【シャムにゃん闘病記】シャムにゃんの現状~究極の選択へ

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuri(@yuri_lovesiames )です。

今月の初めに、2度目の三臓器炎を何とか乗り越え、無事21歳㊗を迎えたシャムにゃん🐈でした。

㊗シャムにゃんが21歳になりました!!🎊🙌
Yuri(@yuri_lovesiames )です。 シャムにゃんが、21歳の誕生日を迎えました~!!! ...

その時も多少猫風邪の症状が出ていましたが、それなりに元気で食欲もあり、お気に入りのキャットタワーや、もう一つのスチールラックの寝床にも楽々登っていく状態でした。

トイレの後の爪とぎもタワーでバリバリ。

そんな状態だったので、ちょっと落ち着いて今までの投薬のことなどを記録として残しておこうと、こんな記事を書き始めていたのですが・・・。

猫とステロイド(プレドニゾロン) シャムにゃんの場合
Yuri(@yuri_lovesiames )です。 前回記事 シャムにゃんが何とか...

*現在執筆途中ですがとりあえずアップするので、後日追記します。

中耳炎→顔面神経麻痺→前庭疾患

シャムにゃんは、猫風邪?からの中耳炎右顔面神経麻痺が起き、その後前庭疾患までも起きてしまいました😿。

そうなんです。全身状態は決して悪くはなかったんです。

歩く足取りも軽く、夜のお散歩も階段もスタスタ。

食欲もあり、水もよく飲み、おしっこもうんちも快調で、血液検査もまあまあ横ばい安定・・・。

これならしばらくすれば治るんじゃないかな・・・と思っていた矢先の事でした。

右が見えないために目測を誤ったか、キャットタワーに登ろうとして足を踏み外して落ちてしまいました(号泣)。

そのことが病状に影響したかどうかはわかりません。ただその直後からどこか痛がるそぶりもなかったので、たぶん関係ないと思うのですが(そう思いたい!💦)その二日後、突然へっぴり腰になり、足元がふらつくようになりました。

そしてその症状は日増しに悪化していき・・・やはり「前庭疾患」を発症してしまいました。

シャムにゃんは3年前の17歳の時にも、前庭疾患を患ったことがあります。

猫の前庭症状について 突然うちのシャム猫が失神したあの日
こんにちは、Yuriです。 今回は以前から書くと言っていて、先延ばしにしていたことを書こうと思います。 ...

今回も耳の異常からの発症だったので、何とか前回同様、ステロイドと抗生剤の治療で回復してくれることを願いました。

最初のうちはふらつきながらもご飯も食べ、それほど弱った様子ではありませんでした。

↑このツイートは今からたった1週間前です。

この時はまだ元気でした。

歩行の異常に気づいた11月14日から、1週間の注射(ステロイド増量を含む)で、何とか前庭症状を引かせることができることを期待しましたが、その後全く回復の兆しを見せることがなく、日に日に症状が悪化していきました。

そして、これは今からたった3,4日前のことです。

スポンサーリンク

ご飯が食べられない

それは突然のことでした。

シャムにゃんが一生懸命カリカリご飯を食べようとしているのに、むせこんで吐き出してしまうようになりました。今からせいぜい4日くらい前の事です。

最初は右側の麻痺のせいで飲み込みにくいのかと思っていましたが、それにしては飲み込んだように見えるカリカリも数秒後に「カホッ、ケホッ」と苦しそうに吐き出しています。

更には数時間前に食べさせたカリカリまでコロコロと吐き出しました。

「これは何か変・・・」

そこからはあっという間にご飯が食べられなくなっていきました。

それと同時にそれまでこの半年間、シャムにゃんの命を繋いでいた朝晩の投薬を兼ねた強制給餌が出来なくなりました。

シャムにゃん本人はちゃんと食欲があって、食べたいのに食べると喉に引っかかって苦しくなって吐き出さざるを得ないので、辛い・・・。

そうすると徐々にご飯を食べることに恐怖を感じるようになり、昨日(23日)からは全くご飯を食べることを拒否するようになりました。

そしてそこからはそれこそ数時間単位で状態が悪化し・・・😢。

獣医さんに訴えても、麻酔をかけて調べない限りは正確にわからないので対処療法しかできない・・・と言われてしまいました。

その通りです。それはわかっていました。

そして一昨日になって「CTなら麻酔なしで撮れるのでやりますか?」と言われて、高額(3万ほど)なので悩みましたが、結局撮っていただくことに。

でもどうせならもっと早く、せめて1週間前のまだ元気なうちにその提案が欲しかったです😿。そうすれば違う決断も出来たかも・・・。

でも、この半年ですでにかなりの金額を使っていて、更にお金がかかる検査をすることに躊躇があった私のことを考えて、先生も気を使ってあえてそこまで言わなかったのかもしれません。

今となっては所詮、全てはタラレバでしかありません。誰も悪くありません。

そして、今日CTの結果を聞きに病院に行ってきました。

そして現在、「究極の選択」に迫られています。

長くなったので、そのことに関しては次の記事に書きます。

その究極の選択は今日明日中に決めますが、もうシャムにゃんはそこまで持たないかもしれません。。。。涙

シャムにゃんの希望が聞ければいいのに・・・😢

それにしても!

こんな急激に!こんな突然に!

みるみるうちに寝たきりになって弱ってしまうなんて!

昨日は歩けたのに、今日はもう歩けない。

一昨日はご飯を食べようとしたのに昨日はもう口を開かない。

昨日はトイレまで何とか行けたのに、今日はもうそこまで歩けない・・・。

まだ信じたくありません😢。

でも覚悟はしないといけない時期にもう来ています。

私は昨日から泣きっぱなしでボロボロ(号泣)ですが、シャムにゃん、最後までそばにいるよ。

でも、もし万が一、旅立つことになったとしても、シャムにゃんがおうちに来た時からず~っと可愛がってくれた💗黒トラと白にゃん🐈が、首を長~くして待ってるから大丈夫だよ。

↓シャムにゃんはいつも黒トラ君に毛づくろいしてもらっていました💕。

いつまでもいつまでも大好きだよ💕、シャムにゃん🐈。

Yuri(@yuri_lovesiames )でした。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい

コメント

  1. おけい より:

    こちらには初めてお邪魔します。
    団長さんのブログでお世話になっている おけい と申します。
    ツイートでシャムにゃんちゃんの写真を拝見してはほっこり癒されていました。
    ここ数日の容体悪化を知り、パソコンの画面でシャムにゃんちゃんの頭を撫でながら、奇跡が起きることを祈っていましたが・・・(@_@。
    シャムにゃんちゃん、癒しをありがとう。どうか安らかに。

    yuriさん、まだまだ悲しみの中だと思いますが、お疲れが出ませんように。
    今度はご自分のお体を労って下さいね。

    • yuri より:

      おけいさん、ありがとうございます。たくさんの人が祈ってくれて、シャムにゃんは幸せ者です。しばらくは放心状態で泣いてばかりかもしれませんが、それも人生で大事なことかもしれません。少しゆっくりしようと思います。猫がいない生活は30年ぶりくらいです。何かぽっかりと穴が開いてます。

  2. ROM より:

    先程シャムにゃんちゃんがお空に旅立たれたというyuriさまのツイートを拝見いたしました。
    謹んで哀悼の意を表したいと思います。

    穏やかなお顔がyuriさまのそばで安心してお空に行かれた事を物語っていると思いました。今日は一日ぐずついたお天気のはずが関東は思いがけず青空とポカポカ陽気。きっとシャムにゃんちゃんとお空で待っている先代のにゃんちゃん達がyuriさまの心を出来るだけ明るく照らして温めてあげたいと神様にお願いしてくれたのかもしれません。

    しっかり休んで、栄養をとって、そして心に元気が戻ってきたら、またTwitterやブログでいろんなお話を聞かせてください。お待ちいたしております。

    • yuri より:

      ROMさん、ありがとうございます。
      今はまだ辛くて辛くて悲しくて悲しくて涙が止まりませんが、21年もそばにいてくれたシャムにゃん、大好きだった先代の黒トラ君が先に行ってしまってから8年も一人で私を支えてくれたことに感謝しかありません。きっと今は大好きな黒トラ君のふかふかのお腹に頭をうずめて、以前のように毛づくろいしてもらって幸せにな時間を過ごしていると信じています。

      しばらくは体調を整えながらゆっくりして、シャムにゃんの思い出に浸りたいと思います。

  3. char より:

    こんにちは、その後 愛しいシャムにゃんさんの調子はいかがでしょうか?これまでホントに気をつけて 微妙なコントロールを続けて維持してきたこと、一気にそれがくずれてしまいそうな不安…最近読ませていただくようになった者ではありますが、お察しいたします。
    ご飯食べてくれることは、体重維持にも投薬にも 頼みの綱ですよね。
    それだけでも改善されれば…と願うばかりです。

    どうかまた、奇跡の復活がありますように。

    • yuri より:

      charさん、残念ながらシャムにゃんは本日、先代にゃん達の元へと旅立っていきました。
      今はつらすぎて何も考えられませんが、シャムにゃんには21年もの間本当にありがとうという気持ちだけです。
      でもあたたかいコメントありがとうございます。

  4. netdash より:

    涙なしでは読めません。
    ただただ奇跡が起きることを祈ってます。

    • yuri より:

      団長、コメントありがとうございます。(涙)
      本当に奇跡を期待したいです。