ロジャー・フェデラー優勝! ウィンブルドン2017

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

ウィンブルドン最終日

男子決勝は・・・

ロジャー・フェデラーが優勝しました!✨

Embed from Getty Images

おめでとう~!!!✨(嬉し泣き)

フェデラーファンになって、10年以上。

何度も彼が優勝するシーンは見てきましたが、

今日ほどフェデラーの優勝が嬉しかったことはありません。

今日はひたすら、フェデラーについて語りたいと思います。

*これよりフェデラー愛炸裂にて閲覧注意(笑)

ロジャー・フェデラーという選手

彼の記録はもとより、どこを切り取っても素晴らしいプレー。

頂点に立つものとしての素晴らしい人柄。

アスリートとしてのあくなき勝利への執念。

テニスという競技そのものを愛してやまない純粋な少年のような心。

結婚して夫となり、2組の双子のパパになっても、

何一つ変わることのない、テニスへの愛情とリスペクト。

にもかかわらず、

「ミルカがもういやだって言ったら、迷わず引退するよ。」

と言い切る、絶対的な妻に対する信頼と家族に対する愛情!

その全てが大好きです!

Embed from Getty Images

↑フェデラー母、ミルカ夫人、双子の娘二人と息子二人。何て素敵♥

そんなフェデラーが、

どうしても獲りたかったウィンブルドンの8個目のトロフィー

去年のウィンブルドン、ラオニッチとの試合で膝を痛め、準決勝で敗退し、

その後の全ての大会をキャンセルした時点で、

「来年(今年)のウィンブルドンは絶対に優勝する!」

と決めたんじゃないかと、私は勝手に思っています。

この下の写真を見ても、本当は辛い思いを胸に、

でも強い気持ちで戦ったんだということが想像できますね。

その瞬間の自分のツイート

↓上の写真の家族を見て微笑んだ後のフェデラー。泣いています。

Embed from Getty Images

表にはほとんど出しませんが、ロジャーファンなら誰でも知っている

彼の「究極な負けず嫌い」の一面を考えれば、

それが一番納得できます。

でももしかしたら今年の全豪で、一番のライバルで、なおかつ苦手な相手だったラファエル・ナダルに勝って優勝した時、

本人も自分が考えていたより、はるかに自分のレベルが上がったことに驚いたのかもしれませんね。

「こんなことは全く期待していなかった。」

とフェデラーは全豪優勝の時に話していました。

その後のマスターズも2連勝し、ちょっと休んで戻ってきたウィンブルドンでは、

「全試合ほぼ2時間以内のストレート勝ち」での圧倒的な力を見せつけての優勝。

もう何も言うことはありません。

ただただ感動し、いまだに余韻から抜け出せていません(笑)。

フェデラーはこれまで、数々の記録を塗り替え続けてきていますが、

ここ数年は、何度もグランドスラムの決勝の舞台に辿り着くも、

少し前ではナダルの壁、最近はジョコビッチの壁に跳ね返されて、

本人もファンも悔しい気持ちを味わってきました。

特に、2015年のウィンブルドンと全米オープンの決勝で、ジョコビッチに負けた時は、

「こんなにフェデラーは素晴らしいプレーをしてるのに、ジョコに勝てないのか・・・。」

と、絶望的に気持ちにすらなりました。

ところが、そのジョコビッチは、怪我とキャリアグランドスラムを獲得したことによるバーンアウト(燃え尽き症候群)により、NO.1の座からあっけなく転落し、

また、その間にNO.1になり替わったマレーも怪我であえなく早期敗退を繰り返します。。

そして、復活してきたフェデラーとナダルがタイトルを総なめにする。

まさかそんなことが起こるとは、期待はしていても、想像はできませんでした。

周囲からは何度も「フェデラーはもう終わった。」と言われながら、それでもその姿勢を変えることなく、フェデラーは戦い続けてきました。

周りが何を言おうと、自分を信じ続けて努力し続け、

休養中の去年の夏には、

ライバルでもあるナダルがオープンした「ナダルアカデミー」に激励に行き、

その裏での辛いリハビリや練習は表には見せず、

更なる進化を遂げて帰ってきた”王者ロジャー・フェデラー”に脱帽です。

このことは、全仏を含むクレーコートシーズンのほとんどで、優勝をかっさらったナダルにも言えることだと思います。

ロジャー・フェデラーとラファエル・ナダル!

やっぱり、この二人は凄い!!!

スポンサーリンク

フェデラーは来月36才!

そんなフェデラーは、来月には36才の誕生日を迎えます。

36才ですよ!?

36才で、あのプレーですよ?

意味わかりませんね。

↓これとか

Embed from Getty Images

これとか、

Embed from Getty Images

これも、

Embed from Getty Images

これ、み~んな、来月36才になる男のプレーです(笑)。

すごいです。美しいです。でもって強いです!

ですが、この年齢でも、不可能ではないんだということは示してくれたと思います。

とはいえ、それでもベルディヒのインタビューにあったように、

(インタビュー内容はこちらに書いています)

ウィンブルドン2017 男子準決勝レビュー(インタビュー内容つき)
Yuriです。 超寝不足ですw。 昨日は女子の決勝が行われ、 元芝の女王ビーナス・ウィ...

フェデラーは別次元で、みんなが同じことをできるわけではないというのも事実だと思います。

何書いてるのかだんだんわからなくなってきたw。

言いたいことは

フェデラーはやっぱりすごかった!

彼の試合をもっともっとこの先も見たい!

ということです。

まだ興奮から覚めていないのでw、

このあたりにしたいと思います。

まずは、


ということで、一旦ここまでにします。

私のフェデラー絶賛ストーリーwにお付き合いいただき、ありがとうございました。

チリッチも頑張ったよね。

足が痛くて、最高の舞台で最高の試合ができないもどかしさは、

本当に悔しくて悲しかったと思います。

お疲れ様。

また錦織と一緒に頑張って欲しいです。

錦織もカムバ~ック!

Yuriでした。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい

コメント

  1. kari89 より:

    フェデラー優勝おめでとうございます㊗️

    物産展ハシゴしたり、ニャンを病院へ連れてったり なんやかやで疲れてたのかテニスの試合を見だして…次気がついたらフェデラーが跳び上がって喜んでいるとこでした(汗)

    チリッチは脚を痛めてたのかな?

    フェデラーの双子の男の子たちが子熊みたいでとても可愛かったです

    フェデラー泣いてたね、ちょっとグッと来ました

    応援してる選手が優勝すると暫く幸せな気分が続きますね

    うちの息子はナダルの大ファンで全仏の後ずっと心から安心した、よかったと繰り返してました

    yuriさんも同じかな❓

    さて、ニャンに薬飲ませないと…
    気合い入れます

    • yuri より:

      本当に嬉しいです。ファンで良かった~という瞬間でしたね。

      ニャンは大丈夫ですか?
      うちのシャムにゃんもこの2週間体調崩して、食物アレルギーが疑われるので
      現在ステロイドを増量して治療中です(泣)。
      でもかなり元気になってきました。
      私もにゃんに薬を飲ませないと。

      しばらくはロジャー優勝のふわふわに浸りながら、
      猫情報やその他の記事を書こうと思います。

  2. 下団 より:

    フェデラー選手、素晴らしいですね~(੭ु´・ω・`)੭ु
    攻め込まれた凌ぎのショットが深いは、難しいショットを軽々とコントロールするはで、「テニスは簡単なスポーツだ!!」と勘違いする方々もいらっしゃるのではないかと心配になってしまいます(◎_◎;)
    全米OPでは、錦織選手が復活する姿を見たいですね~(`・ω・´)ゞ

    • yuri より:

      フェデラー素晴らしかったですよね~♡
      超難しいことを超簡単にやってるように見せる天才です。
      これで、35才!
      いやいや、他の選手のフェデラーに対する負けっぷりを見れば、
      どんだけすごいことをやっているのかはきっとわかりますよ~。
      ベルディヒのインタビュー聞くとなおさらですよね。

      次は錦織の番!
      北米シリーズまでにかれも復活してくれないと!ですね。