アレルギーは甘く見ちゃダメ!気をつけないと喘息になるかも!?

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriです。

みなさんはアレルギー持ってますか?

私はいくつもアレルギーがあります(涙)。

実はうちの家族は全員アレルギー体質です。(自慢ではありませんw)

全員花粉症で、夫はさらに喘息持ち、私と娘はハウスダストのアレルギー、

うちの猫でさえ!何らかのアレルギーを持ってます(私とアレルギーの時期がほぼ一緒w)。

元々花粉症だった夫と私から生まれた娘は、当然ながら(遺伝子のなせる業)アレルギー体質で生まれてきました。

1才の頃からアレルギー性鼻炎で耳鼻科にかかりっぱなしで、ちょっと油断するとすぐに中耳炎になってしまうので、本当に大変でした。

そのうち成長するにつれて症状が落ち着いてきて、毎日の耳鼻科通いもなくなりました。

今では、季節の変わり目に耳鼻科に薬をもらいに行く程度の「普通のアレルギー性鼻炎持ち(笑)です。

なぜか、アトピー性皮膚炎にはならなかったので、その点は良かったな~と思います。

また、ある日突然、夫が喘息を発症したため、とにかくどう対処すべきか本を読んだり、ネットで情報をあさったり、食生活を見直したり、サプリを試したり・・とありとあらゆることを調べまくりました。

その上、今度は私が薬のアレルギー、更には果物アレルギーを発症したりして・・・

もう、なんなのよ~!アレルギーって!!!

ということで、アレルギーは下手すると命にかかわるので、とにかくありとあらゆる情報を調べまくりました(だってうっかり死んじゃったら困るしw)

でもそのおかげで相当詳しくなりました。

アレルギーって何?

アレルギーとは

アレルギーとは、免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こることをいう。免疫反応は、外来の異物(抗原)を排除するために働く、生体にとって不可欠な生理機能である。語源はギリシア語の allos(変わる)と ergon(力、反応)を組み合わせた造語で、疫を免れるはずの免疫反応が有害な反応に変わるという意味である

アレルギーが起こる原因は解明されていないが、生活環境のほか、抗原に対する過剰な曝露、遺伝などが原因ではないかと考えられている。なお、アレルギーを引き起こす環境由来抗原を特にアレルゲンと呼ぶ。花粉、米、小麦、酵母、ゼラチンなど、実に様々なものがアレルゲンとなる。最近では先進国で患者が急増している。

(出典ウィキペディア)

*要は、アレルギー(アレルギー反応)とは、何か特定の物質(アレルゲン)に対して、体の免疫システムが過剰に反応してしまうことで起こる、体の症状(くしゃみや鼻水、喘息やアナフィラキシーショックなど)のことを言います。

では次によくあるアレルギーについて説明しますね。

花粉症

アレルギーとして、一番知られているのは、花粉症ですよね。

英語だと hay fever (ヘイ フィーバー) と言います。

主に、杉やヒノキ、イネ科の植物、秋ならブタクサもあります。毎年ニュースでも取り上げられていますね。ちなみに私は、杉よりヒノキの方が強く出るので、この時期は辛いです。

ハウスダスト

次に、よくあるのはハウスダストのアレルギーでしょうか。

ハウスダストというと、なんだか単なるホコリのように聞こえますが、実はその中には様々なアレルゲンが含まれています。

ダニの死骸(コナヒョウダニ、ヤケヒョウダニ)カビペットの毛やフケ細菌などです。(見たくないので画像は載せませんw)

それらがアレルゲンとなり、掃除をしたり、ほこりが舞い上がった時とかに、くしゃみや鼻水を連発することありますよね?

あれです。

食物アレルギー

後は食物アレルギーも有名ですね。

小麦、大豆、卵、牛乳、ナッツ、そば、果物・・・このあたりが有名でしょうか。色々なものに入っているので避けるのが大変です。

お子さんが食物アレルギーで苦労しているお母さんも多いと思います。

以前、海外のアスリートがサンドイッチに入ったナッツに気づかず食べて、アナフィラキシーショックに陥り、亡くなってしまったというニュースを見た記憶があります。

アナフィラキシーショックとは

アナフィラキシーとは、ヒトや他の哺乳類で認められる、急性の全身性かつ重度なI型アレルギー反応の一つ。ギリシャ語である「ανα ana(反抗して)」と「φύλαξις phylaxis(防御)」を語源とする。

ほんの僅かなアレルゲンが生死に関わるアナフィラキシー反応(アナフィラキシーショック)を引き起こすことがある。アナフィラキシーは、アレルゲンの摂取、皮膚への接触、注射や時に吸入により惹起され得る

アナフィラキシーで見られる症状には以下のようなものがある。

  • 多尿
  • 呼吸困難(呼吸促迫)
  • 低血圧
  • 脳炎
  • 失神
  • 意識不明
  • 蕁麻疹
  • 紅潮
  • 血管性の浮腫(口唇、顔面、首、咽喉の腫脹):生命の危機を呈することがある
  • 流涙(血管性浮腫やストレスによる)
  • 嘔吐
  • 掻痒
  • 下痢
  • 腹痛
  • 不安

(出典ウィキペディア)

蜂アレルギー

蜂に刺されることでおこるアレルギーも良く聞きます。

一度刺されたときは何ともなくて、次に刺されたときに重大な症状が起こることもあります。

これもアナフィラキシーショックですね。(すべてのアレルギーで起こりえます)

薬剤アレルギー

病気を治すために飲んだ薬が重大な副作用を起こすこともあります。

特に、アスピリンなどの鎮痛薬や、いくつもの薬が複合的に調合されている風邪薬抗生物質等が多いようです。

いつも飲んでる薬が突然アレルゲンに変わることもあります。

もし、薬を飲んで「何か効かないなあ」とか「かゆい」とか「皮膚が赤くなった」とか、普段と違う症状が出たら、すぐに病院に行ってください。その際、必ず飲んだ薬も持っていきましょう。

*実は私はいくつか薬に対するアレルギーがあり、過去に2度ほど救急で病院に駆け込んだことがあります💀。高熱と全身に発疹が出て、死ぬかと思いました(スティーブンス・ジョンソン症候群になりかけた?)。慌てて病院に駆け込んでステロイド点滴をしてもらって、事なきを得ましたが、薬のアレルギーは本当に危険です。

おまけに、けっこうお医者さんってカルテをよく見てないことがあります。

わたしのカルテに大きく赤いペンで🈲(禁)って書いてあるのに、その薬を処方しようとしたりしますから(笑)。

全く笑い事じゃないですけどね。

「先生、そこに赤字で禁って書いてあるんですけど。」

と何度指摘したことか。

教訓:自分の身は自分で守りましょう。

この話を以前アメリカの友人に話したら、あちらではアレルギーを記載したタグを身に着けることがあるらしく、

「意識不明で運ばれたとき、間違えてアレルギーのある薬を使われたらどうすんの!?」

と言われました。

本当ですよね~。怪我じゃなくて薬のアレルギーで死んじゃいそうです。

とりあえず私は家族には伝えてあるんですが、彼らが覚えているとは到底思えないwので、

日本もそういう場合に備えて、ちゃんと何か方法を考えてほしいですね。それとも何かあるのかな?知ってる人がいたらぜひ、コメントで教えてください。m(__)m

他にもアレルゲンになりえるものはいくつもあります。化学物質が原因のハウスシックもそうですね。金属アレルギーっていうのもあります。

スポンサーリンク

アレルギーを見つけるには?

でもアレルゲンを調べるのは実はとても難しいようです。

以前、病院で薬のアレルギーを調べられないのか尋ねたら、「不可能です」と言われました。

「飲んでみて出たらわかる。そしたらそれは飲まないようにするしかない」

と言われました。(手遅れになったらどうすんの!?Σ(゚д゚lll))

更にいやらしいのは、アレルゲンを調べるテストというのを病院の血液検査で受けられると思います(うちの家族は全員2回ずつくらい受けています)が、

実はこの検査、アレルゲンと判明した物でも、全く症状が出ないものもあれば、逆にアレルゲンとして反応しなかったものでも、アレルギーになる可能性がある・・・という、何とも正確性のないものだったりします。

まあ、出たらできるだけ避けておきましょう、くらいな感じでしょうか。

ちなみにこんなものもあります↓。自分でちょびっと採血して送って調べてもらうみたいな?

私も、その時は気がつかなかったのに、後から症状が出たり、疲れた時に出たりして、判断が難しいことがあります。

アレルギーも即時型遅発型(何日か経ってから症状が出る)とかもあるので、本当にアレルゲンを探すのは難しいです。

最近これらの本を読みました。↓

私、これかも!という発見ががいくつかありました。

と、このように、これらの様々なアレルゲンが原因で、アレルギー症状を引き起こされるのですが、くしゃみや鼻水程度なら、アレルゲンを避けたり、抗ヒスタミンや抗アレルギーの薬を飲んだりして対処していれば、そのうち収まってしまうこともあります。

でも、その症状や環境を放置したままでいたり、また、普段の食生活や、仕事が忙しかったりして生活習慣が乱れたり、ストレスを溜めたりしていると、疲れて体の免疫が低下してしまいます。

そうすると、ただの花粉症…と思っていたものが、気がつくと、喘息に移行してしまう可能性もあります。

スポンサーリンク

喘息になったらどうする?

基本的にアレルギー喘息もアレルギーです)は今の医学では、治らないと言われているので、一旦、喘息を発症してしまったら、ほぼ一生、薬を使い続けていくことになります。

うちの夫が今これ。

*ただし、規則正しい生活習慣や食事、適度な運動、十分な睡眠を取って、体の状態を良くしておくと症状が押さえられることもあります(寛解と言います)。

うちの娘は喘息はありませんが、一年中アレルギー性鼻炎があります。特に春と秋。

でも、学校で部活をフルでやっていた時は、全くと言っていいほど、症状が出ませんでした。コンスタントの運動で体温が上がっていたのも良かったのかもしれません。

何にせよ、運動は良いらしい。受験で部活を辞めた後は、半年で症状が復活してしまいましたが・・・w。

喘息の話です。

*海外の映画でよく見かけますよね?こういうの吸ってる場面↑

この「吸入器」のことを英語では inhaler (インヘイラー) と言います。

喘息は発作を予防することが一番大事

喘息の場合は、喘息の発作を予防することが一番の治療になります。そのため、発作が起こっていなくても、毎日、発作を予防するステロイド剤(粉末)を吸い込むことになります(フルタイドとか、アドエアとか 2017.5現在)。

このステロイドは局所ステロイドで、飲み薬のステロイド(プレドニゾンやベタメタゾン等)のように全身には作用しにくいので、比較的安全と言われています。

ただし、発作が起こってしまってからでは効かないので、その場合は発作止め(メプチンとか)を使うことになります。

もし大発作(ほとんど息吸えない、吐けない、チアノーゼ)を起こしてしまったら、速攻で救急車を呼ばないと、呼吸困難で死んでしまいます。

小児喘息は、成人して体が強くなったり体質が変わったりすると、治ってしまうことも良くありますが、逆に最近増えている大人の喘息は、けっこう死ぬ人が多いので、本当に注意が必要だと思います。(おそらく自分で薬のコントロールをしなくてはいけないので、つい忘れたり、やめたりするからかも?)

うちの夫は、元々アレルギー体質でしたが、大人になってから喘息になりました。

季節によって、軽い発作が出ることはありますが、今のところ普段の生活に大きな支障はありません。(薬代は半端ないです 泣)

・・・・・・と思っていたら、数年前から副鼻腔炎に発展してしまいました。アレルギー性鼻炎と喘息の両方を持つ人がなりやすいと言われる、好酸球性副鼻腔炎(まず嗅覚&味覚障害から始まる)のようです。つい最近、国が新しく難病指定しました。しかしながら、実際に難病の指定をしてもらうには、まず手術を受けないといけないとかで、その手術に30万?とかかるらしく、現在、先延ばしにしています。この話の詳細(症状、経過、治療法その他)は、夫の許可(笑)をちゃんともらったら、書こうと思います。

追記:夫が副鼻腔炎の手術をしました。

副鼻腔炎(好酸球性副鼻腔炎の疑い)で夫が手術を決断
夫が好酸球性副鼻腔炎の疑いで、手術をすることになりました。 以前記事にしましたが、うちの家族は全員アレルギー体質で...

ということで、今回はアレルギーの大まかな種類と、喘息について書いてみました。

皆さん、アレルギーは甘く見てはいけません!

普段から気を付けて健康的な生活をしましょう!

そして、異変を感じたら即!病院に行ってくださいね。

Yuriでした。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい