ATPファイナルズ2017 残る準決勝の席は一つ。ティーム?ゴファン?

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

こんにちは、Yuriです。

ATPファイナルズも残る準決勝の席は一つです。

ここまでの経過を見ていきたいと思います。

ATPファイナルズ2017 ラウンドロビン

既に3人の準決勝進出が決定しています。

グループ ボリス・ベッカー

  • ロジャー・フェデラー
  • アレクサンダー・ズベレフ
  • マリン・チリッチ
  • ジャック・ソック

この4人での総当たり戦でした。

フェデラーは3戦3勝の全勝で準決勝進出です。

反対に上がってくるかと私が予想したチリッチは、まさかの全敗で敗退しました。

ズベレフはチリッチに勝ち、フェデラーにフルセットで競りながらも負けた後、ソックに敗退しロンドンを去りました。

最後にファイナルズに滑り込んだソックは、チリッチとズベレフに勝ったことで2勝1敗となり、準決勝進出です。

ということで、

フェデラーとソックが準決勝に進出しました。

フェデラーは当然上がってくると予想していましたが、ソックが残るとは思いませんでした。ごめんねジャック。

↓この手首のしなりが凄い!余計な力も入っていなさそう。

Embed from Getty Images

↓めっちゃ嬉しそうですね。当たり前かw。

Embed from Getty Images

それにしても、チリッチの好不調の波の大きさは解せません。

もちろん対戦相手やサーフェスとの相性もあると思います。

でも、2014年の全米優勝(スーパーチリッチが最後まで解けなかった)や、2016年のリオ五輪の直後で五輪メダリストの上位選手(錦織、マレー)が軒並みヘロヘロだったシンシナティマスターズなど、

大舞台での活躍やラッキーをつかむ運は持ってるんですが、コロッとランキング下位の選手に負けることもしばしばあります。

ちょっとバブリンカの匂いがします。(笑)

サーシャ・ズベレフはやはりまだ若いな、っていう感じでしょうか?

彼の才能に疑問の余地はありませんが、私は個人的には今年の異常事態が彼をここまで(最終ランキングNO.3)引き上げた大きな要因の一つだと思っていて、実質のランキングはもう少し下だと思っています。

一番の原因は前半のジョコビッチの不調と、後半のTOP選手不在だと思います。

特にローマ大会の決勝では、ジョコビッチが全くらしくないプレーでタイトルを献上したことにより、初マスターズタイトルを取ったことで、ポイントも自信も大きく積み上げられたと思います。

ローマ大会の優勝者は、ズベレフ(弟)!!
快挙達成です!! ローマ大会の決勝は、 弱冠20才のドイツのアレクサンダー・ズベレフ(通称サ...

その後はハレの大会で決勝に進みますが、フェデラーに完敗。

優勝は芝の王者、ロジャー・フェデラー -ハレ大会決勝 -
Yuriです。 凄かったです!! ロジャー・フェデラーが優勝しました! もう、...

北米シリーズではワシントンで錦織とアンダーソンを破って優勝、続くモントリオールではウィンブルドンを優勝し、のんびりしてしまって身体をフィットできずに背中を痛めた(に違いない)フェデラーが相手の決勝で優勝。

サーシャ・ズベレフがマスターズ2勝目! モントリオール2017決勝 錦織はシンシナティ棄権
Yuriです。 波乱含みの北米ハードシーズンとなった、 マスターズのモントリオール大会の優勝者は サー...

この後は、サーシャは全米~ファイナルズまでほとんど良いところなく敗退しています。

こうやって見ると、いかにマスターズ2勝の2000Pが大きいかわかりますね。

彼の真価は来年以降、ジョコビッチ、マレー、バブリンカ、錦織、ラオニッチがフルリカバリーで戻ってきた時に測れるのではないかと思います。

それにしても、怪我もないのに秋からの急激な失速はなぜなんでしょう?

ティームと同様、肉体的&精神的の疲労でしょうか?

グループ ピート・サンプラス

  • ラファエル・ナダル
  • ドミニク・ティーム
  • グリゴール・ディミトロフ
  • ダビド・ゴファン

こちらはほぼ予想通りの展開になりましたが、最後の一人はまだ決まっていません。

当初から危惧していましたが、初戦でゴファンにフルセットで敗れたナダルが、怪我のため棄権をしました。

想定の範囲内でしたが残念です。

代わりにオルタネイト(代役)でパブロ・カレーニョ・ブスタが参戦しました。

このグループで最初に準決勝進出を決めたのは、予想通りディミトロフでした。

このメンツの中では順当ではないでしょうか?

Embed from Getty Images

ナダルがいなくなったことで、残る一つの席を争うのは、

ティームとゴファンです。

この二人が勝った方が準決勝に進み、フェデラーと戦うことになります。

対戦成績は、ゴファンが6勝3敗で圧倒しています。

クレーコートでも勝っていますね。ちょっと意外でした。

今回は、ティームはサーフェスが合っていないように見える&調子もいまいちだし、ゴファンは怪我と疲労がたまっているということで、

この対戦はゴファンの状態次第で決まるのではないかと予想します。

スポンサーリンク

準決勝の予想

まだ最後の一人が決まっていませんが、予想してしまいます。w

フェデラーはゴファンかティームと当たります。

この二人のどちらが来ても圧倒的にフェデラーが優位です。フェデラー自身に何か問題が出ない限りは負けないと思います。

ということで、決勝はまずフェデラー。

もう一人が問題です。

こう言ったら失礼なんですが、とにかくジャック・ソックの勝ち上がりに驚いています。

準決勝では、好調のディミトロフと当たりますが、

この二人の対戦成績はなんとソックの3勝1敗リードです。

どっちが勝つんでしょう?

まさかまさかのソックが決勝に?

それともディミトロフ?

私はここまで勢いのあるソックが来そうな気がしています。

波乱続きの今シーズンの締めくくりですが、まだまだ目は離せそうにありません。

Yuriでした。

この記事に共感したらシェアして頂けると嬉しいです!

Yuriさんをフォローする

あわせて読みたい

コメント

  1. バスケ好き より:

    こんばんわ。
    私の予想もyuriさんと同じです。
    ですが、希望は違うんですよ。
    ゴファンとデミの決勝を希望してます。
    理由はそろそろ世代交代もいいのではないか、錦織選手は燃えない訳がない(体調万全で燃えてほしですけど)。
    フェデラーの活躍は本当にオールドファンとしては嬉しいのですが・・・
    ソックとティームだと年齢が一歳さがってしまうので、そこまでの寛容さは私にはないんですよね~。テニスが好きでその上で錦織選手が好きと言いながら、心が狭いんで・・・

    • yuri より:

      バスケ好きさんの希望がかないましたね!
      私はロジャーが負けて悲しかったですが、二人を称えたいです。