ウォーキング・デッド シーズン8の最終回16話を見た感想 ネタバレあり

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriです。

海外ドラマが大好きで色々な媒体で見まくっているんですが、テニスの大会で錦織が勝ちあがると録画しているドラマを見る暇もなくなり、どんどんたまっていくのが怖い今日後の頃です。(笑)

ウォーキング・デッドはシーズン1からずっと見ているんですが、はっきり言ってもうお腹一杯です。

じゃあ見るのをやめろよって言う話なんですが、そこが難しくて、残酷過ぎてhopelessなので見たくないんですが、ストーリーラインだけは気になるというw。

後は性格的に一度見始めたものは、よっぽどつまらなかったもの以外は最後まで見たいという、プチ完璧主義がムズムズするんですよ~。

ということで、ウォーキング・デッドについてと、その最新シーズンの8の最終話を見た感想です。

ここからはネタバレも含みますので、まだ見てない、これから見ようと思ってる人はご注意ください。

ウォーキング・デッドについて

ウォーキングデッドを最初見始めた頃はちょっとワクワクしてたんですよね。

割とSF的なものやホラー系も好きなので(スプラッター系は苦手)「バイオハザード」とか「ドーン・オブ・ザ・デッド」とか、ゾンビ物もけっこう見ます。

その流れで見始めたんですが、最初はまあよくあるパターンで、

入院してた病院で目が覚めたら誰もいなくて世界は変わっていた・・・。

ってこれ、丸々「28日後・・・」のパクリ?(笑)

その後の展開はある程度予想通りで、淡々とストーリーが進んでいき、色々な出会いあり、人間関係が多少ドロドロしてもまあよくある展開でした。

これが、シーズンが進むにつれて、どんどん救いのない展開になっていき・・・。

結局ただの醜い人間同士の争いと殺し合いばかり(それもどんどん残虐になっていく)で、見ていて気分が悪くなるばかり。

もともとはゾンビの話じゃなかったの???

残された人間たちがゾンビと戦う話じゃなかったの?

もうゾンビは完全におまけで、いてもいなくても全然関係ないwって感じです。

いやほんとに。

単なる人間の残虐性を描きたかったってこと?

この作品は元々原作はコミックですが、コミックとは多少展開が違うらしいですが、詳しいことは知りません。

このTVシリーズが始まってから、アメリカでは大人気で番組の後にそのエピソードについて話そう的な番組に「トーキング・デッド」という番組までできる始末。

更にはその人気にあやかろうとして?ウォーキングデッドの前日譚の「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」(見たけど面白くないので見るのやめました)とか。もうメチャクチャです。

そんな大人気のウォーキング・デッドでしたが、その人気を支えてきた大勢のファンでさえも、見るのをやめたといった人が出てきたのが、このシーズン7の第1話(最初のエピソード)でした。

↓このシーンがもうトラウマです。

シーズン6の最終話を見た時点で、誰かが死ぬのはわかっていたし、コミックの情報を知ってる人達は「おそらくこの人だろう・・・」と予想もしていたと思います。

それでも、その映像を見た時は、ホラー映画になれている私でも気分が悪くなりました。まともに画面を見れませんでした。グロすぎる・・・。

その後1週間くらい、そのシーンが頭から離れなくてほとんどトラウマ状態。動悸が止まりませんでした。見るんじゃなかった・・・と激しく後悔。

同じように思った人たちも大勢いて、ネット上には「もう見ない」という言葉が溢れていました。

その影響があったのか、制作側は「このあとはそんなにひどいことは起きないだろう。」と情報をリークしてました。

スポンサーリンク

ウォーキング・デッドのシーズン8を最後まで見た感想

・・・・・

って言ったのに、結局なんだかグダグダな展開で面白くもなんともなかったシーズン8で、カールが噛まれて感染して自殺する羽目になったじゃんよ!!

はあああ。

この展開はどうやら突然決まったらしく、カール役のチャンドラー・リッグスも全く寝耳に水だったようです。

行くはずだった大学も休学を決めて撮影所近くに引っ越した後だったとか。

実際、原作のコミックではカールは生きていて、重要な役割を担っていくらしいので、これは完全にTV制作側の、少しでも刺激を与えたいがための決定だったと思われます。

そりゃ酷いでしょ。

さすがに私ももう見なくていいかなあという気になっています。今でさえ、1.5倍速で流し見してるだけだしw。

次のシーズン9もこの秋放送するらしいですが、シーズン8の最終話の最後の最後で、カールの遺言?を結果的に守ったリックの判断を不満に思ったマギーやダリルに何やら不穏な空気が流れていたので、えええ?こんなに長い間仲間としてやってきたのに、まさか仲間割れさせるつもり!?

うんざりです。もう見なくていいやって感じですね。

どこまでドロドロにして、人間同士の殺し合いを続けさせるんですかね。

アメリカのドラマって、もちろん面白いのもいっぱいあるんですが、それと同時に普通の世界で生きてる普通の日本人からすると、あり得ない設定の物がかなり多くて、けっこう引きます。

特にドラッグ系は、信じられないほどオープンに描かれているので、これを見て「な~んだ、みんなやってんじゃん?」みたいに影響される人がいっぱいいるんだろうなあと思ってしまいます。

特に、レーティングの影響を全く受けずに垂れ流し状態ですからね。あるんでしょうけど、結果的には誰でも見れる状況だと思います。

今回の衝撃だったシーズン7の第1話なんて、個人的にはR20+位だと思いますけどね。

間違っても子供(高校生も含む)に見せちゃいかんと思います。というか、放送禁止のレベルじゃないかと思っています。

あんなの見てたら感覚がマヒして、人殺しとかなんとも思わないような人が出てくるんじゃないかと、本当に心配になります。

ということで、結論としては

「もうウォーキング・デッド、見なくていいんじゃない?」(笑)

ってことで。

やっぱり、わざわざ時間を取ってみる娯楽作品は、ワクワクしたり、笑ったり、ドキドキしたり、ほっこりしたり、っていうのが良いなあ。

あ、少し前にFOXでやってた「ルシファー」って結構面白かった。

個人的なおススメです。

Yuriでした。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい