上海マスターズ大会2017 優勝はロジャー・フェデラー

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriです。

さっき昨日の準決勝のレビュー記事を書いたばかりなのにw、

*ナダルの準決勝後のインタビュー内容載せてます。

上海マスターズ大会2017 準決勝レビューとプチ決勝プレビュー 
上海マスターズ大会も残るはあと1試合、 今年の決勝カードが決まりました。 今年すでに対決が4度目となる、 ...

もう決勝が終わってしまいました。

今年の上海マスターズ大会の優勝者は、

ロジャー・フェデラー✨

でした!
Embed from Getty Images

スコアは、フェデラーから見て6-4,6-3のストレート

フェデラーの圧勝でした。

これで、今年フェデラーはナダルに全勝していることになります。

フェデラー VS ナダルの決勝

ナダルは膝下にテーピングをして入場してきました。

さすがにこの1カ月、勝ち続けた来た代償がここにきて出たのかもしれませんね。

昨日までの凄みのあるナダルではありませんでした。

ショットは相変わらずえぐいですが、やはりフットワークがいつものナダルではない気がしました。

一方フェデラーは、今大会ずっと獲物を狙うような鋭い眼光で試合を続けていましたが、決勝でも変わらず、どんどんナダルを振っていきます。

とにかく、元々とてつもなく速いテニスをするフェデラーですが、本当に速い!

まるで卓球のような速さで返ってくるショットにナダルは反応できません。

フェデラーエキスプレスとは、まさにこのこと!

今年の全豪のベルディヒ戦を思い出しました。あの時のベルディヒのように、ナダルがあきれ顔でショットの行方を見つめてました。

更にサービスゲームではエースをポンポン放り込み、1ゲームに1分かからないゲームも!

そして1ブレイクすると、あっという間にサービスキープで第1セットを取ります。

第2セットも第1セットと同じような展開で、進んでいきました。

フェデラーはサーブが安定してるときは、本当に強いです。

あっという間にサービスをキープして、リターンゲームでもガンガン攻めてきます。

これは、本当に相手は大変です。

戦前にナダルが話したように、このサーフェスの速さは

フェデラーにとっては水を得た魚になり、ナダルは防戦一方になりました。

結局早い段階でフェデラーがまたもや先にブレイク。

そのままストレートでナダルを破り、優勝しました。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

↑この二人がにこやかに並んでいるのを見るのは嬉しい。

ナダルとフェデラーの関係は、明らかにレーバーカップから変わったように思います。

以前はフェデラーがナダルに片思い(笑)のような状態に見えましたが、レーバーカップでの二人のダブルスや、チーム意識がナダルの気持ちまで変化させたように思いました。

妄想かもしれませんが・・・(笑)

でも本当に素晴らしい現役レジェンド二人です!

スポンサーリンク

試合後のインタビュー

試合後のナダルのインタビューがATP公式サイトにありました。

“It was a very difficult match for me,” said Nadal. “He played very fast and he played well. I don’t know how many unforced errors he made. I could have done some things better, but that’s it. He just played too good. That’s my point of view. So congrats to him.

自分にとっては非常に難しい試合だった。ロジャーは凄く速くて、プレー自体も良かった。彼がどのくらいアンフォーストエラーをしたかわからないよ。もう少し何かできたかもしれない。でもできなかった。彼のプレーが良すぎたよ。それが僕の見解だ。だから、彼におめでとうと言うよ。

“I played a fantastic tournament, having very good wins. Very pleased the way I played the whole Asian tour for me. Beijing and Shanghai have been a very positive two weeks for me. A lot of points, a lot of victories against great opponents. I come back with very good personal satisfaction the way that I played.”

自分は素晴らしいプレーができたと思う。沢山の良い勝利を得た。アジアツアー全体を通して良いプレーが出来たことは嬉しい。北京と上海はとてもポジティブな2週間だった。素晴らしい選手たちを相手に沢山ポイントも勝利も手に入れた。自分では自分のプレーにとても満足しているよ。

ーATP公式サイトより抜粋

フェデラーのインタビューも上がってました。

こちらはかなり長いので、抜粋して日本語訳だけ載せます。

「試合の前には全く緊張しなかった。これが良かったね。自分がどんなプレーをしたいのか、とてもクリアだった。そして試合が始まってとてもいいスタートが切れた。リラックスしていたよ。」

「0/40になった時でさえ、そうだった。今週ずっといいプレーが出来ていてしっかりとしたゲームプランができていたから。この大会の最初のシュワルツマンとの試合から、自分のリターンが良かった。それが自分を落ちつかせてくれたんだと思う。サーブはさらに良くなった。最後の2試合、デルポトロ戦とこの試合が一番良かったと思う。」

「ある意味、驚いてはいない。なぜなら今週ずっと良い感じだったし、早めにこの大会に入ったことも功を奏したね。これは毎回はできることではないけど、先週の木曜の夜遅くからここ上海に入って、5~6日間、水曜日の試合のための準備ができた。だから準備は万端だった。」

ーATP公式サイトより一部抜粋

確かに、この大会のフェデラーのリターンは凄かったので、あれで、サーブが手が付けられなかったらそりゃあお手上げでしょうね。

これで、アジアスイングは終わり、次はヨーロッパインドアシーズンに入ります。

次はフェデラーは地元スイスのバーゼルの大会に出ます。

ナダルやデルポトロ、ディフェンディングチャンピオンのチリッチも参戦するでしょうから、また激しいTOP争いが見られそうです。

ただ、ナダルは今回膝下にテーピングしていたこともあり、今後のスケジュールはまだ不明なようです。

手首の打撲をしたデルポトロもどうするかわかりませんね。

またすごい試合が見られることを楽しみにしたいと思います。

ファイナルズも次々とメンツが決まりつつあるので、目が離せません。

今年は今まで手が届かなかった選手が入ってくるチャンスがあります。

なんせ、ジョコビッチとマレーとバブリンカと錦織という、去年参戦した選手がいませんからね。(泣)

でも、きっとまた違う面白さがあると思います。

フェデラーは虎視眈々と優勝を狙っているようですよ!

こちらも楽しみです!

Yuriでした。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい

コメント

  1. バスケ好き より:

    こんばんわ。
    先週は近場でITF女子の大会があったので少し長い昼休みで観戦して、夜は録画とテニス三昧でした、いや~本当に凄い試合の連続でしたね。(私はフェデラーVSデルポトロがしびれました)
    ファイナルズは去年出場の6選手が怪我で大混戦ですね。
    私はアンダーソン選手にでてほしい。

    • yuri より:

      こんばんは。
      ファイナルズはフェデラーとナダルとティームとチリッチ以外の4人は初出場になりそうですかね~。
      ズベレフ、ディミトロフ、あたりまでは確定かな?
      残るはゴファン、パブロ、クエリー、ケビンの中から後2人?
      それともキリオス、ベルディヒ、デルポトロ!あたりが捲るのか?
      凄く楽しみです!