【シャムにゃん闘病記】 シャムにゃんゆるゆる回復中 病名は三臓器炎?

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuri(@yuri_lovesiames )です。

前回記事

シャムにゃんの治療経過 下痢に苦しんだ10日間、そして数値は大幅に改善傾向に!!🙌
Yuri(@yuri_lovesiames )です。 前回記事から10日近く経ってしまいました。 ...

を書いてから、かなり時間が経ってしまいました。

1カ月以上毎日シャムにゃんのお世話をしながら、自分も風邪→気管支炎になってしまって、もう生きてるのが精一杯…😿😢な日々を送ってました。

でも!

シャムにゃん頑張っています!

少しずつですが、明らかに回復していると思います!

ね?可愛い顔してるでしょ?💛

病名は三臓器炎?

実際のところ、何度もこのブログでも書いているように、組織を切り取って”肝生検”をしない限りは確定診断はできません。

でもシャムにゃんの症状や元々の状態、薬に対する反応(ステロイドが有効)を見て判断すると、「三臓器炎」の可能性が高いのかもしれません。

三臓器炎とは、

  • 炎症性腸疾患(IBD)
  • 胆管肝炎
  • 膵炎

これらが同時に起こる病気だそうです。

「肝リピドーシス」も疑いましたが、こちらはこれ単体の病気ではなく、元々の三臓器炎から今回併発した可能性があるということのようです。

どちらにしても、全ては推測による診断になります。

そしてこの三臓器炎の治療に一番効果があるのは、ステロイドだそうです。

何となく免疫疾患に近いのかもしれません。

シャムにゃんは元々アレルギー体質っぽいところもありましたし、小さい頃から慢性的にGPTは高かったので、今までもステロイドの少量投与でGPTが下がり、その状態で3年位炎症を抑えていた経緯もあります。

今回、何らかの原因で炎症が大きくなり、膵炎を発症し、このような状態になったのかもしれません。

スポンサーリンク

血液検査の推移と投薬状況

前回記事を書いてから2週間が経ち、シャムにゃんの容態も少しずつですが回復に向かっているように見えます。

とはいえ年齢が年齢ですし、何と言っても20歳越えでGPTが1000オーバー、さらに黄疸まで行ったので、回復したことも奇跡✨・・・( ;∀;)。

この間も血液検査を何回かして経過を見ていますが、やはりそう簡単には数値は元に戻りませんね。

血液検査の結果

現在のシャムにゃんのGPTは300~400をうろうろしています。

5月24日の検査では285まで下がっていたのですが、5月30日には3986月6日には363とまた少し上昇しています。

GOTも同様に74まで下がっていたのが、123→121とまた少し高くなっています。

ただ、体調は明らかに良くなり、具合悪そうにすることもほとんどなく、毎日穏やかに過ごせているのを見ると、ゆっくりと回復してるんだろうなあと確信しています。

元々治療中だった腎不全についても、今回の治療で点滴しまくったせいか(笑)、BUNが以前と比べると50~60→40前後、Creが3.4→2.5前後と、かなり改善していて良かったです。

現在は3~4日に1回のペースで点滴をしてもらいながら投薬で様子を見て、1週間に1度位の血液検査でチェックしている状況です。

この2週間は結局下痢がなかなかおさまらず、治ったかな~と思うとぶり返しての繰り返しで、シャムにゃんの体重も落とさないようにするのが精一杯でした。

とにかく何が原因で下痢になってしまうのかが本当にわからなくて、1つずつ排除して確認する日々です。

何となくカリカリに混ぜた銀のスプーンかな?とか、吐き気止めのプリンペランは胃腸を動かすのでそのせいかな?とか、・・・etc

でも、ようやく2,3日前に下痢が止まり(たぶん💦)、この状態を何とか保ちながらここからは栄養と体力をつけて、しっかり回復させたいです。

現在の投薬状況

現在シャムにゃんが飲んでいる薬一覧

  • ウルソ
  • グリチロン
  • フラジール
  • フェロベリン(下痢が完全に止まったら止める)
  • ミヤBM

以上の薬が朝晩1日2回で、ステロイドは2.5㎎(5㎎錠の半分)を1日1回あげています。

腎不全にはいつものセミントラ

最近は食欲不振の改善のために、

  • セレニア(吐き気止め)
  • リフレックスかペリアクチン(食欲増進剤)

を状況に合わせて使っています。

リフレックスは今まで2回あげましたが、挙動不審になる割には効果が薄い気がしたので、ペリアクチンを試してみたら、嘔吐を繰り返して大変なことに!!

どうやらシャムにゃんには通常量(1回1/2錠)でも量が多過ぎたようで、今回(6月7日)1/4錠にしてみたらそれでも食欲はかなり出て、十分な効果を得られました。

あとは吐かないでくれ…と祈るだけです。

*追記:1/4で大丈夫でした!効果も1度あげただけで2,3日継続しました。1/8も試してみましたが、その時は効果がありましたが半日で切れてしまったので、様子を見ながらたまに1/4をあげる感じで行こうと思います。

プリンペランが下痢を誘発しそうなことを考えると、吐き気止めはセレニアになるんですが、連続使用は5日間と決まっているようで、その後は休薬期間を48時間~取らないといけないらしいです。

まあでもそこまで厳密ではないようなことを獣医さんは言ってましたが・・・。

ただ、この薬が高い!泣

シャムにゃんがお世話になっている動物病院では1錠で500円で処方されました。1回に1/2錠です。しょうがないですけどね。

何となくですが、シャムにゃんは薬の効きが良すぎる体質みたいな気がします。

ステロイドもかなり少なめの量で効果が出てましたし、薬の反応も個体差があるので注意深く観察しないといけないです。難しいですね。

スポンサーリンク

シャムにゃんの頑張りとリハビリ

でもまずはここまで回復したシャムにゃんの生命力に拍手👏したいです。

あと私の頑張りにもw。

シャムにゃんは本当に頑張ってくれました。

日帰り入院1週間、黄疸、投薬、強制給餌、下痢、吐き気、食欲不振・・・

どんなにかストレスだったろうと思うと涙が出ます。まだ終わってないけど。

もちろん数値を見ればまだまだ全く油断はできない状況は続いていますし、吐き気や食欲も薬で何とかコントロールしている状況なので、何とかここから更に回復してくれることを願って頑張っていきます。

最近は1日おきくらいに夜中のマンションの廊下(誰もいないことを確認w)を散歩して、リハビリをしています。

このリハビリ散歩のおかげか、シャムにゃんは日増しにスタスタ歩くようになり、階段の上り下りの足取りも軽くなってきました。

この年齢で落ちた筋肉を戻すことは容易ではありませんが、シャムにゃんが嫌がらないうちは、できる範囲で頑張らせてあげたいと思っています。

というか、シャムにゃんにとってはこのわずかながらの外散歩が刺激になって、生きる気力を取り戻す一因になったと思っています。

やっぱり一日中家で寝たきりでは気持ちも弱ってしまいますよね。

まあこれは猫ちゃんの性格によるところも大きいとは思いますが、シャムにゃんには合っていたようです。

ここまでかかった金額は・・・もう計算してないです(笑)。

まあでも予想通りの20万位だと思います。

今後もまだ週に2回くらいは点滴と血液検査で様子を見るので、そこそこかかります。

でも、シャムにゃんは私にとっては20年育てた子供と同じです。

自分の子供が病気になって死にそうになったらその位払うでしょ?

さて、もうひと頑張り!

Yuri(@yuri_lovesiames )でした。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい