留学せずに英会話を習得するには② 成功のための前準備(大人の場合)

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriです。

前回は子供の英会話習得方法について書きました。

留学せずに英会話を習得するには①(小学生~高校生)
Yuriです。 前回、英会話を習得するのに資格試験にこだわり過ぎない方が良いと言いましたが、 では、...

今回は大人の初心者編を書こう!

・・・と思ったんですが、

その前にもっと大事なことを書いておこうと思います。

これがないと、方法論だけ読んでも実現しない可能性が高いので・・・。

英語(英会話)を習得しようとする場合に、最も必要なこと、

それは、

「英語を習得する目的」

です。

皆さんは、何のために英語を学びますか?

どうして、英会話ができるようになりたいのですか?

そして、それはいつまでに必要ですか?

Free-Photos / Pixabay

ここが、明確になっていないと、永遠に英語を話せるようになれない可能性があります。

あくまでも、英語を話せるようになりたい理由ですよ。

TOEICで高得点・・・とかの目標はまた別の記事にしたいと思います。

なぜ英語を話せるようになりたいのか?

皆さんは、なぜ英語を話せるようになりたいんでしょうか?

人によってその動機は様々だと思いますが、

いくつか思いつくものを上げてみようと思います。

英語を話したい理由

  1. 単に話せるようになりたいから
  2. 外国人の友達が欲しい
  3. 仕事で必要だから
  4. 2020年のオリンピックでボランティアをしたい
  5. パートナーが外国人
  6. 通訳者になりたい
  7. 英会話講師になりたい
  8. 海外旅行で困らないようになりたい
  9. 外国人の友達ともっと話がしたい
  10. ・・・

こんな感じでしょうか?

3番のような、最初からはっきり目的があって、なおかつ緊急性がある人は問題ないと思います。あとは期限を決めて、やらなければいけないことをやっていけばOKです。

5番や9番のように、すでに外国人と頻繁な交流がある人も、まあ時間の問題だと思います。

問題は、残りのパターンです。

残りの人達に共通するのは、

「漠然とした未来」です。

「いつか、喋れるようになったら良いな~・・・✨」

みたいな感じですね。

なりません。

(バッサリですみませんw)

私の感覚からすると、90%くらいの人が挫折します。

なぜだかわかりますか?

3番、5番の人達との違いは何だと思いますか?

英語で言うと

” need “” want “

の違いです。

絶対に「必要」なのか?

単なる「欲求」なのか?

この差が、結果を大きく分けることになります。

スポンサーリンク

英語を習得するには期限が必要

高校受験や大学受験をした人は、思い出してもらえればわかると思うんですが、

一部の勉強が好きでしょうがないという人は例外としてw、

あれは

〇年後に受験して合格しなきゃいけない

という「強制的な期限」があるからみんな必死で勉強するんです。

これが、

「いつでもいいよ、受けたい時で」

というシステムだったら、どうでしょうか?

たぶん多くの人が挫折すると思います。

まず、現役合格は相当減るでしょうね。

大人が英会話を習得しよう!と思う時に立ちはだかるのが、これです。

「期限がない」

要するに、やるもやらぬもあなた次第ってやつです。

このハードルがかなり高いんです。

意志の強さ、高いモチベーションが要求されますからね。



具体的な目標と期限を決める

ということを踏まえて、

本当に近い将来、英語が使えるようになりたいと思っている人に

まず、最初に必ずやって欲しいのが、

いつまでに

何を

どのくらい達成したいのか。

それはどうやって達成するのか?

これを、できるだけ具体的に決めることです。

できれば紙に大きく書いて、リビングでも、トイレでも、パソコンの前にでも貼っておくと更に良いです。

寝室は・・・興奮して?寝れなくなりそうなので止めておきましょう(笑)。

まずは、自分が英語を話せるようになってどうなりたいか?

これを明確にすることが、絶対に必要です。

目指す場所(目的)がはっきりしないのに、ゴールにたどり着くことはできませんよね?

それもできるだけ具体的に決めることです。

英語に限らず、高校、大学受験やビジネスにも言えることです。



そして、次に大事なのが、

期限を設ける

ことです。

具体的には、

  1. 大目標(最終ゴール)を立てる
  2. 長期目標を設定(いつまでにゴールするか)
  3. 中期目標を設定(1年後にはこれくらい)
  4. 短期目標を設定(今月中あるいは〇か月後にはここまで)
  5. 日々の目標を設定(今週中にはここまでやる、毎日必ずやる事リスト)

と、このように最終ゴールを決めてから逆算していって、最終的には1週間単位、あるいは日々のスケジュールを決めていきます。

ここまでしっかりとした長~短期的な目標設定ができたら、ミッションは50%くらい達成できたと言っても過言ではないと思います。

ん?だんだんコンサルティングみたいになってきたw。

*以前、プロ家庭教師の時や英会話スクールのスーパーバイザーをしていた時に、小規模の会社の経営者にコンサルした経験あります。結果は受験生は半年で偏差値20以上アップで現役合格、スクールは効率アップと集客方法を提案し、売上アップで経営安定しています。

そのうち、格安で個人コンサルしようかな~と考え中です。

スポンサーリンク

まとめ

はっきりとした切羽詰まった目的がないけど、

「英語を話せるようになりたい!」

と思っている人は

まずは、上記のことを1週間以内にしっかりやってみてください。

めんどくさがっちゃだめですよ!

ここが、成功のために一番重要なところです。

その準備が完全にできたら、実践に移っていきましょう!

道筋ができていれば、歩くのはそれほど難しくはなくなるはずです。

ということで、目的がまだはっきりしてないという人は、こちらの記事を参考に、

英語がペラペラってどのくらいなの?目標は具体的に決めよう!
Yuriです。 前回の記事で、まず、最初に目的と期限を決めましょうと言いました。 まだ読んで...

もう、目的は決まっているという人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

留学せずに英会話を習得するには③ ボキャブラリー(単語力)
こんにちは。 現在、英会話スクールで講師をしているYuriです。 前回記事に続いて ここからは...

思い立ったが吉日!

この記事を読んでしまったのが運の尽き?(笑)

いやいや、運が開けるんです!

さっさと始めて、英語が話せる自分になりましょう!

Yuriでした。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい