全仏オープンテニス2017 準決勝① アンディ・マレーVSスタン・バブリンカ

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

2017年全仏 男子準決勝 第1試合

アンディ・マレーVSスタン・バブリンカの試合は

セットカウント3-2 6-7(8), 6-3, 5-7, 7-6(3), 6-1のスコアで、

バブリンカがマレーを破って決勝進出しました!

いや~すごいの見た!!

なんでこんなに強いの?

それもグランドスラムだけ。

このコスパの良さは錦織にも取り入れてほしいです。

グランドスラムで真価を発揮するバブリンカ

とにかく、あのマレーを、攻撃に次ぐ攻撃で疲れさせたバブリンカがマジで強すぎる!

フルセットマッチの最終セットになっても、衰えるどころかショットの精度とパワーが上がっていくスタンの底力を見せつけられました。

これに、一昨年のジョコビッチはやられたんだよな~。

マレーも凄かったですよ。

錦織戦の時より安定していて、とにかく守りが固く、ロングラリーがどれだけあったか!

それをことごとく、押し切ってウィナーを打ち込んでいくスタンのパワーと闘争心!

錦織にも、この外向きの闘争心と身体表現を身につけてもらいたいと思いました。

以前、スタン本人が、

「どんなに疲れていても、自分は試合中はそれを相手に感じさせないように見せる。走ってコートに戻ったりしてね。相手の心理を利用するんだ」

と話していましたが(それ言っちゃったらばれちゃうじゃん?w)

本当にその通り、疲れを相手に見せることなく、

走り、拾い、ウィナーを打ち込んで、ほえる!

最後は、あのマレーが疲れてしまいました。

やっぱり強いわ、バブリンカ。

それもグランドスラムになると、いつも別人になるのはなぜ??

だって、直前の錦織も出ていたジュネーブの大会で優勝してきてるんですよ?

ありえないでしょ?その体力。

マレーにしても、錦織戦よりはるかに集中して、高いレベルで戦っていたように思います。

2週間の戦いの中で、準決勝のここまできて、なお、レベルを上げられるその強さと体力に脱帽です。本当にすごいレベルで戦っていることがわかりますね。常人のレベルではありません。

強いて言うなら、

  • TOP20の選手はたまにサイヤ人になれる。
  • TOP10の選手はいつもサイヤ人の状態。
  • 錦織はたまに超サイヤ人(スーパーサイヤ人)になれる。
  • スタンはグランドスラムだけ超サイヤ人(スーパーサイヤ人)になる。
  • BIG4はいつも超サイヤ人(スーパーサイヤ人)の状態。たまに超サイヤ人2になる。

わかっていただけたでしょうか(笑)。

ドラゴンボールを知っている人ならわかりますよね?

いや~テニスって本当におもしろい!

ナダルVSティームは、現在ナダルが2セットアップで第3セット2-0リードです。

ナダルがストレートで勝利!

決勝は ナダルVSバブリンカ!!

楽しみです~。

明日仕事なんですけど、私。寝ないとw!

Yuriでした。

前記事はこちら

次の記事はこちら

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい