シンシナティ大会(2018)錦織は残念ながら2回戦でバブリンカに敗退

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriです。

北米ハードシリーズのマスターズ大会第2弾、シンシナティ大会が進んでいます。

久しぶりにBIG4も全員揃ってのドローになりました・・・と言っても、マレーはまだランキング375位ということで、厳しい戦いを強いられています。

先週のトロント大会では1回戦負けを喫した錦織は、このシンシナティ大会の1回戦では若手のロシア選手、アンドレイ・ルブレフと当たり、無事に初戦を突破していました。

この試合は途中少しもたつく場面はありましたが、総じて錦織は良いプレーをしていたと思います。相手のルブレフは、去年のNextGenのミラノ大会のファイナリストですし、力のある選手です。

2回戦の相手はスタン・バブリンカでした。

錦織やマレー同様、今年は怪我(手術)からの復帰でバブリンカの今のランキングは151位です。

彼もツアーに復帰してから、中々調子を上げることができずにいましたが、北米シーズンに入ってから少しずつ、以前の切れ味鋭いショットや本来の粘り強さが戻って来ているようです。

錦織とバブリンカ、この二人の対戦はこれで9回目。実は対戦成績は4勝4敗のタイでした。

バブリンカは以前から波のある選手ですが、なぜかグランドスラムでは強さを発揮するという、変わった選手だと思っています(褒めてますw)。

キャリアタイトルが16回のうち、グランドスラム3勝というのはとても珍しいタイプだと思います。本来持っているポテンシャルの高さと、ここ一番の爆発力がとても強い選手だと思います。

錦織と最後に対戦したのは2017年のブリスベン。錦織が快勝しました。(その後の決勝ではディミトロフに負けて準優勝)

今年はお互いに怪我からの復帰の年で、いまだ完全復活とは言い難い状態での対戦となりました。

それでも錦織の方が現在のランキングもそうですが、状態も良いのでは?と思っていたのですが・・・。

先週のトロント大会の初戦で、ハーセに負けた試合と似たようなスコア、試合の流れで敗退してしまいました。

トロント大会(2018)錦織は初戦敗退 ベスト8が決定(プレビュー)
マスターズのトロント大会(ロジャーズカップ)は粛々と進んでベスト8が出揃いました。 シャムにゃんの、ボディスクラブ...

この時は、先の大会を見据えての無理をしないという戦略的な負けだったんじゃないかと勝手に思うことにしたのですが、今回の敗戦を見て、どうやらそうではなかったということがわかりました。

さすがにちょっと心配です。

今回の敗戦に対して、時間をおいて頭が整理出来たらしっかり記事を書こうと思っていたのですが、時間がたっても全然整理できませんでした(涙)。

というわけで、少しとりとめもない感じの感想になりますがご容赦ください。

というより、かなりグダグダな感情の垂れ流しなので、ご注意下さいまし。m(__)m

こんな意見もあるんだなあ・・・と温かい目で見ていただけると嬉しいです。。。(小心者ですw)

錦織 VS バブリンカ

ファーストセットで先にブレイクした錦織は、とても落ち着いた試合の入りだったので、これは良い試合が見れそうだと期待して見ていたのですが・・・。

第1セット

少しのほころびから錦織のミスが増え、バブリンカはショットの精度が上がり、バックハンドのダウンザラインをくらい、素晴らしいドロップショットにやられ・・・。

あっという間にバブリンカにセットアップされてしまいました。

第2セット

第1セットの流れのまま、先にブレイクされてしまいました。

とにかくフォアのエラーが多過ぎでした。ネットにかけるミスが多数。

結局流れが変わることなく、バブリンカがストレートで錦織を破って試合終了。

スポンサーリンク

2大会連続の敗退について

今回の試合、確かに途中からバブリンカが調子を上げてきたのは事実かもしれませんが、それ以前に錦織に覇気を感じられませんでした。

もちろん、錦織もどうにかしようともがいていたとは思います。でも、こう言っては何ですが顔を見なかったら錦織とは分からないくらい、プレーの印象が薄く、気力も見えない試合でした。

どうしてしまったのか・・・。

錦織はプレカンで「途中から打つのをやめてしまった。」と言っているのですが、それがなぜなのか?質問はされず、錦織も特に理由も言わなかったので、結局試合の途中から失速した理由はわかりませんでした。

ただ、本人の表情がかなりがっかりして落ち込んでいるように私には見えたので、やっぱり心配です。

心配・・・というとネガティブに聞こえるかもしれませんが、この2試合の錦織の状態を見て安易に「大丈夫!」なんて、私は言えません。

ひたすら信じてポジティブに応援している人もいると思います。それも素晴らしいと思います。

でも応援のしかたは人それぞれだと思うので、そこが違っても皆、錦織を応援していることに違いはありません。どちらのタイプも多様性を認めて一緒に応援したいですね。

私の場合は、錦織に大きな期待(GS&MSの優勝)をしているからこその心配なので、もし心配しなくなったら期待もしなくなることと同じです。(まあ元々私が極度の心配性だということもありますがw)

これからも大いに心配しながら、全力で応援したいと思っています。(笑)

錦織の本当の状態がわからないので、結局は想像の域を出ないのですが、少なくとも錦織本人やチームの話では、怪我はもう大丈夫だということですよね。

その上でチャンやダンテの話では、「なぜ錦織がこういう状態なのかわからない。」ということなので、こちら側はもっとわからないわけです💦。

そんな中、私が試合を見ていて感じることがいくつかあります。

何となくなんですが、「優勝する!」ということが明確な目標になっていなくて、ランキングを上げてTOP10に入ればシードがついて戦いやすくなる・・・みたいなことを何度か言っていたのが気になりました。

もちろんシードが付いた方が楽でしょうが、シードが付いたからといって勝てる保証があるわけではないですよね?

実際のところはわかりませんが言葉だけ聞くと、守りに入り過ぎてるというか、自信がないような印象を受けてしまいました。

TOP10に入ってファイナルに・・・

これが本当に真の目標なんでしょうか?

マスターズとグランドスラムで優勝することが目標じゃないの?

それを言えないほど、自信がないのか・・ととても不安になりました。

来シーズンに向けて・・・という事も考えられますが、そんな計算よりも、目の前の大会の一つ一つで、全力で優勝を取りに行くことが結果に結びつくと私は思っているので、この夏~秋の大会で本当に頑張って欲しいんですよね。

もちろん怪我の回復具合が影響している可能性もあると思いますが、テニスは普通にできているようですし、痛みで思うようなプレーができない、というようには見えませんでした。

何らかの理由で、集中力が落ち、試合中にモチベーションが低下してしまったように見えました。

チャンもダンテもわからないと言っているのを、こちらがわかるはずもありませんが、そういうコメントだけ聞くと、チーム全体として、大丈夫なの?と不安になってしまいます。

チーム内のコミュニケーションは本当に取れてるんでしょうか。元々シャイ?であまり積極的に自分から話すタイプではないと言われている錦織の本心と、コーチたちの思惑がきちんと相互理解しあってて、同じ方向を全員が同じ気持ちで進んでいるんだろうか?と思ってしまいました。

私自身はマイケル・チャンの考え方がとても好きで、コーチとして考えていることは非常に理にかなっていて、錦織に欠けているものを与えられるタイプの人間だと思っているのですが、どんなに素晴らしいコーチであっても、それが必ずしもいつも功を奏するとは限りません。

その意味でも、ここ最近大きな結果が出ていない事や、怪我の前、怪我から回復した後の錦織の今の状態を見ると、全仏のティーム戦後にチャンが

「なぜ錦織があんな試合をしてしまったのかわからない。」

と言ったことと全く同じことが、今も起こっていることと合わせて、もしかしたら錦織はチャンの言葉がもう耳に入っていないのかもしれない、と思ってしまいました。

ずっと同じことを言われているうちに、聞き慣れてしまって心に刺さらなくなることってあると思います。そんな状態じゃないのかなあと。(勝手な想像です、はい m(__)m

もし、錦織の怪我が本当に大丈夫で、チャンもダンテも本当になぜこうなるのかわからず、それでいてあのような試合になってしまうのであれば、そろそろ一度違うコーチに師事してみることは意味があるのではないかと私は思います。

あのナダルでさえも、トニおじさんからカルロス・モヤに代わってさらにパワーアップしていますし、フェデラーもエドバーグからまさかの(失礼)ルビチッチでまた復活してGS優勝しましたよね。

あるいはジョコビッチのように、チームを変えてうまくいかなかったのを元のバイダコーチに戻して復調・・・というのもあります。

変化は決して悪いことではありません。

個人的には、選手としてのピークが過ぎる前に、一度他の人で試して欲しい気がしています。

あああ、やっぱりグダグダな感想になってしまった。

すみません。

でもこれで切り替えて、全米はフレッシュな気持ちで応援したいと思います。

Yuriでした。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい

コメント

  1. ROM より:

    「TOP10に入ってWTFに〜」の中には当然「タイトルも欲しい!」が含まれていると思います。色々言うとマスコミが突っ込んでくるのでとりあえずこれ言っておけば突っ込んでこないだろう…的な?…は冗談として、彼にとってあまりにも当たり前すぎる事なのでしょう。

    私も試合中はグダグダいろんなこと思います。当たり前です。応援してる選手が負けるって嫌ですもん。ヘイトスピーチは言語道断ですが、心配してあれこれ発信するのはごく自然なことです。Yuriさまの意見読んでも、否定的とは全く思いません。むしろ発展的です。
    色々気にせず発信していってくださいね。これからも楽しみにしています。
    ちなみに私は選手自身が思うようにすればいいさー派です。悔いなく選手生活を続けてくれたらおーるOK!

    • yuri より:

      ROMさん、
      >悔いなく選手生活を続けてくれたら

      これに尽きますよね。錦織はこれからまだまだ現役を頑張るでしょうから(以前は30才位で引退とか考えていたような?)、悔いのないようにとことんやって欲しいです。なんなら、どこぞのスイス人のように37歳でもバリバリでも良いんですよw。

  2. まり子 より:

    私も1番気になるのは
    ~その上でチャンやダンテの話では、「なぜ錦織がこういう状態なのかわからない。」ということなので~
    このコメントをWBで読んだ時
    ???コーチなのに?
    まぁコーチも神様ではないしなぁー
    と思い……f(^^;
    どーにかそれ「分からない」を「わかった!」としてくるかと思っていたら……あちゃー(;゜∀゜)
    って感じです
    全米迄 解答は出せるかな?
    圭くん自身が苦しみ悩んでいる
    様で 頑張れ!
    (yuri-sanの同じ事ばかりで
    耳にタコ 的な考えは
    何か同感(^-^;
    いつも言われてる本人は
    わかってるよー!(-_-#)
    でも 何故か出来ないんだよー!
    って感じで どんどん蟻地獄に)

    でも、それがプロ アスリート
    だと 良い時ばかりでない
    そこから脱却する姿を見るのも
    スポーツ観戦の楽しみかと
    皆様のコメント等々見てて
    思いましたです。
    応援も私はリアルタイムでテレビ見るのも難儀で
    ドロー運が良いように
    勝ちますように
    ケガしないように
    と 日々祈るだけです
    本当にいろいろな方向からの
    意見や思いは
    半世紀越えて生きてる私ですが
    刺激的で勉強にもなります。
    思考が片寄らないためにも
    ブログ楽しいです。
    ありがとうございます。
    私は文章が下手ですみません
    (>_<)

    • yuri より:

      まり子さん、
      >良い時ばかりでない
      そこから脱却する姿を見るのも
      スポーツ観戦の楽しみ

      これ、本当にそうですよね。選手の苦しみも一緒になって共感しながら応援できることもファンならではですよね。これからも色々な事を共感しながら観戦していきたいです。

      まり子さん、文章全然下手じゃないですよ。いつもコメントありがとうございます。m(__)m

  3. youko より:

    2回目です。すみません、書き忘れた事を。

    >TOP10に入ってファイナルに・・・
    これが本当に真の目標なんでしょうか?
    マスターズとグランドスラムで優勝することが目標じゃないの?
    それを言えないほど、自信がないのか・・ととても不安になりました

    ああ成る程、そういう捉え方が出来るんですね。今の圭くんの状態を端的に表していますね。納得です。

    ただ私は、自信がない、ではなくて本人が今の状態をわかっているという事だと捉えています。タイトルは来年で今年はTOP10とファイナルに入る事、逆に言えば今年その2つは達成できる自信というか手応えがはっきりとあるのではないでしょうか?
    試合を見ていて覇気がないとかは感じられないので、モチベーションが低下しているのではないかという心配は全くしていません。

    それから、この場所を作ってくださって感謝します。いろいろ思う事が書けて嬉しい、ありがたいです。

    • yuri より:

      youkoさん、
      >タイトルは来年で今年はTOP10とファイナルに入る事、逆に言えば今年その2つは達成できる自信というか手応えがはっきりとあるのではないでしょうか?

      このポジティブな捉え方に「いいね!」です。そうですよね、きっと。そうであって欲しい。

      モチベーションは書き方がちょっと悪かったかも。テニスのという意味ではなく、あの試合の中で勝利することに対するモチベが少し見えなくなってしまったという意味で書きました。「途中で打つのをやめてしまった」状態がそう見えました。あとで直しておきますね。

      何でも思うことを書いていただいてOKです。私はポジティブもネガティブも応援の一つだと思うので、いろんな意見を聞きたいです。

  4. aoiです より:

    Yuriさん、今日は。
    全くグダグダな感想じゃないですよー。
    錦織愛溢れる素晴らしい感想、バンザーイです!
    私も、よりフランクにコメントしやすく感謝してます。

    私も毎回「次は優勝行けるかも!?」と大いに期待します。大好きな選手を目一杯応援、幸せだし期待し過ぎたって個人的にはいいと思います。

    人それぞれ応援の仕方がありますけど、早期敗退するかもって保険をかけての応援は勿体ないと思ってます。ご本人が戦いの舞台に上がって勝利を目指してるんだから、こっちも期待MAXで全力応援します。

    そりゃ負けたらその時はドーンと落ち込みますが、自分はお気楽なので割合とその期間が短いと言うか、ほとんど一晩経たないうちに切り替えます。もう結果は変わらないので落ち込んでいる時間の方が勿体ないような気がして。

    期待というのは外れた時どう自分の気持ちと折り合いをつけるのかが問われるのであって、選手のせいにする人もたまにいますけど全くのナンセンスだと思います。
    逆に、自分さえ切り替えられれば期待し過ぎたっていいと思うのですが。

    なーんて、そのくせ、コメントなど書いた後に、相手に嫌な印象与えちゃったかなぁと思う時は悶々として引きずります。相手のことはすぐに切り替えられるのに、自分のことはなかなか。。。な私です。

    それはさておき、テニスの試合はすぐ来るので、敗戦の悔しさより次戦のワクワクの方が私の場合は勝ります。
    それに、私もフィギュア歴の方が長く、後半は特に大の真央ちゃんファンだったので鍛えられたというか、結果が出ずともその姿にすごく元気をもらっていたので、錦織選手にも「一度でも大きなタイトルを獲らせてあげたい!」という思いの方が強いです。

    だから、Yuriさんの「錦織選手には一度でもMSやGSでタイトルを!」と願う気持ちにメチャクチャ共感します!

    私は錦織選手、ポイントもタイトルも常に狙っていると思いますよ。
    ただ、今は色んなことに合っていないという印象です。
    一つは今回の全米のサーフェスとボールへの対応が鍵になってくるような気がしてます。

    全米では、この2大会の早期敗退がブッ飛ぶような、錦織選手あるある大活躍を期待しましょう!!!

    • yuri より:

      aoiさん、
      >私も、よりフランクにコメントしやすく感謝してます。

      そう思っていただけたら嬉しいです。気軽に何でもコメントして頂いて大丈夫ですよ~。

      aoiさんもフィギュアファンだったんですね!タイプは違えど同じ個人競技ですし、テニスは直接対決する相手はいますが、自分との戦いという側面もあり、ストイックに頂点を目指すという共通点もありますよね。

      やっぱりタイトルを取っているかどうかというのは記録と歴史に残る事なので、なんとしても錦織には取って欲しいんです。「アジアで結構強かった選手いたよね。」で終わって欲しくないんです。記憶にはもちろん残りますが、ちゃんと後世まで記録に残って欲しい。錦織はそれだけの選手だと思っているので・・・。

      まだ全米まで間があるので、うまく調整して欲しいですね。ちょっと心配なのは(心配し過ぎw)練習を頑張り過ぎてるんじゃないかということ。上手く気分転換出来てると良いな。

  5. より:

    「多様性を認めて一緒に応援」
    これこそが私も一番重要だと思っています。多様な意見があって当然ですし、それぞれの意見を聞き、納得したり頷いたり、「そんな考え方もあるんだー」と思ってみたり、はたまた「それは違うと思う」というのも有っていいと思います。それこそがファンの醍醐味です!

    心配する気持ちすごく解ります。私も試合後は落ち込んでしまいました。完全に実力で負けた感じがして、今の実力が20位以上のものではないことを思い知らされた様な気がしました。ただ、バブリンカ選手は完全に復調して来てトップ10のテニスをできていた、とも思いました。
    錦織選手はWBの後、不調に陥っているのでトップ10レベルのテニスに太刀打ちできないのは仕方がないですね。
    今は少し冷静になって、何が起きてるのかいろいろ考えています。
    (考えたって仕方がないんですが、考えてしまうのを止められませんし・・。)
    多くの人が問題視しているフォアについてはフォームの改良など必要かもしれませんが、ツアーの最中に大幅な改良は難しい様な気がします。それとは別に、Yuriさんも度々指摘されていたフットワークの問題にある様な気がします。フットワークのよくないこととフォアのフォームが乱れることは関係あると思います。そのフットワークが良くない原因として「読み」「予測」がうまくいかなくなっているんじゃないか?ということを想像しています。錦織選手のフットワークの良さは相手のボールに対する「読みの的確さ」「予測力」に負う面があると思ったからです。その予測、読みが外れることが多くなったり、予測できなかったりすればフットワークに影響するだろうと思うから。その辺りは鼻血さんにもコメントしました。

    他にもいろいろ考えるのですが、私はモチベーション低下は感じません。どちらかというと「自分の思いと実際のテニスが噛み合わないのでもどかしく感じている」様に見えます。
    もしも噛み合わせが悪い状況に陥っているのであればコーチにも本人にも何が問題なのか判らないことがあるのかもしれません。
    でもこれは私が勝手に感じているだけなので見当違いかもしれませんが・・・。

    • yuri より:

      風さん、「多様性を認めて一緒に応援」に賛同ありがとうございます。m(__)m
      あちこち見渡すと「ポジティブなことしか認めない空気」を感じることがたまにあるので、ちょっと肩身が狭く、ちょっとビビりながら書いてました(笑)。

      色々考えますよね。だって、ファンだもの。
      調子が悪ければ「どうしたんだろう?」「何が原因?」とぐるぐる考えるし、不安や心配はして当たり前だと思っています。あーだこーだと意見を言い合うのもファンの醍醐味です。それでも試合になれば一心不乱に応援する・・・私はこれで良いと思っています。

      今年は復帰の年で、そんなに簡単じゃないのは頭では分かっているんですけどね。でもできれば残りシーズンあと3カ月。調子をどんどん上げていってくれることを願ってやみません。

  6. youko より:

    yuriさん、こんばんは。心配されるお気持ち、凄くよくわかります。私はトロントでもう滅茶苦茶心配した(心配というか腹が立ちました)のですが、団長さんのところでは(空気を乱しそうで)コメント出来ませんでした。その時は本当にひどいと思いましたが、よくよく考えて肘の怪我の影響が長引いているのではないかと思うようになりました。

    団長さんのところにも書きましたが、今はフォアを頑張って修正中なのではないでしょうか?
    本来なら手首の怪我が完治した後しっかりとフォーム等修正してからツアーに復帰すべきではなかったかと思うのですが、なまじ圭くんがある程度の状態で勝ててしまったりしたものだから、しっかりとしたフォアの改善が後回しになってしまった”ツケ”が来ているのかなと思います。
    肘の怪我で慌ててやっているのかなって感じです。

    圭くん本人はしっかりわかっている気がするので、これからだろうとは思っています。

    コーチに関しては私は変える事に賛成派です。チャンコーチはとても良い方で圭くんの事もとても大切に考えてくれていると思いますが、コーチとしては少し熱血過ぎるように感じます。コーチ術として古いのではないかとも危惧しています。何よりもメンタルでフィジカルや技術は後回しのように思えますし、手首の怪我の事もビックリしたと言っていて、全く心配していなかったとしたら問題だと思います。

    まあ、そういうわけで今回はトロントよりも随分良くなっていると思うので想定内です。きっと全米ではもっと良くなっていると思います。

    • yuri より:

      youkoさん、お気持ちわかりますw。
      肘や手首の影響がどのくらい残っているのかはわかりませんね・・・。少なくとも、本人サイドからはそれに対してのコメントもないですし。ただ、ルブレフの試合はけっこう良かったと思ったので、怪我は大丈夫なんじゃないかと私は思っているんですが。ウィンブルドンが終わってから、この1カ月の間、試合数もそれほど多くないので、試合勘の方が足りないのかも。

      錦織が自信を持って試合に臨めるような状態に持っていける環境であって欲しいですね。今はどうなんだろう?

  7. ぴよ より:

    グダグダでいいじゃないですか。
    Yuriさんの率直な感想を聞きたくて来てるので。

    ここ2大会は本当に心配になる負け方ですが、心配になるのはそれだけ入れ込んでるということですね。
    自分は、取引先との打ち合わせ中なのに、こっそり結果を見てしまい、心ここに在らずといった感じでした(^_^;)

    自分もマイケル・チャンはとても好きですが、そろそろ変化を求めて変えてみてるのも良いのではと思ってます。

    全米までにフィジカル含めて色々な問題が少しでも解消されるといいですね。

    • yuri より:

      ぴよさん、ありがとうございます。
      色々な感想や考え方の方がいるので、こういう一見否定的な意見を嫌う人もいるとは思います。でも自分の意見は自分の意見として、他者に迎合することなく書きたいと思っているので、そういっていただけるとすごく嬉しいです。

      もし、錦織が何か迷いがあって今のプレーになっているのなら、変化を求めてみるもの一つですよね。とはいえ、あと1週間で大きな変化は無理だと思うので、少しでもいい方向に行きますように。