【シャムにゃん闘病記】シャムにゃん、日帰り入院3日目 肝リピドーシス? ここまでの治療費

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuri(@yuri_lovesiames )です。

5月1日から始まったシャムにゃんの肝臓の治療は7日目に入りました。

今日は、一昨日から始めた日帰り入院治療の3日目です。

シャムにゃんは頑張っています。

5/4に黄疸に気づき翌日の血液検査でT-Bil(ビリルビン)の値が5.6まで上がっていたため、積極的な治療に切り替えることにしました。

最初の4日間は毎日通院でしたが、5/5の午後から日帰り入院治療をお願いしました。

これにより、治療内容が

病院・・・毎日通院で皮下点滴

家・・・・私が投薬💊朝晩2回とスポイトによる強制給餌3~4回以上

病院・・・日帰り入院で半日静脈点滴+ステロイド、プリンペラン💉、強制給餌3回

・・・・私が投薬💊朝晩2回とスポイトによる強制給餌2回~

このように変わりました。

肝リピドーシスの可能性

以前の記事にも書いたように、実際の病名は肝生検検査をするまでわかりません。

ですが、今までの経緯を考えると、肝リピドーシスの可能性は十分あるという先生の見立てでした。

もちろん、胆管炎や膵炎など、他にも併発してる可能性もありますが確定はできません。

また、シャムネコやアビシニアンに多いと言われる肝アミロイドーシスの可能性もないとは言えないかもしれません。

でも2~3カ月の間にも少しずつ食欲が落ちていたことと、病院に連れてくる数日前からガクンと食べる量が減ったことで明らかに栄養が足りてなかったことは事実。

体重も5.3kg位をキープしていたのが、3月には4.9kgにまで落ちており、一旦5.1kgまで戻すも今回連れてきた時には4.7kgまで落ちていました。

現在は4.5~4.6kgです。

これで元々どうにか頑張っていた肝臓に負担がかかり、肝リピドーシスに移行したことは十分あり得ると思っています。

せめてあと2,3日でも早く連れて行けば・・・。でも所詮タラレバです。

でも原因が何にせよ、麻酔をかけるような外科的処置をするつもりがない以上、今は今できる最大限の内科的な治療と強制給餌による栄養補給をしていくしかありません。

昨日の血液検査では、T-Bil(ビリルビン)の値は高止まりの5.5でした。前日が5.6だったのでそこから悪化はしていないと思っていいのでしょうか?

これで少しずつでも治療の効果が出て徐々に良くなっていく・・・

そう信じたいです。

実際、シャムにゃんもおうちに帰ってきてからも悪化している様子はなく、足元はふらつきますが、ご飯(i/d缶)も2回、最低限のノルマの1/4缶をほぼ食べさせることができました。

ステロイドの影響でのどが渇くようで、自力でお水を何回も飲んでました。

心配なのはトイレ事情。

病院ではしたくない!と我慢してしまっているようで、家に帰ってくると何度もトイレに行きます。

大丈夫なのかな💦?

スポンサーリンク

日帰り入院は本当に助かる

今回日帰り入院を選択したことで本当に助かっています。

治療も静脈注射での点滴で今できる最大限のものになり、嫌がる強制給餌も3回もやってもらえます。🙌

これが本当に助かる!

強制給餌ってすごいストレスになるんですよね、飼い主と飼い猫の双方にとって😿。

嫌がるにゃんを押さえつけて無理やり口の中にスポイトでご飯を注入するので、にゃんこにとっては

飼い主 = 嫌なことを1日に何回もする人 → 嫌い

という刷り込みがされてしまいます。 (´;ω;`)ウッ…😢

私は慣れているので、けっこう上手にあげることができてると思いますが、それでも初日は無理させてしまって、最後には私の顔を見るだけで恐怖で?よだれが出るようになってました。

それが1日5回の強制給餌のうちの3回を病院でやってもらえることで、私は2回だけ何とか失敗しないようにやってあげればいいので、本当に楽です。

昨日は2回とも難なく飲み込んでくれて、どうにも嫌がる前に終わらせることができました。ε-(´∀`*)ホッ

何より、私の負担が減ったことがお互いのストレスを減らしてくれてると思います。

これが一日中私が家で見張りながら、ご飯をもって追いかける・・・なんてことになると、本当にお互いが消耗してしまいますからね。

ありがたいことです。

でも、当然ながら治療費はかかります。

スポンサーリンク

この1週間のシャムにゃんの治療費

治療費まとめ(百円単位は省略、再診料毎回540円含む)

  • 5/1・・・15,000円(血液検査と点滴と薬ウルソとフラジール)
  • 5/2・・・4,000円 (点滴と薬セレニア)
  • 5/3・・・5,000円 (点滴とi/d缶)
  • 5/4・・・5,000円 (同上)
  • 5/5・・・15,000円(日帰り入院の総額+血液検査)
  • 5/6・・・16,000円(同上、薬セレニア4日分)

こんな感じです。

ここまでで約6万円かかっています。💸

今日も日帰り入院中ですので、血液検査はないとしてもおそらく10,000円~はかかるでしょう。(日帰り点滴、注射、強制給餌3回で約1万かな)

でもそのおかげでずっと静脈注射で薬を入れることができます。治療効果は全然違うと思います。

ちょうど1週間、1日当たり1万円かかる計算です。

これがまだまだ続きます。

後は、シャムにゃんの回復具合によって、日帰り入院を通院に戻せるのがいつなのか?ということを探っていきながらの治療になります。

先はまだ見えません。

見えませんが、とにかく今は最大限の治療で光を見出したいと思っています。

お金の問題なんて、シャムにゃんの命と天秤になんてかけられるわけがありません。やれるとこまで悔いのないようにやるだけです。

いざとなったらシャムにゃんが治った後に、私が仕事を増やして働けばいいんです。

今朝も自分でお皿から、セミントラを混ぜたミャウミャウクリーミ―を全部食べてくれました。\(^o^)/

シャムにゃんは確実に踏みとどまって生きようとしています。

下僕がここであきらめるなんて、できるわけがないじゃないですか。

20年も一緒に過ごして、いつでも私や家族の支えになってくれて、娘の成長もずっと見守ってくれてたシャムにゃんが、本当の寿命を全うできるまで、私達家族も頑張ります。

私はシャムにゃんの寿命はまだまだ先だと本当に確信しています。

頑張るよ、一緒に頑張ろうね、シャムにゃん。

Yuri(@yuri_lovesiames )でした。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい