで最初の危ないポイントをキープするとその後は錦織の安定感が増していき、あっという間にセットポイント。

第2セットに入っても、錦織のプレーは安定していました。無駄なミスはほとんどなかったと思います。

錦織のサービスゲームも攻略できず、自分のサーブでは押し込まれるシャポバロフは、次第にその焦りからかプレーが乱れていきます。

どこに打っても錦織から良いリターンが返ってくるのを嫌って迷いが生じたか、痛恨のダブルフォルトで錦織にブレイクを許してしまいました。

そのままの流れで、最後もブレイクして試合終了~!

Rock solid Nishikori (岩のように安定感のある錦織)

が帰ってきましたね~。

素晴らしい勝利だったと思います。

ATPのツイッターからも

” ’A’ performance  ” (素晴らしいパフォーマンスの意味)

頂きました。

ハイライトはこちら

スポンサーリンク

その他の試合

サーシャ・Z VS ミーシャ・Z

楽しみだった兄弟対決は、本当に楽しかったです。(笑)

試合はちょっとずつサーシャが最後のショットで上回る形で進んでいきましたが、ミーシャのプレーも素晴らしかったです。

特に第2セットでは、ミーシャのスーパープレーが飛び出してポイントに結びつけますが、点を取られても嬉しそうなサーシャ。

二人の兄弟愛に、こちらも顔がほころんでしまいました。

結果はサーシャのストレート勝ち。

試合後に2人で長いハグと笑顔が印象的でした。

ハイライト

マレー VS コピル

試合はまだ見れていませんが、マレーはまたもやフルセットの3時間!という試合になったようです。

何でも試合開始が0時で終わったのが3時とか・・・OMG.

壮絶な試合を勝ち切ったマレーが号泣しているシーンがありました。

怪我から復帰していくつか試合をこなしたものの、ホームのウィンブルドンは棄権。

元No.1でありながら、現在800位台というマレーの今の状態を考えると、彼の思いが伝わってきますよね。。。涙

マレーにはこの後も頑張ってもらって、決勝まで行って欲しいです。

(で、錦織が優勝~!を希望しますw)

スポンサーリンク

準々決勝組み合わせ

サーシャ・ズベレフ VS 錦織圭

ここは去年のリベンジ!

錦織に頑張って勝っていただきましょう!

ダビド・ゴファン VS ステファノ・チチパス

ゴファンが頑張ってくれてて嬉しい。

チチパスも安定して勝ち上がってきますね。どちらが勝つのか楽しみです。

アレックス・デ・ミノー VS アンディ・マレー

ここまで来たら、マレーに勝ってもらわないと!!

体力回復がキーになるでしょうね。頑張れアンディ!!

デニス・クドラ VS アンドレイ・ルブレフ

すみません。全然見ていませんでした。

ルブレフってあまり試合を見た覚えがないのですが、けっこう勝ってますよね?

ロシアの若手の中ではハチャノフとルブレフがけっこう頑張ってる感じがします。

ということで、

まずは錦織!!

是非ともサーシャに勝って、準決勝に進んでもらいたいです。

Yuriでした。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい

コメント

  1. より:

    現在の実力的にはサーシャ選手の方が上だと思います。残念ながら・・。でも錦織選手は自分より強い相手に勝つことができる選手です。それが可能なのは彼独自のテニスセンスが発揮できた時だと思っています。そういう試合も過去にもいくつもありました。「薬を飲む状況」はその「テニスセンスを発揮できにくい状況でもあった」と私は解釈しています。錦織選手自身が「心配ない」と言ってたみたいなので少し安心しましたが、最近薬を飲まざるを得ないことが多くてちょっと気がかりですね。

    杉田選手がまたしても負けてしまいました。ここのところ全然勝てないのでスランプに入ってる感じがします。この方のことは心配しています。ティーム選手に勝ったときはいい感じにプレイが戻って来たと思ったんですが・・・。
    テニスを見ているとどこか噛み合わせが良くない感じがします。
    肝心なところでミスも多いし、粘りがなくなっていますね。
    昨年はぎりぎりのところで粘りがあって、それが先に相手のミスを引き寄せていた様に思います。今年は逆に粘れなくて先にミスしてしまう展開になってる。早くスランプを抜け出してほしいと願っています。

    • yuri より:

      錦織はトロントでは1回戦敗戦・・・残念でしたね。多くは語るまい、と思ってはいますが、心配が杞憂に終わることを願っています。

      それより心配なのは杉田です。今シーズンは本当にどうしちゃったんでしょうね。力はあることを去年証明しているので、問題は怪我かモチベーションか・・・良いアドバイザーやコーチと巡り会って欲しい気もしますが、本人の気持ちが一番かなと思います。復活して欲しいですね。

  2. まり子 より:

    ( -。-) =3ため息
    負けてしまった……(ゴハン君も)
    そして次のドローも厳し(。>д<)
    薬を服用してたようですが
    大事にならないよう願います(*´-`)

    マレーも棄権しましたね!
    まぁ 深夜に試合していては
    誰でも悲鳴かもです
    まして ケガから復帰途中なら尚更かとも……
    マレー 本当にイージーミス 多い
    大声で苛立ち や鼓舞するような叫びは
    hearingが出来ない私でも幾つか聞き取れましたです。
    なので あの涙は
    もらい泣きでした。
    (年取ると 涙腺緩もありますが
    こちらの方が大かな《*≧∀≦》)

    yuri-sanのワシントンの総括ブロ
    グを楽しみにしてます!

    • yuri より:

      まり子さん、錦織はサーシャに負けてしまいましたが、テニス自体は悪くないと思いました。気になるのは薬を飲んだことですが、ここからマスターズ2大会と全米があるので調子を上げていってほしいですね。マレーの号泣にはこちらも号泣しました。何とか回復して元の強いマレーに戻って欲しいです。ジョコも復活したのでまた面白くなってきそうです。何とかここに錦織がしっかり絡んで欲しいですよね!