錦織圭はワシントン大会からスタート!2017北米シリーズ展望

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriです。

ウィンブルドンが終わって2週間が過ぎました。

短いながら休養が取れた選手もいれば、現在行われている大会に出場している選手もいます。

錦織圭は、ウィンブルドンの後は日本で少しのんびりしたようですが、

来週から始まるATP500大会のワシントン大会に出場します。

その後は、カナダ大会、シンシナティ大会とマスターズ大会が続き、

最後に北米シリーズ最後の全米オープンが控えています。

ジョコビッチが肘の怪我で今季終了

去年はフェデラーとナダルが怪我のため長期休養を取りましたが、

今度はジョコビッチです。

ジョコビッチは怪我のため、今シーズンの残りの試合はすべてキャンセルし、

これで今季は終了となりました。

今後は怪我の治療とリハビリと、家族と過ごす時間を取るようです。

Embed from Getty Images

以下はジョコビッチのfacebookの内容から一部ご紹介

“My elbow is hurt due to excessive playing, and it troubles me constantly when serving, and now when hitting my forehand as well. Unfortunately, such injuries are often encountered in a professional sport, and I am very proud of the fact that I have been free from serious injuries during all these years.

過度のプレーにより、僕は肘に痛みを抱えている。サーブの時には常にその痛みに煩わされていたが、今ではフォアを打つ時も痛くなってきた。残念ながら、このような怪我はプロスポーツにおいてはよく見られるもので、何年もの間、このような怪我をすることなくいられたことを自分で誇りに思う。

“Another important moment is coming, we will become parents for a second time. My wife, Jelena, and I are expecting our second child, and we are preparing to welcome a new family member. These are things that fill me with greatest happiness and delight. I’m confident I will be ready for start of the new season.”

もう一つ、エレナと僕には二人目の子供が生まれてくるので、新しい家族を迎える準備をしているところだ。これらの事は僕に大きな幸せをもたらしてくれるだろう。僕は来シーズンのスタートの準備が整うことに自信を持っている。

ージョコビッチのfacebookより抜粋

確かに今まで大きな怪我もなく、キャリアグランドスラムを達成するまで、ず~っと走り続けてきたので、この決断はやむなしだと思いますね。

ちゃんと治して、また強いジョコビッチに戻ってきてもらいたいです。

(それもちょっと怖いんだけどw)

去年、ジョコビッチにMSの決勝や準決勝で何度もはね返されて、

結局MSのタイトルを取れなかった錦織ですが、

残りのシーズン、ジョコビッチ不在の間に何とか頑張って欲しい。

チャンスを生かすのも実力のうちだからね!

スポンサーリンク

去年のこの時期の錦織

去年のこの時期、錦織は、マスターズのカナダ大会で決勝に進出しましたが、

ジョコビッチに敗れて準優勝でした。

その後出場したリオオリンピックでは、

モンフィスとフルセットの死闘を繰り広げた後、マレーに負けはしましたが、

ナダルを破って銅メダルを獲得しました。

Embed from Getty Images

オリンピックの疲れが残ったまま出場したマスターズのシンシナティ大会では、

錦織は、最近話題のバーナード・トミック相手に2回戦で敗退。

ナダルも明らかに疲労で状態が悪く、チョリッチに敗退しました。

そんな中、オリンピックでデルポトロと戦い、金メダルを取ったマレーは、

錦織同様ヘロヘロだったにも関わらず、決勝に辿り着きましたが、力尽きてチリッチに敗れました。

その後の全米オープンは、皆さんの記憶にまだ残っていると思いますが、

準々決勝でのマレー戦が素晴らしかったです。

これぞ錦織!という最後まであきらめない闘志と粘りが、マレーを上回った良い試合だったと思います。

残念ながら、準決勝ではその試合の疲労が取り切れず、良い形で第1セットを取ったにもかかわらず、ズルズルとパーフォーマンズが落ちていき、バブリンカにやられてしまいました。

でも、全体として良い試合をしてたと思います。

Embed from Getty Images

錦織は何となくいつも全米で輝いてますよね。

これはやっぱり、本人の「全米が好き」っていう気持ちも関係するのかな~と思って見てました。

今年も頑張ってくれると良いな~。


スポンサーリンク

今シーズンの北米シリーズの展望

ということで、今年の北米シリーズの展望です。

まずは、ジョコビッチがいないこと!

これは、テニスファンとしては残念ではありますが、

ハードコートで無双を誇ったジョコビッチが不在の今、

錦織ファンとしては、大いにチャンスがあると思うので、

ぜひとも全ての力を出し切って、大きなタイトルを取りに行って欲しいと思います。

ワシントン大会(ATP500 )

そんな錦織は来週から始まる、ワシントン大会に出場します。

錦織はこの大会の2015年の優勝者(対イズナー)です。

相性は良い大会だと思うので、頑張って欲しいです。

↓どんな身長の差だよっていう写真ですね(笑)。でも優勝したのは錦織です。

Embed from Getty Images

が、しかし!

今年のワシントン大会は例年とかなり勝手が違います。

なぜか知りませんが(たぶんウィンブルドンでみんな早期敗退したから?)

たくさんの上位選手が参戦を表明しています。

以下注目選手

  • ミロス・ラオニッチ(2014優勝者)
  • フアン・マルティン・デルポトロ(3度優勝)
  • 錦織圭(2015優勝者)
  • ドミニク・ティーム
  • グリゴール・ディミトロフ
  • サーシャ・ズベレフ
  • ミーシャ・ズベレフ
  • ジョン・イズナー
  • ニック・キリオス(怪我で離脱? 出るみたいです)
  • バーナード・トミック
  • ガエル・モンフィス(前回優勝者)
  • ケビン・アンダーソン

ちょっ!ここはATP500大会ですよ?

優勝経験者が4人も!?

TOP10選手が3人?4人?

上記の誰が優勝してもおかしくないですよ!

それ以外にも、ジャック・ソックやスティーブ・ジョンソンとか、

ハードコートが大好きな選手がいっぱいいます。

添田豪もいますね。頑張って欲しいです。

すごい大会になりそうです。

個人的にはですが(ここ強調しておきます!w)

錦織には、続くマスターズ2大会と全米で結果を出して欲しいので、

無理し過ぎないで欲しいな~と思います。

でも、行けるなら優勝しちゃっても良いんだけどね。

*プレビュー記事はこちらです。

錦織圭の初戦の相手はドナルド・ヤング ー ワシントン大会(CitiOpen)ー
Yuriです。 ワシントン大会(CitiOpen)が始まりました。 待ちに待った、北米ハードコートシーズン到...

MSカナダ大会

カナダ大会は、錦織は去年準優勝しているので、ポイントを大きく失います。

そのため、この大会でぜひ優勝を狙って欲しいと思います。

ライバルになるのは、

  • ロジャー・フェデラー
  • ラファエル・ナダル
  • スタン・バブリンカ
  • ミロス・ラオニッチ
  • フアン・マルティン・デルポトロ(元気なら)

このへんでしょうか?

マレーは怪我からまだ回復していないのではないかと思うので、除外します。

MSシンシナティ大会

すみません。

ロジャー・フェデラー、一押しです。

とにかく、フェデラーはこの大会にめちゃくちゃ強いです。

過去、7回の優勝を誇ります。

Embed from Getty Images

ジョコビッチがマスターズ大会のタイトルで唯一取れていないのが、

ここシンシナティです。

それもひとえに、この大会でのフェデラーが強すぎるからだと思っています。

ということで、フェデラーが体調が万全なら、フェデラーが優勝すると思います。

ということは・・・あれ?

錦織はカナダ大会か、全米で優勝しないとね~w。

是非、全米で優勝してもらいたいと思います。

来週からのハードコートシーズン、楽しみです!

Yuriでした。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい