シャムにゃん🐈のいない日々の徒然

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuri(@yuri_lovesiames )です。

シャムにゃん🐈が私の元から旅立ってしまってから、約2か月が過ぎました。

【シャムにゃん闘病記】究極の選択~命の重みと尊さ シャムにゃん21歳で永眠
Yuri(@yuri_lovesiames )です。 上の写真は大分前の元気だったころの物です。 可愛い写真...

私はいまだに実感がありません。

家の中に猫がいない生活なんて、一体何年ぶりなのか。

30年近く常に傍らには猫がいて、猫と共に生活をしてきた身としては今はまだ心が空っぽの状態です。

特にシャムにゃん🐈は、本当に色々な意味で特別でとてつもない存在感✨を放っていた猫だったから…。それも21年間も。

先日も、あえて読まないようにしていた自分が書いた最後のシャムにゃんの記事を読んだら、一挙に感情が押しよせてきて、1日中シャムにゃんの事ばかり考えてメソメソしてました😿。

そしたら、その日の夜にシャムにゃんが夢に出てきてくれたけど💗。

でも49日も過ぎて(特に仏教徒ではないけど💦)、ようやくシャムにゃんについて少しその後のことも含めて書く気になりました。

記憶からは徐々に薄れていってしまうけど、シャムにゃんが生きて頑張った証と私の感情を残しておきたいので。

ペットを飼っていて、深く深く彼らを愛している飼い主には必ずやってくるその時。

いつかどこかで誰かがこの記事を読んだ時に、共感できることがあればそれもまたシャムにゃんの生きた証だと思うのです。

シャムにゃんの旅立ち直後の話

シャムにゃんが黒トラにゃんと白にゃんの元に旅立ってから最初の2週間は、家に中のどこを見ても目にするものはシャムにゃんの物ばかりなのに、シャムにゃんだけが家から消えてしまってどこにもいない・・・。

  • ご飯をあげてた場所
  • お水を置いてた場所
  • 寝床と爪とぎのキャットタワー
  • 廊下にあった2つの猫トイレ
  • 棚いっぱいの猫ご飯とトイレ砂とペットシーツ
  • etc

私自身も長年の習慣で、朝に「シャムにゃんのご飯と薬あげなくちゃ!!」と慌ててガバッと起きたり、猫ご飯のお皿やお水を蹴飛ばさないようにして、もうそれ自体がないことに気づいて涙…。

しばらくは、どこを見てもシャムにゃんがいないことを思い知らされて泣いてばかりいました。

とにかく、ただただ呆然と毎日過ごしていました。

それと同時に、辛いことを忘れさせようとする無意識の身体の防御反応に驚きつつも抵抗してみたり。

シャムにゃんは本当に私のために、最後まで頑張ってくれてたんだと思う😢。

それから少しずつ、家の中のもう不要になったものを片付け始めました。

まずは家の中でも存在感の大きかったキャットタワーと猫トイレ。

余ったものは最初はメルカリで売ろうかとも考えましたが・・・

結局余ったものはお世話になった動物病院に寄付してきました。きれいなお花もメッセージと共に届きました。

実は3にゃんともお花を頂いたんですよね。10年~の長い付き合いでした。

感謝💛です。

この毛布は私にとってはもう宝物✨です。

この光景を見るだけで幸せな気持ちになれたのに。

シャムにゃんの遠吠えが懐かしい。

シャムにゃんの可愛い写真を置いておくことにする。

スポンサーリンク

そして今

実はシャムにゃんが逝ってしまってからしばらくして、次々と怒涛の不幸が押しよせて私の体と心がストレスで壊れかけました。

シャムにゃん🐈が亡くなって1カ月もたたずに、とてもお世話になった伯父が急に亡くなり(涙)、その葬儀に行く準備をしていた矢先に今度は夫が再度!気絶失神!それも1日に2回も!

前回(約1年前)の様子はこちら

【体験談】アナフィラキシーショック 薬のアレルギー(夫の場合)
Yuri(@yuri_lovesiames )です。 私のツイッターを見た人はもう知っていると思いますが、1月4日...

今回は救急車を呼んでその場で入院になりました(*_*)。

*この件についてはまた後で記事にします。

が!

その後、夫はインフルエンザが判明し、さっさと退院させられ(院内感染を防ぐためだからしょうがないけど)、もれなく私も罹患😢。

と、最悪な年末を過ごしました。

まあこれだけ立て続けに色々重なれば、人間壊れかけてもおかしくないですよ本当に・・・。

その頃から私は常に動悸がするようになり、心拍数も高いままで低かった血圧が上がりっぱなしになり、血圧の相談をしに病院に行ったら、

「ストレスのせいでしょう。しばらく精神安定剤飲んでゆっくりしてください。良く眠ってストレスが落ち着いてくれば血圧も下がりますよ。」

と言われて、出された薬を飲んだら・・・3日で正常な血圧に!!

う~ん、ストレスって怖いですね。(◎_◎;)

そんなわけで、いまだにシャムにゃんを思い出してはたまにポロポロ泣いたりしてはいますが、少しずつ頻度が減り、少しずつ前に向かって物事を考えるようになってきました。

でも焦ることなく、ゆっくりとぼろぼろになってしまった身体と心をケアしながら癒されていくのを待ちたいと思います。

はあああ、シャムにゃん抱っこしてぎゅーってしたい・・・。

猫はもう飼えないと思うので(20年はもう無理💦)さみしいわ。

Yuri(@yuri_lovesiames )でした。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい